kennyG830.jpg

2018-04

今一番聴きたい盤 Dave Young / Terry Promane ‎– Octet Vol. 2  - 2018.04.03 Tue

stone500.jpg
( 日本の思い出2010年 photo by manmarukumi )

やっとカナダ東部にも春の訪れが感じられる今日この頃です。長いご無沙汰でしたが、皆様はお元気でお過ごしでしょうか。ばあ様はこの九か月ほど色々とありました。ブログも更新できる状態ではなく、やっと春の訪れと共に気分的にも、また何かを再起動するのは「今でしょ!」という気分になっています。

さて長い間、ジャズを聴く気分にもなれなかったばあ様なのですが(理由は後ほど)、今回ご紹介する盤、実はまだ聴いていないのです。これは今ばあ様が一番聴きたいと思っている盤という事なのです。Dave Young を筆頭に素晴らしいメンバーの顔ぶれ、以前ご紹介した "the dave young terry promane octet" の新譜なのです。実は数日前に車のラジオから流れていたのが彼らの新しい盤からの一曲でした。リッチなテナーの音色とベースの土器のような響き、ピアノの旋律がさざ波のように頭脳に入り込んできました、この一曲を聴いただけで、この盤を全部聴いてみたいと思わせてくれたのです。

調べてみるとピアニストが変わっています。私の好きな Dave Restivo ですね、いいじゃないですか。選曲も素敵だし、大好きな Detour Ahead (この曲の事を書いているので、お時間のある方は覗いてみてね)も入っています、もうこれは購入決定です。楽しみだな、次回ダウンタウンに行った時は、HMVのジャズ・セクションに直行ですね。

R-11176491-1520341727-2224.jpeg

Dave Young (3) / Terry Promane ‎– Octet Vol. 2
Label: Modica Music Ltd. ‎
Format: CD, Album, Sleeve
Country: Canada
Released: 08 Dec 2017

Alto Saxophone – Vern Dorge
Baritone Saxophone – Perry White
Bass – Dave Young (3)
Drums – Terry Clarke
Piano – Dave Restivo*
Tenor Saxophone – Mike Murley
Trombone – Terry Promane
Trumpet, Flugelhorn – Kevin Turcotte

1 Oh, What A Beautiful Morning
2 Duke Ellington's Sound Of Love
3 I Can't Give You Anything But Love...(Baby)
4 Detour Ahead
5 Bebop
6 You Must Believe In Spring
7 Can't You See
8 Moon And Sand
9 Jeanne
10 Hindsight


daveyoungterrypromaneoctet300-2013.png
Dave Young Terry Promane Octet "Night in Tunisia"

↑上の盤は4年ほど前にオクテットの Vol.1 をご紹介した時のリヴューです。
"the dave young terry promane octet" は、一曲目の" Manteca" の始まりからこのオクテットの素晴らしさが溢れ出ているではありませんか!バップ大好きのまん丸には久しぶりに満足の一枚です。この盤は今トロントで活躍しているホットなミュージシャンの集合で、所謂カナディアン・サウンドとでも言うのでしょうか。真にこれは現在のカナディアン・ジャズの新原点といってもよいくらいカナダらしさが満載された盤だと思えます。一人ひとりのサウンドを追っていくと実に素晴らしい奏者だという事が明確になっていくでしょう。大好きな Mike Murley のサウンド、男らしい Perry White のバリトン・サックス、根底を流れている Dave Young のベースの音色が、その存在感を感じさせます。それぞれのパフォーマンス(ライヴやコンサート)では時と場合でまったく違った顔を見せてくれるこのメンバーですが、このオクテットでの楽しさを十分に発揮した編成での演奏はまた格別なものです。

あまりの期待で、少し聴くのが怖い気もしますが、Vol.1 を上回る素晴らしい盤である事を願って!

さて、ここからは個人的なお話になります。
実は去年の夏に右目の手術をしたのですが、どういう分けか目の構造の関係で手術後に想定外の結果が。遠視が近視になってしまうという始末(えらいこっちゃ!)、8週間ほど目が落ち着くまでは眼鏡も矯正できず、もう頭の中がおかしくなりそうな日々を過ごしました。ドクターは、片目でも運転できるでしょって、そんな簡単に片目運転など慣れないですよね。

目の違いは眼鏡で矯正できるからノープロブレムと仰るではありませんか、でもそういう問題じゃないだろ!と言いたくなりましたが、遠視が近視になってしまったのはもう仕方がありません。メインの問題は解決できたのですが、今一以前のようにクリアーに見えません。矯正された眼鏡でなんとか凌いでいても、何故か霧がかかったような、これは大変だ以前のようなスーパー・クリアーな視力が失われています。かかりつけの眼科のドクターに行くと、やはり術後によく起こるコンプリケーションだと仰るではありませんか。

今度はそれを改善する為にレザー手術をせねばならないと、これはとても簡単でほとんどの患者はこれでクリアーなヴィジョンが戻ると言われるので、12月にまたレザー手術という状態でした。

