kennyG830.jpg

2011-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Moon  - 2011.03.24 Thu

bigmoon500.jpg
(photo by manmarukumi) ミササガから見えたスーパームーン

長い間ジャズを聴く気も起こらず、何も手につかない状態でした。でも昨日は久しぶりに Dave Young のベースをゆっくり聴いて少し気分も落ち着いてきたというか、自分でコメント欄に書き込んだ言葉を思い出しました。どこかのサイトで見つけた言葉でした。

「罪悪感にかられて日々を疎かにしないで下さい。
不謹慎という言葉を恐れて人を笑顔にするのを忘れないで下さい。
戦いは長期戦です。自分の立ち位置で自分の出来る事を
自分のペースでやりましょう。
それが何よりの貢献です」

出来る時に出来る事をやればいいんだと思うと少し気分も楽になり、このブログも続けなければと思えるようになりました。いつものまん丸を発揮できるといいなって思っています。さて今回の御題は・・

1993年からなんと18年ぶりに月が楕円(だえん)軌道上で地球に一番近づく 「近点」 に来る日と満月が重なった状態を 「スーパームーン」 と呼ばれる現象なんだそうです。

私も子丸に呼ばれて真夜中に外に出てお月様を眺めました。屋根上方に見えるお月様は確かに大きい、しかも普段よりもうんと明るく感じました。この写真ではあまりその大きさは分かりにくいですが、実際に比べると普通の時とは30%も明るいそうです。そして14%は大きく見えるのだそうです。

supermoon240.jpg
こんな写真じゃサイズが分かる訳がないですね

一番下に貼り付けた写真は英国の Brill という場所で Ian Griffin さんと言う方が撮られた写真だそうですが、その月の大きさに圧倒されます。

この夜は星も比較的沢山観察できました。寒い夜は星が綺麗に見えるような気がします。観察で思い出したのがオーロラ (Aurora Borealis) です、カナダでは Northern Lights とも呼ばれています。嗚呼何時ものように話がそれていくのがまん丸流ですね・・

Wikipedia で調べてみると:
太陽に端を発する「太陽風」と呼ばれるプラズマ粒子の流れが地球磁場と相互作用し、複雑な浸入過程を経て地球磁気圏内の夜側に広がる「プラズマシート」と呼ばれる領域にたまる。プラズマシート中のプラズマ粒子が地球大気(電離層)に向かって高速で降下し、大気中の粒子と衝突すると、大気粒子が一旦励起状態になり、それが元の状態に戻るときに発光する。これがオーロラの光である(発光の原理自体は蛍光灯と同じ)。

簡単な説明文はこんな感じですが、私は37年間に二度ほどこのオーロラを体験しました。一度は1980年代の初めオンタリオ州(トロントの郊外)で寒い日だったように記憶しています。こんな場所でまさかオーロラを観察できるとは夢にも思いませんでした。

天からヒラヒラとカーテンが舞い降りてくるような感じというか、その神秘的な色の大舞踏会は言葉では表されないほど不思議な現象でした。かなり長い時間続きましたが後にも先にもこんなスケールの大きいオーロラを見た事がありません。色は緑系と赤が多かったと記憶しています。私の観察したのはカーテン状にはっきり光る 「ディスクリートオーロラ」 と呼ばれる種類だそうです。他にはぼんやり光る 「ディフューズ(拡散)オーロラ」 など3種類ほどあるそうです。

もう一回は、1990年代の初期にブリテッシュ・コロンビア州の山中(4年間ほど熊のでてくるような山の中に住んでいた)で空が暗いという感じではありませんでしたが、オーロラははっきりと観察出来たので多分夕方になりかけた頃だったのでしょう。丁度日本から友人達が訪加していて一緒に見た記憶があります。

「あれ一体なんや?」と言われて空を見上げたらオーロラが出ていました。こちらは小さいオーロラでしたが偶然に観察できたこの現象に友人達は大喜びでした。だってオーロラの旅と称して組まれている旅でさえ実際にオーロラを観察できない時もあるので、本当に偶然に起こったこのオーロラ現象は彼らにとって幸運な出来事だったでしょう。科学的に説明されるとなんだかあっけないですが、こんな原理を知らないカナダ・インディアンの祖先達はどんな思いでこの神秘的なオーロラの現象を見つめたんだろう。

bigmoon2-400.jpg
あまりに近くて大きくて少し恐い感じもしました。

さて話を月にもどして、月に由来した曲ってどの位あるのかと思い調べてみたら結構沢山ありました。でも自分の知っている曲はほんの少し。「月の砂漠」 とか 「まんまるお月様」 はすぐに思い浮かびますね。それと Fly Me To The Moon とか Moon River 、私の年代になると Pink Floyd の Dark side of the Moon、Neil Young の Harvest Moon, Van Morrison の Moondance とかすぐに思い浮かびます。まん丸の大好きな How Hight the Moon も忘れちゃいけないですね。

他にもこんなタイトルが、Shoot the Moon, Bad Moon Rising, Man on the Moon, Walking on the Moon, Sister Moon, Shooting for the Moon, Moon of Alabama, Moon at My Window, Moonlight Sonata, Beneath a Desert Moon, Black Boon, Moonflower, Dancing in the Moonlight, Paper Moon, By the Light of the Silvery Moon, Destination Moon, Mr. Moonlight, などなどベートーヴェンからビートルズまで月にまつわる曲って案外沢山あるのですね。

今回紹介するのはLee Morgan の 「月の砂漠」 Desert Moonlight です。1965年の録音だから Morgan はまだ27歳という若さです。オリジナルは大正12年3月に少女倶楽部で発表された、加藤まさを作詞/佐々木すぐる作曲の作品ですがどういう訳か Morgan のコンポジションと言う事になっています。作者があやふやなのは時代的によくある事だったのでしょか。

Lee Morgan (tp)
Joe Henderson (ts)
Ronnie Mathews (pf)
Victor Sproles (b)
Billy Higgins (ds)

Recorded at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ, April 21, 1965
Blue Note BLP 4199


You-tube by Kazzcriss

なかなかイカシてるでしょ。でも Lee Morgan は残念な事に33歳という若さで 亡くなってしまいました。”Three Wishes” というジャズ・マン達の三つのお願いを集めた本がありますが、その中で Morgan の Three Wishes は:

1.”To be held in high esteem by my fellow jazzmen, as well as by the audienes - I mean the jazz public.”

2.”To make oodles of money, and use it wisely”

3.”To make a wonderful husband and father.”

どれも彼が生きていれば全てを手にした事でしょう。最後の素晴らしい夫と父親というのがどうにも寂しい限りです。だって Morgan は新しい恋人と未来計画を立ていたのだから。

もう一曲、まん丸のお気に入りは Dina Washinton の Destination Moon は文句なしに楽しい一曲です。さて貴方のお気に入りの Moon Song は何でしょう?



スーパームーンを眺めてまん丸は月に願いを託しました。まだまだ救助が行き渡らない地域が沢山あるそうです。一刻も早くそれらの人々のもとに救助の手が届きますように!

supermoon at UK500
supermoon: The full moon of March 19, 2011 a so-called supermoon -rises over the villiage of Brill in the U.K. as seen by skywatcher Ian Griffin (photo: Ian Griffin)


スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。