kennyG830.jpg

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Susie Arioli  - 2011.01.28 Fri

susie arioli500
( photos by manmarukumi ) Night Lights 2008

まずはここをクリック、Blue Skies を聴いてみてね!

レトロなギターの響きと共にちょっとコケテッシュな歌声から始まった。一癖ありそうなジャケット (It's Wonderful) の二人の不可解な表情、いったい何を期待してよいのやら。一曲目、古いタイプライターで打たれたラブ・レターのようなそんな雰囲気、かわいい系のヴォーカルが苦手なまん丸には可愛いとも思えないけど、でもなんとなくそういう感じもするし面白い声質だから曲でとても印象が変わる。掴みどころが分からないな、”Susie Arioli Swing Band” との初対面はこんな具合いでした。

なんだか懐かしいそんな匂いがプンプンしたりもする。油断しているといつのまにか癖になりそうなそんな魅力を備えた Susie Arioli のヴォーカルなのでした。

wonderful.jpg
It's Wonderful 2001

モントリオールを拠点にしているミュージシャン です。1998年頃まだ知名度の低かった彼らはモントリオールで開催された ”Festival International de Jazz de Montreal” で見い出されました。そこで彼らは、なんと Ray Charles の前座を務める事になり脚光を浴びることになったんですね。それ以来ケベック州での人気はうなぎ昇りに、その後はカナダの他州でも名前が知れ渡るようになりました。今では日本にもファンが存在するようになったようですね。

pennies.jpg
Pennies From Heaven 2002

二作目の ”Pennies from Heaven” (2002)では全体に落ち着いた選曲で万人向きにまとめているという感じでしょうか、ブルースなども聴かせてくれて彼女の器量が窺えます。この盤はなんと 4,8000 枚も売れたというから凄い。しかもピアノに Ralph Sutton (1922-2001) を迎えてだからちょっと Susie も気合が入っていたかもしれませんね。残念な事にこれが Sutton の最後の録音になってしまいました。ギターの Jeff Healey (1966-2008) も最近若くしてお亡くなりになりこの盤はそういう意味でも彼女にとって思い出深いものになったことでしょう。10曲目 ”Walter's Flat” の Sutton のピアノが実に楽しいこと!この盤でもう彼女のスタイルというのが一目瞭然、すでに一枚目からしっかり彼女の濃いキャラが出ていますが。

thatsforme.jpg
That's For Me 2004

お次は ”That's For Me” いつも Susie の Swing Band にギター” Featuring Jordan Officer” となっています。彼らの出会いはギターとスゥィング・バンドの個々に参加していたコンテストに偶然居合わせてセッションをしたらとても Officer のギター演奏がバンドにしっくり合ったのでそれ以来一緒に活動していますが、バンドの一員ではあるものの一人のギタリストとして存在しているという事を強調したいのでしょう。Officer とのコラボレーションも定着してしっかり土台が固り彼らのユニークさ(このノスタルジックな雰囲気)を保っていられるのもモントリールという土地柄があるように思えます。

ケベック州には伝統的な French Canadian Folk Music というユニークな形態があってこれがまたルイジアナまで南下して Cajun 音楽となり、または Zydeco などに変化したりしてとても興味深い歴史があります。Feddle や Stick を Percussion として使用したりするのですが、Susie の演奏している Snare がなんとなく洗濯板に聴こえるのはまん丸の耳にだけでしょうか。この盤はなんと 50,000 コピーも売れたのです。

learntosmile.jpg
Learn To Smile Again 2005

”Learn To Smile Again” (2005) カントリー・シンガーの Roger Miller へのトリビュート盤です。バンドの中ではもっとも意欲的で成熟したものと言われていますが、まん丸としては個人的にカントリー・ウエスタンは苦手な分野なのでイマイチ好みではありませんが。

しかしこの盤の中に二曲お気に入りがあります。Fred Astaire が ”The Band Wagon” という映画の中で歌っている ”By Myself” という曲を Susie はそれは素敵に歌っています。それだけで満足というか盤の中に一曲でも良いと思えるものが入っていたらそれで O.K. なのです。”By The Time I Get To Phoenix” もなかなか素敵な仕上がりです、嗚呼これは、グレン・キャンベルが歌ってましたね。この盤はカントリー・ウエスタンの好きな人にお勧めです。