この間、大好きな読書もできない、とにかく目が鬱陶しい、長くスクリーンを見ていると疲れる、大好きなジャズも聴く気になれない、人にも会いたくなくなる。しかし仕事はせねばならなかったので、かえってそれが良かったのかも知れません。あれから八カ月ほどになりますが、ようやく目が落ち着き始めた感じがします。しかし術後に矯正した眼鏡はもう合っていないような違和感があります。

あるジャズ友さんが白内障の手術をされた後、やはりレンズがぴたっりと自分のモノになるまで長い時間がかかったと仰っておられたので、私も焦ってはいけないと言い聞かせています。ばあ様の場合は白内障ではないのですが、左目はまだ余裕があるので、モニタリングするという事になりました。まあ歳を重ねると色々とあるものですね。見えるだけで儲けものと思わねばならない年齢に近くなってきたという事なのかしら・・・いやいやまだそんな年齢ではないはずなのですけど。

そしてその間に、いつも使っているウイルス対策ソフトが期限切れ、ソフトは70ドルほどなのだけど、子丸がフリーのウイルス対策ソフトを入れてくれるというので任せたら、なんかおかしい、なんとダウンロードしたそのソフトが実はウイルスだったという始末!あちゃWindowsがまったく開かない状態に、仕方がないのでいつもの修理屋さんへ、あれも変えた方が良いですね、これもアップデートしましょう、なんと結果は300ドル以上も掛かってしまいました。本当によく言ったものですね「ただより高いものはない」と。
おまけにアップデートしたソフトたちが、今までのと違って使いにくい事、特に写真の処理など、今までは簡単にクロップ出来たり、ピクセルでサイズ直しできたり、古いシステムに慣れていたばあ様でしたから、新しいフォト処理が難しくて仕方がない。そういう分けでブログに使いたい写真もままならない状態です・・・溜息 しかしアップデートしたお陰でスピードが少し速くなったので満足です。でも何時になったらお気に入りの写真を載せる事ができるのかしら、もう焦るのは止めたのでゆっくりと新しいソフトたちにまず挑戦する事にいたしましょう。


少し落ち込んでいた時に、こんなものを観ていました。雑誌や本で読んだ内容がドキュメンタリー仕立てになっている映画なども、映像だからまた楽しく鑑賞できました。最後の二本は日本のアニメです。ずっと観たいと思っていたもの、なかなか良かったです。

Nat King Cole: Afraid of the Dark (2014)
Chasing Trane (2016)
I Called Him MORGAN (2016)
What Happened, Miss Simone? (2015)
Jimi Hendrix VooDoo Child (2010)
How the Beatles Changed the World (2017)
Sinatra: To Be Frank (2015)
Janis: Little Girl Blue (2015)
Amy (2015)
Miss Hokusai (2015)
In the Corner of the World (2016)


追伸
take10n さん、コメントお返事できないままで失礼しました、ちょうど専門医に行ったり来たりしていた時期で、精神的に落ち着きのない時でした。本当にごめんなさい。

HOBOさん、ご無事で本当に良かったです。体調の悪い事なども何度か記載されておられたので、とても心配しておりました。でもご無事でお元気そうでなによりです、足跡を発見した時とても嬉しかったです。 Welcome back!です。

Guido Basso, Russ Little, Steve Wallace and Reg Schwager at Ichiriki 9/10/2016 - 2017.05.21 Sun

4group2-500-2016.jpg
( Guido Basso, Russ Little, Steve Wallace and Reg Schwager 2017 at Ichiriki )

今日はかなり古いライヴのお話になります、しかもこのトピックを書き始めたのが、最新トピック以前の三月の初めでした。だから内容も少し変。しかし直すのも面倒なのでそのまま掲載する事にしました。どうぞご了承下さいませ。

・     ・     ・     ・     ・     ・     ・     ・

日本では桜が満開のようですね。こちらはまだ少し寒さも残っており、未だに冬のジャケットを着こんでいます。日中はお日様も気持ちのよいほど照っているのですが、夜になると温度は急降下します。温度差が10度位は普通なので気になりませんが、着るモノが決まらないというか面倒な具合ですね。

さてあまりにも長い間ブログに手をつけていなかったので、いつもの調子が出てきません、何から書きはじめてよいのやら。仕事や介護や税金申告やら色々な事がのしかかってくる今日この頃です。そういう事は全て頭の端っこに追いやって、とにかく始めましょう。

今日はかなり古いライヴのお話しになりますが、これは一応ばあ様の記録なので記しておくことに致します。さて去年最後のライヴは一力レストランでのジャズ・ディナーでした。久しぶりにお会いしたジャズ仲間の皆様との楽しい団欒はもちろんの事、今回は5年ほど前になる一力の10周年記念で、特別なアーティストにお越しいただいたおりの豪華メンバーでの再編成ライヴだったのです。前回は不都合にも他のコンサートと重なり、私はこの一力でのライヴを15分ほどしか聴く事ができずに他のコンサートに行く事に。そんな分けで大好きな Guido Basso さんを聴ける機会が、また巡りまわってきた事がとても嬉しいでした。しかも同メンバーというのも文句なしですね。

guido1-9-2016.jpg
( Guido Basso 2017 photos by manmarukumi )

