kennyG830.jpg

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sayonara & Miyoshi Umeki - 2011.11.23 Wed

sayonara400.jpg
( Warner Brothers Technicolor Movie "Sayonara" 1957 Poster )

久しぶりの更新です。今日の御題は K's Library から、私がまだ若かりし頃英語のクラスに通っていた昔々に読んだこの一冊から紐解いていかねばなりません。 タイトルは "SAYONARA" (さよなら) James A. Michener 著者によるこの物語は後に映画化され一人の日本女性が始めてハリウッドでアカデミー助演女優賞を受賞しました。その人の名を 「ナンシー梅木」または「ミヨシ梅木」 (梅木美代志) といいます。この方の事は少し後でお話しすることにして話題を進めていきましょう。

さて柄に似合わず何故こんな恋愛モノなど読んだかと申しますと、日常生活によく使われるフレーズ(会話)が恋愛モノには多く含まれていてしかも簡単なストーリーですぐに読み終えるといる利点があると現地の英語の先生が薦めてくれたからでした。それと暇があればテレビを見なさいと言うアドヴァイスもありました。これも難しい番組でなく昼間に放映されているようなメロドラマが一番手っ取り早いという事でした。今思うとなるほどと思います、こういうドラマは生活に密着している場面が多いからですね。

その頃、ハーロクィン・ロマンス( Harlequin Romance ) という単行本が女性の間で大人気のシリーズでした。所謂ソープ・オペラ( メロドラマ )という類の恋愛小説なのですが、本のカヴァーがあまりにも刺激的といいましょうか、きわどい美男美女の抱擁の場面などで私はどうしても興味が沸かなくて何か違うタイプの本(文学的なモノ)が読みたいと思って手にしたのが James A. Michener による 「さよなら」 でした。これは著者があまりに有名な事と私の持っていた作者のイメージとはあまりにもかけ離れていた恋愛モノだったので余計に興味が沸いたといいましょうか。きっと日本名のタイトルと大人し目のカヴァーにも影響されたかもしれませんね。

1stcover211.jpg books.jpg originalbookread211.jpg
( 色々なヴァージョンの表紙がありますが、まん丸が読んだ単行本は右端、左端はオリジナルのハードカヴァー )

しかも内容は、なんとなく私にとって地域的要素も文化的な指向もついていける内容で違和感なく読むことが出来た一冊でした。先生の仰ったように速く読めたし楽しく無理なくという感じだったように記憶しています。それに初めに挑戦するには短いというのも重要な事かもしれません。

何時ものごとくあるトピックからジャズに否応無しに繋げてしまうというのがまん丸の流儀なのですが、もちろん今回もこの一冊の本からですね。1957年にこの作品は映画化されました。監督は Joshua Logan ( South Pacific, Camelot, とかマリリン・モンロー主演の Bus Stop などが作品 ) 出演者も Marlon Brando, Red Buttons, James Garner, Patricia Owens などの顔ぶれの中に無名の日本人女優が突然彗星のごとく現れて Red Buttons と共にオスカーまで取ってしまったのですから驚きだったでしょう。

しかし主役のマーロン・ブランドはこの映画ではもうひとつピンとこないと言うか、こういうタイプのパイロットにしてはちょっと軟派過ぎるんじゃないって感じてしまうまん丸です。多分ブランドの喋り方がダラダラとしていて軍人らしさに欠けるというか、まあそれが彼のスタイルだけどそういいう所が気になったりするのでした。面白い事に初めのチョイスは Rock Hudson だったのですが、彼がオファーを受けなかった為にブランドに役が回ってきたそうです。どちらもなんだかエース・パイロットのイメージが沸いてこないのはどうしてでしょうね。

この映画を実際に見たのはもっと後になるのですが、マーロン・ブランドが好きだとかではなく単に本で読んだから映画はどうなっているのかという好奇心からでした。しかも昔の日本がふんだんに観賞出来るというのがとても嬉しかったというか。その頃トロントでは小劇場で日本の古い映画が頻繁に上映された時期でもありました。よく友人と黒澤明や、溝口健二、小津安二郎などの映画を見つけては通っていました。黒澤明の 「生きる」 を見てカナダ人の友人と最後に大泣きした時は良い映画には国境はないなって実感した次第です。あっ、また横道にそれそうです話を戻さなきゃ。

Umeki Sayonara miyoshi364.jpg miyoshired364.jpg
( Scene from Warner Brothers move "Sayonara" 1957 )