まん丸のお気に入り "By Myself" はここをクリック、ねっいいでしょ。


2008年に初めて彼女自身の名前で出したタイトルが ”Night Lights” です。Jordan Officer はここではプロデューサーに回っています。スタンダード・ナンバーを選曲しジャズ・ヴォーカリストとしての Susie の新鮮さが味わえる美味しい出来上がり。まだ一度も彼女を聴いた事がない方はこの盤からトライするのも良いかと思えます。”Blue Skies” の澄み渡った空が目の前に広がること間違いなし。

去年2010年には、クリスマス・アルバムを出している彼女ですがこれはまだ未聴なんです。これからが益々楽しみなヴォーカリスト Susie Arioli を今回ご紹介しました。貴方のお気にいりの一枚になるといいですね。


レトロなラブ・レターをこんなので打つ!
typewriter250.jpg
Susie Arioli のHPはここから

スポンサーサイト

Bossa Nova via Quebec  - 2010.07.08 Thu

今日は、珍しい寒い国からホットなボサ・ノヴァのご紹介です。この2人組みに出会ったのはかなり昔になりますが、初めて聴いた時にまさかカナダのグループとは思いませんでした。

bete500.jpg
( photo by manmarukumi )涼しい雰囲気でてるかな。

しかもケベック州(フランス語圏)の出身だというから、余計に驚いてしまいました。涼しげなジャケットに誘われて購入したこの盤はまさにジャケ買いでしょう。私はボサ・ノヴァには詳しくありませんが、囁き系の歌のスタイルは、ヘタウマ的?なヴォーカルでも受け入れられる要素があるのでピンからキリまでありますが。まあヴォーカルは本当に好みの問題なので、誰かが良いと言っても私が聴くとう~んと唸ってしまうものだってある訳ですね、それに女性と男性の好みも大変に違うと思います。彼女の声は少し Sade を思わせるようなかすれたドライな声質というか、Sade がお好きならきっと御気に召すでしょう。

ジャケ買いした、Day by Day の爽やかな盤。
bete1.jpg

bete2.jpg

この女性ヴォーカリストの Bet.e は結構上手いじゃないってのが最初の印象でした。盤には英語の歌も入っていたので私にとっては嬉しいでした。男性ヴォーカルの Stef もボサの香りが似合う声質でこれもオーケー、ギターも優しく心地よい感じという訳で、二枚目をすぐに発見して聴いてみたらこれはまあまあって感じでした。ジャケもイマイチというか。お薦めはやはり Day by Day と 新譜の Bet.E - b coming ですね。

でも暑い日々の中、少しのオアシスを提供してくれる清涼な響きというか、重くなくってやはりボサは暑い日の音楽なんだって実感しますね。そんな訳でこの数日は温度が30度を越して暑いのが苦手な私には、もう限界、気分だけでも涼しくなろとこれらの盤を聴きながら、珍しいカナダのボサ!これは是非紹介しようと決めた次第です。

実は、私が彼らの演奏をラジオで聴いたのは一回きりでした。多分主な活動がケベック州となるとオンタリオ州ではポピュラーにならないと思います。2002年に盤が出たきりで、それ以後はまったく音沙汰なしという状態だったので、彼らの事はまったく忘れていたのでした。なんせ大きな国ですから、西に東にと流行っているものも違うし、その州で受け入れられるタイプの音楽もかなり違うようです。

去年、偶然に Bet. E の新譜 ”Bet. E ー b.coming” (2009)を発見、今回はデュオではなく彼女個人の盤でした。ジャケットもシンプルで素敵なデザインで、昔の カーリー・サイモンを思わせるようなイメージ。ギターの調べで始まった一曲目で彼女が健在な事が確認できました。この盤もやはり Bosa Nova を主体とした構成で彼女の良いところを前面に押し出しているでしょう。この盤は少しポップ紛いも入ってリラックス系ですね。説明よりも、まず Bet.e さん聴いてみてくださいね。