Guido Basso は Flugelhornist、trumpeter, composer, conductor, harmonica player, 50年もの長いカナダのジャズの歴史を背負った Montreal 生まれの凄いミュージシャンなのです。1994年にはカナダの Order of Canada (日本の文化勲章のようなもの)を授章しています。1937年生まれというから今年80歳になられますが、その演奏には衰えをみせません。彼の経歴は50年代の中期には Louis Bellson 率いる Orchestra でその奥さんである Pearl Bailey とツアーを共にしていたのですから、その才能は早くから開花していたのでしょう。1960年代から スタジオ・ミュージシャンとしてトロント に拠点を置いて活躍していました。またテレビなどでも活躍しており "Night cap" という TV Series にも出演していました。

存在感大の彼はカナダの音楽界では大御所なんですね。その彼との始めての出会 Rob McConnell の Boss Brass メンバーとしてでした。暖かくてひたすたにロマンティックなサウンドというのが一番の印象でした。ビッグ・バンドの楽しさを教えてくれた Rob McConell の Boss Brass や Tentet の手持ちの7枚の盤には Guido Basso の名前が連なっています。

近年では、ヴォーカルの Emilie-Claire Barlow とか Laila Biali とか思わぬ盤で名前を発見します。若いアーティストのサポートに回っているようです。30枚以上はクレディットに名前を見つける事ができるでしょうが、ご自身の名前盤は少なく残念でなりません。その中の " A Lazy Afternoon" これは Hammond B3 organ 奏者の Doug Riley とのデュオです。まったりとした Lazy な午後にピッタリの盤、タイトルそのものです。Guido の優しさとリリカルな演奏を堪能できる一枚でしょう。もう一枚は " Lost in the Stars " この盤は2004年に Traditional Jazz カテゴリーで Juno Award を受賞しています。

まずここで私の大好きな One Take という盤に収められている "My Romance" をお聴きください。
この企画はワン・テイクで録音したものをCDにしてしまうというもので、その時のアーティストの状態が丸ごと録音されたままを観客に提供するというものでした。何枚かシリーズで出ているのですが、今はもう続いているのかどうか?

My Romance by Guido Basso ← One Take のセッションから
you-tube by rbseguin
Joey DeFrancesco (Organ), Guido Basso (Flugelhorn), Vito Rezza (Drums), Lorne Lofsky (Guitar).

ALMA Records
Producer: Peter Cardinali
Recorded and mixed by Denis Tougas at
Phase One Studios, Toronto, Ontario.


russ1-9-2016.jpg
( Russ Little 2017 at Ichiriki )

さて次にご紹介する Russ Little (Russell Scott Mario) は、JAZZ FM でもお馴染みのパーソナリティーです。Trombonist, Composer, Arranger, Conductor 1941年トロント生まれです。今年76歳とはいうものの、まったくお歳には見えないです、その活力がお顔からあふれ出ていると言うか、ラジオから聞こえてくる声よりも存在感が重圧でした。トロント大学では指揮と作曲を学び、ホテルのオーケストラや R & B バンドを経て、その後の経歴には 1967,1968年に Woody Herman の Big Band そして1968年にベルギーで Slide Hampton のグループでも演奏しておられます。

そしてなんとなんと1969-70年のカナダのロック・オーケストラ 超有名な ”Lighthouse” のオリジナル・メンバーなんです。1990年に Russ Little Big Band を結成しスタイルにこだわらない多様な味を盛り込んだ リズム・アンド・ブルース またやファンキーで小粋で、シャープな切れ味の小さなグループ、だけどソロにはそれぞれの暖かさとメロディー・ラインが聴き所というスペシャルなバンドなんだそうです。

カナダの CBC テレビ局で Music Director やフィルムやドキュメンタリーのスコアーを作曲したりと多忙な日々を送った Little さんですが、ジャズだけに留まらず幅広い分野で活躍しておられます。2007年の National Jazz Awards で Torombonist of the year を受賞しています。Russ Little の Trombone は暖かくて純毛のブランケットに包み込まれたような音色(なんだか例えが変ね)、これが Guido Basso のリリカルな Flugelhorn にぴったりと合っていました。

regsteve1-9-2016.jpg
( Reg Schwager & Steve Wallace 2017 at Ichiriki )

さて今回のリズム・セクションは、トロントでも売れっ子のベーシスト Steve Wallace です。かなり前にご紹介した Mark Eisenman Quintet でもお馴染みですね。彼の紹介は改めてベースのカテゴリーでご紹介したいと思いますので今日は以前に取り上げた Mark Eisenman Quintet のリンクだけ貼っておくことにします。トロントではブロガーとしても活躍、ジャズや野球や色々な事を話題にされています。

Steve Wallace のブログ Jazz, baseball, life and other ephemera.