物語の内容は、朝鮮戦争で活躍したエース・パイロットが当時反米感情が強かった日本の土地で困難を乗り越えて愛を貫くというストーリーなのですが。しかしその状況下彼の部下は不幸な事に解決策が見つからず愛する異国の女性と共に命を絶つという悲惨な結果に。映画のロケーションは関西にある神戸港や、奈良のあやめ池遊園地、現在大阪国際空港として使われている、当時の大阪の伊丹エアーベースなどを見ることが出来とても興味深いです。そしてブランドが恋に落ちた日本女性「はなおぎ」がなんとなく宝塚歌劇団をイメージした歌劇団の大スターというセッティングなんですね。ステージや衣装、袴姿に寮生活環境からそれが想像できるわけです。そして Miiko Taka (高美以子) の歌う 「さよなら」 Irving Berlin の曲に Edward S. Haworth の詩がなんとも哀愁をさそいます。この方とても美人で今時のふっくらリップスがとてもセクシィーです、昔の女優さんは本当に綺麗ですね。

そしてやはりこの映画はハリウッド映画です、 Ricardo Montalban が歌舞伎役者に化けています。この俳優さんはいつも変なアクセントのある役をこなしていますね。今回も変な日本語というか外国人がイメージしている日本人的な会話で日本人になりきっているのが可笑しいというか、どうして日本人の役者を起用しないのって言いたくなります。当時日系の James Shigeta とか素敵な役者さんがいたのに 「なんでやねん」って思わずにはいられないのだけど、まあ仕方がないですね。( 冒頭の黒文字 "SAYONARA" をクリックすると You-tube で変な日本人の映像もご覧になれます )

さて、この Red Buttons の演ずる中尉ケリーの恋人役が今回のお話のスター 「ナンシー梅木」 こと梅木美代志です。この映画の中では歌っていませんが実は彼女はジャズ・シィンガーなのです。この容姿でこのお喋りの仕方でと惑わされるかもしれませんが。若くから日本にあった米軍キャンプ ( U.S. Army Jazz Band ) やナイトクラブで ( 角田孝 Sextette と共に ) 活躍したそうです。1955年に渡米しますがこの映画が1957年に製作されているのですごい抜擢というか彼女の努力の甲斐もあったことでしょう。

miyoshiscover1-500.jpg

MIYOSHI
Singing Star Of Rodgers And Hammerstein's "Flower Drum song"

Side One
Sayonara ( from "SAYONARA )
If I Give My Heart To You
China Night ( Shina No Yoru )
I'm In The Mood For Love
How Deep Is The Ocean ( How High Is The Sky )

Side Two
Slowly Go Out Of Your Mind
Teach Me Tonight
Hanna Ko San
Can't Help Lovin' Dat Man
The Little Lost Dog

WING MGW 12148

1956年にはアメリカの CBS-TV タレント・スカウト・ショー で観衆の支持を得て一躍トップに躍り出た梅木でした。彼女のチャーミングなお喋りやルックスからは想像できない大人っぽいアルトな歌声や歌唱力が認められたのでしょう。その時の歌が "How Deep Is The Ocean" です。1957年には映画出演、 58年に The Best Supporting Actress (その時の映像) でオスカー。1958年にはブロードウェイ・ミュージカルにも出演しておりトニー最優秀ミュージカル女優賞にもノミネートされ、1961年にはステージから映画化された " Flower Drum Song" でも準主役を張っているので短期間に想像し難い凄い活躍をされたと思います。

この時期にはテレビの出演も多々あり、You-tube でその様子を見ることが出来るのが嬉しいです。その間彼女が残した米国でのジャズ・ヴォーカル盤も何枚かありますが、なかなか見つける事ができません。ゆいつ探し出したのがこの LP盤 "MIYOSHI" です。テレビでのお喋りとは違った落ち着いた歌声で、やんわりしたフレーズの付け方も素敵だし一つ一つの言葉を丁寧に綺麗に発音しているのが好感度が高いです。

きっと彼女は本当に会話をする時は流暢な綺麗な英語を話されるのではないかと想像できます。テレビでコミカルなお喋りしているのは彼女の演技の一部なのではないかと思えます。彼女の活き活きとした表情や目の輝きがチャーミングでなんとも言えませんね。