Bet. E b coming (2009) rhea music
1. e preciso perdoar
2. sky is falling
3. canto de ossanha
4. omigod
5. parts we hide
6. eu quero um samba
7. a mon reveil
8. you'd be so nice to come home to
9. lucky
10. les histoires
11. by my side
12. feminina
13. encore

CDは、まだ3枚しか出ていませんがフランス語圏から英語圏のオンタリ州で成功するのは簡単な事ではないとは思います。彼女はまたパンク系のバンドでも歌っているようなので、ジャズやボサだけでなく幅広く活動されているのでしょう。これからが楽しみなヴォーカリストですね。

影響されて、尊敬している歌手がアレサ・フランクリンというので彼女もパンチの効いた曲もこなせます、最近ではジャズ・フェスにも出演されているようですから、ケベック州ではきっと知名度が高くなっているのでしょう。
ここに彼女のHPを貼り付けておきますので、興味のある方はどうぞ。

cfe489c3-5772-478f-8a96-32aa29749011.jpg
Bet.e のHP はここからひとっ飛び。



さてさて、この数年で視力がかなり落ちてしまったまん丸ですが、車の運転には不可欠な度の入ったサングラスを新調しました。なかなか合うフレームが見つかりませんでした。哀しいかな、なんと言っても東洋人の鼻の低さ(鼻のアーチといいます)はどうみても現地の人の半分もいきません。私の場合はですけど(笑)

そんな訳で、色々とトライしてもずり落ちちゃってもう泣きたくなりましたが、やっと見つけたフレームはちょっとレトロな濃い茶系の大きめなフレーム、運転用なので出来るだけ太陽の光線が避けられるように選んだフレームは Ray Ban のプラステック製です、レンズも出来るだけ軽いものを選びました。

若い頃は、レイ・バンの Aviator Glasses に憧れたものですが、似合うわけも無く値段も高く高嶺の花だったけど、この歳になってやっと気に入ったフレームに出会えたのが Ray Ban だったなんて嬉しいんだけど。似合っていると思っているのは本人だけかもしれません(^^;

rayban300.jpg
益々、暑くなりますね。日本では雨の災害なども頻繁に起こっているようで
心配ですが、気分転換を忘れないように疲れた心にもブレイクしてあげましょう。





最近の You-tube を貼り付けておきましょう。さわりだけね。

貴方が、よく聴く夏のフェヴァリットはどんな曲でしょうか、ボサやクール・ジャズ、これが私の定番というのもあれば教えて下さいな。またお話しいたしましょう。



Molly Johnson - 2009.11.17 Tue

今回は、2009年のカナダの Juno Award で Best Vocal Jazz Alubum、そして同年にNational Jazz Award for Best Female Vocalist を受賞した、Molly Johnson の登場です。

molly400.jpg

始めてモーリーの歌を聴いたのは70年代の中頃に TV ショーに出ていたモーリーでした。駆け出しの舞台俳優である彼女の姉妹と二人でその番組にでていた彼女はまだ若く、多分私より少し若いか、同年代であろうと思われました。

その二人にとっては始めてのテレビ出演のような様子で、恥じらいが隠せない様子でしたがモーリーが歌いだすと、そこにはもう同じ人だと思えないほど度胸の座ったヴォーカリストの彼女が存在していました。

いまでも彼女の歌っている Summer Time のイメージが頭の中にインプットされていて、その強烈な個性が30年経った今でも忘れる事ができません。この曲は、彼女がいつもステージで歌うようなのできっと彼女の十八番なのでしょう。

そのブルージィーで、古い映画のシーンにでも合いそうな雰囲気をもった彼女の声に胸が躍ったというか、凄いもの発見しちゃったという感じでした。

彼女の長い経歴では、年代によってかなりの変化があり、Rock, Disco, Funk, Bluesと一つのジャンルに固定しなかったせいか、どちらつかずの定着したファンが得にくかったかも知れません。