そして超が三つくらいつく売れっ子ギタリストの Reg Schwager です。コマーシャル・ベースで発売されているいる盤では、なんと5年ほど前に80枚以上の盤に彼の名前をみる事ができるのですから、今ではきっと100枚は超えていると想像できます。手持ちの盤にも数え切れないほどクレディットされており、ライヴやコンサートで何回も生演奏を聴いていますが素晴らしい技術の持ち主、それだけでなく歌心もあり繊細で聴く人の心にじわ~っと侵入してくるツワモノです。彼の紹介もギターのカテゴリーでしたいと思っています。トロントでこの Reg Schwager, Lorne Lofsky, Bob Piltch の3ギタリストは欠かせない存在です。


group3-500-2016-guido.jpg

左端のマイクを持つジョンさんは今回の仕掛人です。現役の頃はトロント・シンフォニーで、フレンチ・ホーンを演奏されていた彼のコネクションで、Guido Basso さんをお招きする事ができました。一力ジャズでは、こうしたジャズ仲間さんのコネクションで素晴らしいアーティストをお招きできる事が可能なので嬉しい限りです。

今回は、絶対に聴きたいと思っていた曲を Mr.M氏にお願いして Guido さんにリクエストして頂きました。なんとなんとその曲を一番に演奏して下さったので、ばあ様はもう感激!My Romance です。

1st.set:
1. My Romance (ばあ様の大好きな曲、シンプルでいて奥深い、彼のFlugelhornは最高)
2. Body and Soul ( なんと Bossa Nova 仕立てで Guido さんがシェーカーで味付け )
3. Alone Together
4. Child is Borne ( なんて素敵な選曲、一力の観客を考慮してのものですね )
5. Gentle Rain ( Russ のトローンボーンのソロが聴きどころです )
6. The Days of Wine and Roses ( ベースとギターのデュオです、トロントでは欠かせないお顔のお二人 )

休憩時に、一番初めにリクエストを演奏して下さった事に感謝し、ワン・テイク盤の企画の面白さをお伝えする事も忘れませんでした。リクエストは君だったのかい、喜んでもらえて嬉しいよと。強面のお顔は優しくなっていました。

2nd. set:
1. My Foolish heart
2. Jam Session ( トランペットの美しいハイ・ノートが響きわたりました)
3. Nearness of you ( リクエストは何か?という最後のお題に、Guidoさんの奥様がこの曲を)

今回は、キーボードの入らないちょっと面白い編成のライヴでした。ここだから出来るこんな組み合わせの楽器で繰り広げられるユニークな演奏。ミュージシャンがお互いを楽しみながらプレーしているのが感じられる距離感、一力だからこそ出来るライヴだと思います。今回の選曲はアレンジメントが楽しめる、皆の知っているスタンダードを中心にリラックスして聴けるものが多かったので、和やかな雰囲気で最後までいきました。たまにはこういうのもいいですね。次はどんなライヴが待っているでしょうか。



waffle280-5-19-2017.jpg
(20年以上使い続けている、ワッフル・アイロンで作るママの味?)

母の日に、子丸とそのボーイフレンドが遊びに来てくれましたので、ブランチに手作りの大型ベルジン・ワッフルを作ってみました。林檎とブルーベリーのコンポートにプレーン・ヨーグルト、そして新鮮な苺もたっぷりと、その上からメープル・シロップをお好みで。時たま無性に食べたくなる一品、皆のフェヴァリット。もちろん美味しい珈琲と共に。

Ben Paterson Trio at Ichiriki 4/16/2017 - 2017.04.29 Sat

benneilandy2-500-2017.jpg
( Ben Paterson, Neil Swainson and Andrew Scott at Ichiriki 2017 photos by manmarukumi)

長いご無沙汰でした、あまりにも長すぎた更新無しの期間を持ちすぎると何から始めてよいのやら。最近は世界中で色々な事が勃発し過ぎて恐怖の何物でもない感情がむやみに掻き立てられます。絶対に有り得ないと言われていたトランプ政権、テロの恐怖、北朝鮮の暴走、核がアメリカのニューヨーク辺りに発射されたら、湖を超えたすぐ側にある私の住んでいる街など、もろに影響を受ける事になるでしょう。一番新しいニュースでは、アメリカの赤字を減らすためにカナダの木材にも20%も関税をかけると発言しているし、いったい彼の暴走はどこまで続くのか。ストレスに弱い私の血圧は上昇中です。この落ち着かないモヤモヤはトランプの選挙辺りから始まったのかも。

そんな情勢にも関わらず、こちらもようやく日中には春の訪れが感じられるようになりました。日中は17度位にも上がった日もあり、人々の身支度も軽装になり、気分的にも外に向いているような気がします。しかし夜になると温度の差が10度もあったりしてまだまだジャケットはかかせません。