tvshowmiyoshi200.jpg

さてまん丸が 「ナンシー梅木」 と出合ったのは彼女がジャズ・シィンガーだというのを知らずに見ていたテレビで再放送されていたこの番組 "The Courtship of Eddie's Father" とうい1969-1972年の3年間放映されていた Sitcom (ホームコメディー)でした。彼女は日本人の家政婦さんという役で日本の古いタイプのエプロンをいつもつけているスタイルが定番。 そしてシングル・ファーザー(妻を亡くす)の家庭で男の子の世話をしているちょっと不思議な家政婦さんでした。少しお茶目で子供やお父さんに与えるアドヴァイスがなんとなくカンフー・パンダのような人生を知り尽くした禅マスターのような具合なのです。それがまた滑稽というかそういうコメディーだったのですが、後に映画 「さよなら」 を見て彼女がこのコメディー以前にシリアスなアクターだという事を知り、その後彼女がシリアスなアクターの以前に素敵なジャズ・シィンガーだという事を発見してなんと驚いたことか!まん丸は彼女の足跡を逆に辿っていったわけですね。そして彼女は、このシリーズの後にショービジネスから引退されたようです。

とにかく今はジャズ・シンガーとしてのナンシー梅木が一番好きな存在ですが、残念なことに2007年に彼女は癌の為に78歳で亡くなっておられます。最期の場所は Missouri 州の Ozark という土地なのですが、私には北海道の小樽で生まれた梅木美代志がミズーリ州の医療保養施設でどんな想いを持って最期を迎えられたのか彼女の自伝が出るとは思えませんが、どんな人生を送ったのか覗いてみたいという思いに駆られました。

梅木美代志の LP盤をお持ちの方も多くおられると思います。1955年以前の彼女が日本でジャズ・シィンガーとして活躍されていた時代の事をほとんど知りませんのでまた情報があれば教えていただければ嬉しです。

最後に MIYOSHI の "How Deep Is The Ocean" をお聴きくださいな。


oldplayer230.jpg
↓ Gesele MacKenzie Show でナンシー梅木が "How Deep Is The Ocean" を歌っています。
Miyoshi Umeki on American TV show 1958

スポンサーサイト

On the Beach and Waltzing Matilda - 2011.05.16 Mon

onthebeach400.jpg
( Metro-Goldwyn-Mayer Studio Inc. DVD Box Cover )

今日の話題はまん丸が20代の頃に観たとても感銘を受けた映画のお話しです。しかも Fred Astaire が始めて踊らず、歌わずにストレートな演技だけで出演という記念すべき作品なんです。なので ”Fred's Room” のカテゴリーに入れるかどうか迷いましたが、この映画はやはりまん丸にとって特別なインパクトを受けた映画なので、これから大切にしている本やお気に入りの映画などを紹介しようと思っている ”K's Library” からの第一弾にしました。この映画は1957年に出版された Nevil Shute の小説、同タイトル ”On the Beach” (日本語タイトル 「渚にて」) です。(今日のトピックは久方に気合が入って長いので覚悟してくださいな、時間のない方は分けて読んでね)

1959年に豪華キャストで Stanley Kramer によって映画化されました。Gregory Peck, Ava Gardner, Fred Astaire, Anthony Perkins など私が大好きな俳優人が好演しています。物語は、1964年(その頃からすると未来の想定)頃に第三次世界大戦が終止、私達の住むこの世界がとんでもない事になってしまったというお話ですが、この反戦映画には爆撃シーンや兵隊が殺されるシーンなどは一つもありません。しかしこれほど恐怖を覚えた戦争映画を私は未だにみたことがありません。これは原子爆弾で北半球がすでに過去のものとなり、かすかに人類が生存している南半球に位置するオーストラリアに残された時間を必死に生きる人々の精神描写やその葛藤を描いた映画なんですね、いわゆる英語でいう Doomsday Movie (最後の審判の日)という類です。

onthebeach450.jpg
( Scene from 1959 Stanley Kramer Productions "On The Beach" Fred Astaire and Ava Gardner )

ご他聞にもれず原作とはかなり違い作者はあまり満足でなかったようです、それでも映画の方は凄い反響を呼びました。 Gregory Peck は反核兵器派という理由もあった為この映画には思い入れが深かったそうです。原作を読んでみるとスタートからかなり違いますが、重要な役割を持っている原子力潜水艦の名前まで ”Scorpion” から ”Sawfish” に変えられたのでは作者も良い気がしませんよね。そしてフレッドのキャラクターも実際には30歳弱の男性なのにどういう訳か60歳のフレッドに役が回ってきたのですから作者はとてもショックだったことでしょう。でもまん丸の大好きなフレッドだから許しちゃいましょう。


onthebeach217.jpg MV5BMTMyNTIzMDEyMV5BMl5BanBnXkFtZTcwODQwOTc2NA@@__V1__SY317_.jpg
( Stanley Kramer Productions Original Poster )( デザインの違うフレンチ・ヴァージョンのポスター )