80年代に入って、Alta Moda ( イタリア語で Hight Style ) というグループを作り、活躍していたのですが、音楽界でも彼らの位置づけがしずらくて、どのジャンルに入れてよいものか分からなかったようで、これも不運の原因かもしれません。

1987年に何枚目かの Alta Moda の LP レコードがでたので、何を期待して買ったのか定かではないのですが、それが Funk Groove のようでもあり、ポップスのようでもあり、なんだか居心地の良くない椅子に座っているような感じがした事を覚えています。

彼女の声が大好きなのに、このレコードのスタイルはイマイチ好きにはなれませんでした。その後、彼女の低迷期が続き一時はもう駄目かもしれないと思った事もあったそうです。90年代は、きっと彼女にとって音楽的には辛い時期だったでしょう。

51X9W298EZL__SL500_AA240_.jpg41PJCC12B2L__SL500_AA240_.jpg

ところが2000年になって、店頭で彼女のCDを見つけた時はとても嬉しかったですね。タイトルは、”Molly Johnson ”この盤ではJazzy Approach で楽しませてくれました。ちょっとカントリーぽい曲もはいってたりするのですが、全体的に彼女の良さが出されていて、Long Wave Goodbye という曲には、なんと Stephane Grappeli のヴァイオリン
がフィーチャーされていてなかなかいい感じ!

最後の曲、Don't Explain なんかビリー・ホリデーよりも自分的には好きっていうか、あまりねっちゃりしてなくて、淡々と言葉の意味を噛みしめて歌っているところが心に響いたなぁ。

その次に出たのが、2002年の ”Another Day” です。Summer Time から始まるこの盤は、全曲はジャズではないですが、彼女のけだるいソルティーで、ブルージィーな声をとても生かせている選曲で一杯。





ちょっとノスタルジックな雰囲気が全体に漂っていて憂鬱な雨の日に熱い珈琲を飲みながら聴いてみたい盤とでもいうか。

Melody は、その中の一曲で。 Holly Cole や Cassndra Wilson をプロデュースした Craig Street がこの盤をプロデュースしています。

Molly is back ! 私の聞きたかった彼女が、一番初めに聴いたあのモーリーがやっと戻ってきた。

molly2-240.jpg

そして、この ”Messin' Around” が2006年に発売されて彼女は精力的に活動している。あるインタヴューで、彼女はこれまでのように悲しい歌を沢山歌う必要もない、私は二人の可愛い子どもの母親でもあり、パフォーマーでもあり、主婦であり、妻であること!を強調しているのでした。彼女は現在とても公私ともども充実しているのでしょう。

このCDと共に彼女はフランスまで出稼ぎ(遠征)に行った。フランスでは爆発的にこのCDが売れて、一躍有名人になってしまった。ヨーロッパで発売されたジャケットは、カナダのとは違ってちょっと大人っぽいブルーのバックグラウンドの横顔だが、私はピンクのジャケットの彼女の笑顔はもっと素敵だと思うけど。選曲も、Prince , Bruce Springsteen, Gershwin、オリジナルと盛りだくさんです。

インタヴューで、”フランスでは、えらい大ヒットだったんだってね、凄く有名になってしまったじゃない” と言われて彼女は、”って言ってもねジェリー・ルイスだってフランスでは有名なのよ、そういう事だから人の話は半分に聞いていたほうがいいのよ”と謙虚な一面を持っている人だと思わせた、やはり地道にこの世界を長く生き抜いてきた彼女だからでてくる言葉には真実味があるなといやに感心してしまった。


2009年に、トップに貼った ”Lucky” でベストアルバムに選ばれました。やっと花が開いたというか、モーリーファンにとって嬉しい遅咲きの大輪なのでした。好きな Phil Dwyer のサックスも素敵、選曲もジャズファンにはお馴染みのものが多くきっと貴方にも満足していただけるでしょう。


最後に、モーリーの Summer Time で締めくくることにしましょう。




↓ この前にご紹介した、Botos のピアノがバックです。

http://www.youtube.com/watch?v=R60XuAVBLs4

↓ Molly Johnson のホームページです。

http://www.mollyjohnson.com/about.html


関連トピック → Molly Hohnson のライヴの記事はここから

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。