さて今回は7カ月ぶりに参加した「一力」ライブを記録しておこうと思います。今までとはフォーマットが変り、テーブル・チャージという形式で一人頭20ドルのチャージ、そして御食事代加算というふうになりました。そして今迄閉店だった日曜日にライヴが行われる事に。今回は都合よくイースターの祭日だったので参加出来たのですが、普段は日曜日に働いているばあ様はこれから参加できる機会も少なくなるかも・・・

neilbenandy500-4-2017.jpg
( Neil Swainson, Ben Paterson and Andrew Scott )

久しぶりのライヴには大好きなベーシストの Neil Swainson と 大学で教鞭を取っている 博士ギタリストの Andrew Scott 、そしてメイン・アーティストは2012年からニューヨークを拠点として活躍している三十代若手ピアニスト Ben Paterson です。このピアニストは、ばあ様もお初の方、でもよく調べてみると三カ月も Steely Dan のアメリカ、カナダのツアーで50ものショーの前座を務めているし、サックス奏者の Von Freeman がお亡くなりになるまで定期的に彼のピアニストを務めていたそうです。今回のライヴの数日前にもトロントのジャズ・ビストロ(ここに出演できれば間違いないでしょう)でライヴをされていたので、これからメキメキ頭角を現す人材のように思われます。

1st. set:
1. Best thing for you would be me - 暖かい雰囲気の中で始まったライヴは元気な爽快なピアノの音色から、久しぶりのライヴだからばあ様もワクワクしていますね。心地よいスイング感は琴線に響きます、なんでしょうねこの親近感は。

2. Don't wait to long (vocal) - なんだかとてもブルース・フィーリングの強い傾向があると感じたヴォーカルでしたが、後から調べてみたら2004年にフィラデルフィアの音楽学校でクラシカルとジャズ専攻、卒業後にシカゴに移動していますね。そこで B.B.King や Buddy Guy の前座やシカゴ・ブルース・フェスなどにも参加、なるほどね、こういう事を調べるのもまた楽しいものです。

3. You'd be so nice to come home to - このヴァース、前奏部分が素晴らしく素敵だった。途中は少しアップ・テンポで乗りの良さが若さを強調している感じ。

4. When did you leave heaven - Jimmy Scott の持ち歌です。Andrew Scott .のギターが咽び泣くように歌っています。今迄聴いた彼のギターでは一番気に入りました、いやぁ~今夜のトリオは素敵ですね。

andy190.jpg
( Andrew with his guitar )

5. Just in time - こちらも Andrew のギターをフィーチャーした曲、この曲はお好きなのかよくライヴで演奏されてますね。Ben のユーチューブを見ていると、何故 Andrew のギター・スタイルに白羽の矢がたったのか理解できました。今回は即席に組まれたトリオでしたが相性はとても良いでしたよ。

6. Kojo no Tsuki - なんと日本の曲「荒城の月」ではありませんか、素敵にアレンジされた曲は厳かとか重圧感はなく、あくまでも西洋人が感じる日本の感覚なのかもしれません。ライヴでは所々でストライド・ピアノが入っていたりしてちょっと楽しいと感じたのは自分だけではないはず。

荒城の月 ← Koko no Tsuki はここをクリックすると試聴できます。

7. Sweattin? - 休憩前はブルースで締めくくり、正確なタイトルは分かりませんが、ブルースである事は確か。今日のライヴは本当に若いエネルギーを感じる久方振りの楽しいライヴでした。

2nd. set:
1.The Simple life - まずはヴォーカルからスタートでした。中太タイプの声質、男の子っぽいというのか、ハスキーではなく、アルトよりの響く声で歌います。

2. Lucky Southern - Keith Jarret の曲とは思えぬ爽やかで軽快な南の島のリズムにのった曲ですね、こういう選曲もいいですね。トリオが本当に楽しそうに演奏しているのがいいですね。

3. It's too late - これもブルース、ばあ様はこの分野は詳しくないので何も語れません。 ただ彼がとてもブルース・フィーリングを持った歌い手さんという事は分かりました、かと言ってめっちゃ濃いブルースぽくないところが気にいりました。ヴォーカルは好みが激しく、ちょっとした癖が気になったりしてしまうので、あまり聴かないのですが。彼の若さとか、素直さ、飾り気のなさがストレートに伝わってくるのが好ましいでした。

4. Anthropology - 最後にきたのは Charlie Parker の曲、思う存分弾きまくって下さいな。なんと楽しいライヴだったことか。7カ月も干上がっていたので、このライヴで、ばあ様は元気回復です! 


benceline400-4-2017.jpg
( Ben Paterson and Celine Peterson at Ichiriki 2017 )

今回は、いまでは Social Media Management や Artist Relations のお仕事をされている 故 Oscar Peterson の愛娘 Celine Peterson (セリーン・ピーターソン) のご紹介でベンを一力にお迎えする事ができました。 色々なイヴェントやコンサートでお顔を拝見する彼女ですが、お父様のレガシーを大切に守り活躍されておられるようです。いつかまた素晴らしいアーティストを一力に送り込んで下さるでしょう。