オリジナルのポスターは Doomsday 的な暗示で恐怖をそそる赤が強烈ですが、DVDのカヴァーはどちらかと言うと、二人のロマンティックな関係の方が強調され過ぎているかもしれませんね。これも作者の意図とはまた違っていますが Ava Gardner の表情が素晴らしくやるせないです。原作ではまだうら若いスレンダーな体系にストレートなブロンド・ヘアーでじゃじゃ馬的キャラクターなのですから中年の妖艶な Ava ではやはり作者にとってはイメージのまるで違う女優さんだったでしょう。しかし私はこのキャスティングはとても素晴らしい選択だと思います。

またフランス語ヴァージョンのポスターもオリジナルとはかなり違っていて何故こんなになってしまったのという疑問が・・・国民性とか考慮するとそれぞれにアピールできなければならないのかもしれませんが。まあCDのジャケットでさえもたまに発売元の国によって違っているのだから仕方ないのかもしれないですね。

この映画関係の事をリサーチしている時に1959年にこの映画を映画館で鑑賞したという方が映画が終わった瞬間に劇場が沈黙したと書いていました。誰一人として声もださず、ただただ長い沈黙が続き何を言ってよいか分からなかったと。私もただ胸の中が一杯になって最後のシーンが目に焼きつきました。この事はブログには書かないです、何故なら是非この映画を皆さんに観て頂きたいから。

originalbookcover200.jpg
( Nevil Shute's 1957 Novel Original Book Cover )

今この世界を守れるのは私達だけ、そして破壊するのもまた私達であるという事を忘れてはいけないというメッセージですが、戦後10年少し過ぎた1959年代にはもっとこの事態が身近に感じられたに違いないでしょう。今、原子力の力を問われている時代にこの映画は観続けられなければならないと思います。本も再版を重ねて読み続けられています。2000年にはオーストラリアTVでリメイクされて公開されました。

この映画の中で頻繁に流れているテーマ音楽が今回ご紹介する ”Waltzing Matilda” という曲です。この曲はオーストラリアでは ”the unofficial national anthem of Australia” (オーストラリアの非公式国歌)と言われています。正式な国歌はあるのですが、国歌よりも愛され歌い継がれてきたので有名になってしまったのです。いわゆる田舎のフォーク・ソングというか、ブッシュ・バラードという類のものですが。とにかく皆に愛されているという事が非公式国歌と言われる由縁です。

この歌詞にはオーストラリア英語のスラングが多く含まれていて、詩の意味を長い間理解していませんでした。そして単に曲の哀愁おびた美しさだけが頭にインプットされて詩の意味なんて全然聞いていなかった訳ですが。これじゃ駄目じゃん!と思い色々リサーチし始めるとなんと興味深い、そして今まで自分が勝手に思い浮かべていた ” Waltzing Matilda” とは似ても似つかぬ内容だという事実を解明していくのでした。そんな訳でこの不可解なスラングを解読していきましょう。まずは、この歌の主人公であるこの人物から。

Swagman - Swaggie とも言われる人々の事、当てもなく街から街へ農場から農場へその日稼ぎの旅をする人々ですが仕事を探して歩き回っているという事でもないらしい、アメリカで言い換えるなら ”Hobo” と同類でしょうか。 一つの安定地を求めている訳でもないので根っからのフリー・ソウルでしょうか。

220px-Elderly_swagman.jpg
( このイメージは Wikipedia より )

Swag - 彼らが持ち歩いている寝床を丸めてあるもの、いわゆるスリーピング・バッグ。

Billabong - 河(川)から幾つもの枝が分かれ、それが行き止まりになって水が溜まって深い池のようになっている場所。

Coolibah Tree - Eucalyptus Microtheca いわゆるコアラの好きなユカリプタスの木。

Billy - 人の名前ではありません、2 リットルほど入る空缶にワイヤーのハンドルをつけたもので、これでお湯を沸かしお茶の葉など入れて使用した、これをそれぞれが持ち歩いていた。(写真の左手にもっているもの)

Waltzing Matilda - これがこの歌の中にある一番特異な表現であろうかと思われます。これは美しいマティルダとワルツを踊るのではなく、スワッグマンが持ち歩いていたスリーピング・バッグの愛称なのです。普通は丸めた毛布の端を紐で括り付け肩から斜めにかけて背中におうスタイルです。

Jumbuck - スラングで羊のこと。

Tucker bag - 食料をキープする袋、普通は砂糖や小麦粉の入っていた使い古しの袋で Tucker とはオーストラリアのスラングで食べ物のこと。英国英語から発祥された単語らしい。