このピアニスト Ben Paterson は、ばあ様のお気に入りに殿堂入りしました。ばあ様は、Stevie Wonder の Golden Lady という曲のアレンジメントがとても好きです。これはユーチュブでも視聴できますよ。ハモンド・オルガンもなかなかの腕らしい、これから期待が寄せられるアーティストのようです。まだ日本には遠征されておられないようですが、いつか来日されたら是非、足をお運び下さいな。
沢山の音源や動画をアップされているので、お時間のある時にでも覗いて差し上げてね。

ben paterson jacket 400-2017
Ben Paterson's Home page from here ベンのホームページにGO


condoonbloor400-2017.jpg
荒城の月を追い越すようなような高層のコンドがブロアー・ストリートに完成していました。
トロントの風景も知らない間にどんどんと変化してゆくのですね。

こちらは Monk の荒城の月

貴方はどちらがお好き?


追記 ↓ここをクリック
前向きにJazz! のJ worksさんが Ben Paterson のこの盤を二年前にリヴューをされていました。オルガン大好きなJ worksさんのリヴューもご覧くださいな。

Season's Greetings - 2017.01.05 Thu

gantan500-1-1-2017.jpg
( photos by manmarukumi 2017 )

元旦は、静かで素晴らしく眩しい朝日の中で迎える事ができました。遠くにCNタワーがクリアーに見えるほどでした。今年も一年こういう穏やかな日が続く事を願って。

cityhall500-1-1-2017.jpg
( at mississauga city hall in 2016 )

31日はいつもの如く、市役所のお祭り広場のカウントダウンで賑やかに締めくくり。兎に角音響が半端でないので、テレビもまともに聞こえない、本も集中して読めないという状態ですから、これが終らないとどうにもならないというか。午後からかなり雨が降り、イヴェントは中止になるのではないかしらと思いきや、カウントダウンではこのような人だかりが、広場にはスケートに興じる人を含めて満員でした。でもこの賑やかさも慣れてしまうと、もしなければ寂しく感じるのかもしれませんね。

去年は、ほとんどブログを更新できないままに一年が過ぎてしまいました。クリスマスまでに更新してしまおうと思っていた最後のライヴ・リポートも書き終わらぬまま、この余裕のなさが情けないというか、何故こうなってしまったのだろうと考えていたら、やはり体力の衰えというか、自分の精神年齢と肉体は比例していないからと言う事に気が付きました。クリスマスの10日前にインフルエンザにかかってしまい、クリスマス・ディナーはキャンセル。あちゃ、よく考えると去年も肩の骨折でキャンセルだったな、やはり骨折から今一以前のような元気がないというか。少し臆病になっている自分を感じています、今年はまたヨガに戻って体調を整えねば。なんとかこのブラック・ホールから抜け出さねばなりませぬ。

cityhall2-500-1-1-2017.jpg

昨年の終わりは15年ほど参加したドラさん主催の「私のベスト3」にも参加できないほど、気分的にゆっくりとCDも聴けない状態で、なんと余裕のなかったことか。ただただ自分のタイム・マネージメントの下手さが理由なのです。これじゃダメじゃん!ですね。今年はもう少し賢い時間の使い方が出来きますように。

そしてコメントを下さった、お仲間の皆さまにもご返事をせずままで、本当に申し訳ありませんでした。ご心配をおかけしました。miyuki様、ヘビメタじじい様、鈴木様、そしてA.tomy様、何時も気にかけて頂いて本当にありがとうございます。更新していないにもかからわず、暖かいコメントを残して下さって感謝です。今年はこういう事がないように致します。コメントは反映されていませんが、ちゃんとメッセージは届いておりますので、これに懲りずに今年も宜しくお願い致します。

records2-500-1-1-2017.jpg
( パールマンのコレクションの一部、彼のヴァイオリンが大好き)

さて今年の聴き初めは、古いクラシカルのレコードなどを引っ張りだして聴いていました。30代の中頃まではよくコンサート・ホールに定期的に通っており、クラシカルのコンサートを楽しんでいました。その頃集めた大好きな Itzhak Perlman とか Pinchas Zukerman などのレコードを久しぶりに聴いていると、その頃の事が明確に思い出されたりして、音楽と生活が密着していた事に驚かされます。

records500-1-1-2017.jpg
(手あたり次第に好きなものをターンテーブルへ)

それから他のレコードも引っ張り出して、やはりこれは景気づけに必要だなって Earth Wind & Fire なんかもターンテーブルの上に乗っかったりします。去年は私達の年齢層の中で比重の重かった方々が多く亡くなられましたね、確かこのグループの一人もお亡くなりになったのではなかったかしら。David Bowie、Muhammad Ali とか最近では、George Michael まで意外な方が逝かれてしまいましたね。ジャズ界では Mose Allison やカナダの Paul Bley も、個人的には、私の子供時代に夢中になった Patty Duke という女優さんも、寂しいですがなんだか私達の時代が終わったような気がします。しかし時代は否応なしに変わってゆくものですね、新しい時代が新しい人々を、どんどん創り出して行く。どんな人々が次の時代を創造してゆくのか楽しみですね。

eatongcenter2-450-2016.jpg
(トロントのダウンタウンにあるショッピング・センター)

クリスマスの前に、トロントにあるショッピング・センターの飾りつけが素敵だったので、ブログにアップしようと思ってファイルに入れてそのままだったのですが、せっかくだから載せる事にしました。このクリスマス・ツリーが巨大なのです。地下2階から地上3階の高さで、緑と赤のライトがぎっちりと隙間なく飾られています。それとトナカイがあちこちに配置されているのですが、そのメタリックな輝きが派手でなくていいというか、大きさの割に、その存在が不自然に感じなかったのが、うまく計算されていると感心しました。でも日本のようにクリスマス・ソングが大きな音で流れている分けでもなく、商店の飾りつけも年々シンプルになっているように感じます。デパートメントのショーウィンドウの定例の人形を使用したクリスマス・シーンの飾りつけも無くなっていました。もうああいう古臭いものは受けなくなってしまったのでしょうか。

eatonscenter1-450-2016.jpg eatonscenter3-450-2016.jpg atonscenter4-450-2016.jpg
(メタリックな大きなトナカイが見ものです)

そこには、やはり宗教的な事も関わっているのだと思います。最近ではクリスチャンの人口よりもイスラム教徒や、ノン・クリスチャンが多くなったせいか。昔のこの時期の挨拶で使われた " Merry Christmas" という言葉もあまり公共の場で聞かなくなりました。その変わりに "Happy Holiday" というような感じに、何の宗教にも関係なく誰にでも使える言葉に多様化しています。この40年間で色々な変化をひしひしと感じます。

今年も二日から仕事初めでした。こちらではお正月気分は味わえませんが、一応お餅もついて、小豆も煮て。御善哉や牡丹餅に変身です。今年はもう少しブログも更新できたらと思います。タイム・マネージメントが上手くできますように。

今日はこのトピックを書き始めてもう5日目、温度もマイナス7度(風速が加わってマイナス14度)に下がっています、皆さまもお風邪など召しませんように、お気を付け下さいな。

2017年が皆さまにとって健康で平和な年でありますように
今年も宜しくお願い申し上げます。


まん丸クミ

redtable300-2016012025.jpg
昨年のクリスマスのテーマは赤

Avishai Cohen Trio at Jane Mallett Theatre 6/30/2016 - 2016.08.19 Fri

avishaicohen4-500-6-30-2016.jpg
( photos by manmarukumi 2016 )

さてこの夏のジャズ・フェスティヴァルの二つ目は、Israel のベーシストである Avishai Cohen の率いるトリオの登場。ヴェニューは前回と同じく St. Lawrence Centre for the Arts でした。この会場、こじんまりしていてとても暖かい感じが気に入っています。何千人も入る大きな会場のステージで小さく見える彼らを聴くよりも、この位が落ち着いて聴けるような気がします、まあこれは個人的な見解だけど。もう大きな野外コンサートや、広場に設置されたステージを観覧(折り畳みの椅子は辛い)するのは疲れちゃって、ばあ様には無理だなって感じるようになりました。なので催し物が多々繰り広げられる、ばあ様の住処の近くにあるお祭り広場にも、めったに出かける事はありません。よぅは長時間の人ゴミ?(この単語は日本で今でも使っていいものか)に耐えられなくなったということなのですね。

さてAvishai Cohen というと、同名のトランぺッターがいますが、今回のアーティストは安定した人気で世界的に名前が上昇し続けているベーシストです。Jaco Pastorius に影響を受けてエレクトリック・ベースを始めたという彼ですが、Israel から22歳頃にニューヨークに移住しています。90年代の終わり頃から Chick Corea との関係であっと言う間に売れっ子に。今じゃ自分のグループを率いて世界中で演奏している次第です。

今回のトリオ・メンバーは:
Avishai Cohen - Acoustic Bass & Vocals 
Omri Mor - Piano
Danel Dor - Drums

51903UWInwL__SL500_AA300_.jpg
(初々しさがジャケットから感じられますね、2000頃の青い青年)

初めて彼を知ったのは素敵なジャケットの Colors (2000) という盤でしたが、この盤ではあまりベース自体にピンとくるものはなく、好きな Claudia Acuna というヴォーカリストが参加していたので期待していたのですが、自分の想像していたものとはちょっと違っていました。その後は興味も無くし聴く機会もなくなっていました。しかしジャズ雑誌を開くたびに彼の記事が掲載され、称賛され、どれほど彼が素晴らしいミュージシャンであるかを読む事になり、すでに15枚もアルバムを出しているのだから、今回はそれならやはり聴いておかねばという運びに。

今回のコンサートでは、主に2015年の From Darkness というアルバムからの曲を中心に演奏されました。ベーシストだけに留まらず作曲家、開拓者、バンドリーダー、シンガーと色々な分野で才能を発揮、ばあ様は彼のヴォーカルを今回初めて聴きましたが、なんと好みの声質、しかもヴォーカル・スタイルが感性にとてもあって大好きになりました。

avishaicohen500-6-30-2016.jpg
(今回のお席もステージから6列目で、アーティストがよく見えました)