Squatter - 植民地時代に何千エーカーの土地を所有する大金持ちの地主の名称。

Troopers - その土地所有者達を守る警察的組織で元軍隊を集めて編成されたようです、彼らは羊を盗む無法者とかスワッグマンを取り締まったりしていた。(原住民などは、それはひどい取り扱いを受けていました)

まずこの曲は美しいマティルダ嬢とワルツを踊るなんてシーンを想像しちゃいけないのです。これは一人のスワッグマンが自由を選んで自らの命を絶つという悲しいお話なのです。こういう歌がオーストラリアで何故に国歌のように歌い継がれているのが不思議ですが。きっとそこにはオーストラリアの持つ反骨(反権威)精神が反映されているのかもしれませんね。

oliverjones240.jpg Oliver Jones のトリオで聴いてみる

歌の内容は:

或る日、愉快なスワッグマンが河の行き止まり(水溜り)でキャンプをはっていたさ、ユカリプタスの木陰で湯が沸くのを見つめながら歌っていたよ。

ウォルティング・マティルダ(寝床よ)、お前は俺と一緒に旅にでるさ。

そうしているうちに水溜りに羊がやってきて水を飲んでいた。おれは大喜びして飛び上がってその羊を捕まえたぜ。そして歌いながらその羊を俺の食料袋に押し込んでやった。

ウォルティング・マティルダ(寝床よ)、お前は俺と一緒に旅にでるさ。

そこにサラブレッドの馬にまたがった土地の所有者が、1、2、3!兵隊(警官)と一緒にきやがった。あいつらは俺に聞いたぜ、お前は食料袋にあの羊を隠しているんじゃないのか。

ウォルティング・マティルダ(寝床よ)、お前は俺と一緒に旅にでるさ。

俺は飛び上がって一気に水溜りに飛び込んだ、”お前らなんかに生きて捕まるものか”と言いながら。その後、水溜りの辺りを通ると彼のゴーストが彷徨っているという。

ウォルティング・マティルダ(寝床よ)、お前は俺と一緒に旅にでるってさ。

( 翻訳 by manmarukumi )


オーストラリア訛りで方言をで説明しながら歌っています。

まあ、こんな感じの歌なのですがあの時代状況では女性と関る事もほとんどなく、歌の好きな彼らは Waltzing Matilda (寝床)を女性の変わりにして愉快に歌って踊ったのだとか、そして自由を謳歌する彼らは警官に捕まるくらいなら死んだ方がましだったという事です。

オーストラリアの歴史を紐解いてみると原住民達はそれはひどい扱いを受けて、まるで獣のように何かあるごとに虐殺されていました。昔は土地の所有者と警官は深く結ばれていて、そういった人々にひどい拷問を加えていたそうです。オーストラリアの悲しい原住民の映画を見たことがありますが、捕まるよりも死んだ方がましだというこの歌の意味が今更ながら重く感ぜられました。


joopvan-1-240.png
JOOP VAN DEUREN TRIO - PRIVATE

Joop Van Deuren (p)
Erik Robaard (b)
Hans Beun (ds)

stoutenburg 2006

あまりジャズのアレンジでこの曲を聴きませんが、私が唯一持っていたのが Oliver Jones - Just in Time (1998) ピアノの静かなスロースタート、途中から軽快なテンポに進行して物語の成り行きを楽しませてくれます。そして最近やっと二曲目を手にいれました、2006年盤オランダのピアノ・トリオ Joop Van Deuren Trio - Private がこの曲を取り上げていました。なかなか見つからないので感激したぁ~!この盤を紹介して下さったのが、リンク ”Jazz fan” の Miyukiさんです。私の好みをよく理解してくれいつも素敵な盤を見つけてくれるのです。この盤はこの曲だけでなく全体に出来の良い盤だとおもいます、何回聴いていても飽きない心地良さがありトリオの良さが収縮されている感じ、まん丸の一押しです!

貴方が今度この曲を聴く時はイメージもきっと違っているかもしれませんね。この映画は私に深いインパクトを与えてくれましたが、この歌もまた違った意味で強い印象を残しました。


オーストラリアのギタリスト Tommy Emmanuel さんの演奏がとても新鮮で素敵です。
Tommy Emmanuel "Waltzing Matilda" Guitar version


他に何曲か聴きましたが 「これっ!」 といったものが見つかりません。
何かお勧めがあれば是非教えて下さいな。

それと貴方にとって感動した映画、映画の中で忘れられない曲などありましたらまたお話いたしましょう。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。