ファースト・セットからジャンルにとらわれないワールド・ワイドな展開を繰り広げました。だいたい彼を一つのカテゴリーに入れてしまうのは不可能でしょう。ベースをまるで楽器ではなく、生物体(もちろん物体なのですが)のように扱って体の動きとベースが踊っているかのように、このベースはなんと105年モノの古いベースで、彼はこのベースを友、パートナーと呼び、どこに行く時も一緒さ!ステージでは一緒に踊りグルーブを感じ、彼のベースはまるで大きなハートをもった美しい女性の様だと公言しています。ベースがまるで肉体を持っているかのようで、彼の動きがたまにセクシュアルな状態に・・・

そして彼は特にトリオのピアニスト Omiri Mor を絶賛していました。やんちゃ坊主が欲しがった玩具を手に入れて愛しんでいるような具合で、はしゃいでいると言うか、彼に注いでいるアテンションが半端ではない事がヒシヒシと感じられるのでした。確かに Avishai のスタイルにピッタリと合うパワフルなパフォーマンスです。その若さがグイグイと開化するのを Avishai が導いているかのようにも捉えられます。美しい旋律のピアノ・ソロも余計な音がそぎ落とされて気持ちのよい演奏でした。

ドラムスの Daiel Dor も好感の持てる演奏で、心地よい細やかなブラシュ・ワークや、熱のこもったコントロール抜群の撥さばきも、トリオにぴたりとはまっていたと感じました。(ばあ様はあまり煩いドラムスが苦手なのです)しかし Avishai の彼に対する態度が今一不可解だったのは、最後の演奏が終わった後にお互いに労い、抱き合ったり、握手をする場面がありますね。ピアノの Dor には腕を伸ばして握手を求めたのに、腕を伸ばしているドラムスの彼には、一度腕をのばしたにもかかわらず、その手をひっこめて無視したのには?ドラムスの彼も出した手をどうしたものかと、思案してしまった様子。なんだか見てはいけないものを見てしまったような。最後もピアノの彼とはぴったりと肩を組んで御辞儀をしているのに、ドラムスの彼は横に立っているだけ、なんだか変な違和感を感じたというか、そういう印象を受けたのは私だけだったのだろうか。でもまあ演奏ではぴったりと息が合っているのだから問題はないのでしょう。

avishaicohen500-2016.jpg

しかし今夜のステージは、やはり Avishai が一番、俺様のステージなのだという気負いと、目一杯俺様のパワーを受け取ってくれという、強いメッセージを残して行きました。完全に彼を中心としたステージが構築されていました。三人が同等なトリオではなく、あくまでも Avishai の作品を作り上げる為のピアノとドラムスであるような感じを受けました。 中東風のリズムでは足が飛び跳ねベースも彼と一緒に踊ります、陶酔の世界はもう Avishai 色ではち切れんばかりです。最後の方では、皆が撥でリズムを刻みます。ドラムのソロから始まり、ベースを指でたたく音が太鼓になり、撥に持ち替えてそこらじゅうを打音の渦に、ピアノを離れた Mor までが、パーカッション風にトムトム、最後まで何が飛び出すか分からないぞ。全12曲、確かにステージ・プレゼンスは凄い迫力でした。

アンコールで、やっと彼のヴォーカルに出会えました。曲は、Nature Boy です。なんて素敵な声質でしょう。だみ声でもなく、少しハスキーだけど甘さも備えたそんな感じ。ベースの演奏とはまったく違ったアプローチというか、同じ人とは思えないこの繊細なヴォーカル。この時ばかりはヴォーカルに専念して、ベースは必要ないよっとマイクロフォンだけを持って歌っています。もう一曲のアンコールもヴォーカル、ピアノの伴奏でバラードを披露、こんなに素敵なヴォーカルは久しぶりです。「いやええわぁ~の世界!」

このパフォーマンスは凄い、CDジャケットの彼よりも二回り肉体的にも大きくなって中年パワーの全開ですね。あの初めて聴いた Colors からは想像も出来ませんでした。そりゃそうだよね、16年もたっているのですから。この夏は良いコンサートに恵まれてラッキーでした。お次、初秋の予定は意外なアーティストの登場、以前に悪体調の為ステージをキャンセルされたので、その分期待が膨らんでいます。

avishaicohen5-6-30-2016.jpg
(座り心地の良いバスに揺られて帰路につきます、今夜も満足!)

まだまだ暑い日々が続いておりますね。
どうぞ皆さまも体調に気を付けてられて、残暑をお過ごしくださいな。
ばあ様は子丸の猫守りをしています。たまに動物が周りにいるといいものですね。
部屋中がまた抜け毛一杯の状態になりますが、まっいいか。


oliverjones5-295-2-28-2016.jpg
(このヴェニューはバス・ターミナルの傍。夜の一人歩きも大丈夫!)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (9)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード