kennyG830.jpg

2012-06

The world according to David Braid 5/30/2012  - 2012.06.23 Sat

ph5-500.jpg
( photos by manmarukumi )

精力的に国内、国外(中国の音楽大学などの講義などを含めた)でのライヴやコンサートをこなしている David Braid の今年始めてのトロントでの初ライヴが久々に Paul Hahn & Co. であるというのでジャズ仲間さん達と連れ立って行ってまいりました。

ph4-500.jpg

しかも初ライヴがフリー・コンサートというのだから驚きです。この後、7月にはオーストラリア・ツアー、そして10月にはデンマークでのツアーが待っているそうです、その合間をぬってカナダやステーツなどのコンサートを積極的にこなしている David ですが、今夜はリラックスしたお顔を拝見する事が出来て幸せでした。店内には50人あまりのファンが所狭しとピアノ・ベンチに陣取ってサーヴィスのワインなどを楽しみながら David を迎えました。


davidbraid_verge_dss.jpg
VERGE DAVID BRAID (2011)
le phare
the way you look tonight*
el castillo interior
richmond sq□are*
semi-unconditional
春江花月夜* (Spring Garden Night)
bali tian's day
reverence

Piano, Prepared Piano* David Braid

All Compositions by David Braid
except "The Way You Look tonight" and "春江花月夜"
Recorded December 20-22, 2010 at Remenyi House of Music
Toronto, Canada

今回のライヴは、新譜 "VERGE" からの選曲でした。この盤は2012年に JUNO Award Winner に選らばれています。クラシカル、ジャズ、ワールド・ミュージックの融合、ひとつのジャンルに収まりきれない David Braid の世界を堪能しました。今回のハイライトは中国のフォーク・ソングである 「春江花月夜」 という美しい琴曲を David のピアノで再現するという楽しい演奏でした。

CDと生の演奏ではかなり印象も違って、今回の演奏では David の選択で彼のお気に入りの1935年製の Model 'M' Steinway Grand Piano を使用しました。そのピアノのストリングスの合間になんとあの割り箸を所狭しと突き刺していく容赦のない姿、君は鬼か!ピアノ泣かせの David さんでした。これを許可したオーナーの Alex は偉いというか寛大というか、David Braid の才能を高く評価している彼女なら出来ることでしょう。



貼り付けの中国の Beijing University Concert Hall (2010年4月)での You-tube でご覧頂くと分かりますが、ピアノのストリングを巧みに使って中国の琴の音色を上手く再現しています。その為にチャップステック(割り箸)などをピアノ線にあてがって微妙な音を調節しているのですが、これは家で真似をしないで下さいと注意事項がありました、調律師泣かせの技でもありますね。(笑)

新譜はDavid の静寂の世界というのでしょうか、ジャズの盤と期待していると少し期待外れします。これはもうジャンル抜きで彼の世界を楽しむ趣向で製作された盤でしょう。"The way you look tonight" 以外は全て彼のコンポジションです。そしてこの曲のアレンジの面白さもきっと貴方の耳を釘付けにするでしょう。

ph2-400.jpg ph3-400.jpg ph1-400.jpg
コンサートの後は、なんと景品(タダの調律など)まで当たるくじ引きまで用意されていました。なんというサーヴィス精神。


全ての曲は彼らしさというか彼そのものでしょう、しかしこの中の一曲 'Reverence' はまだ彼が大学生の頃に始めて作曲したというもので、若い溌剌としたメロディーから今の彼とは違った新鮮さが感じとれました。Carefree (伸び伸びとした)というか、とても自由に空を飛んでいる感覚を覚えます。これを新譜の最後に持ってきた彼の思い入れは何でしょう。機会があれば是非彼の世界を経験してみて下さいな。

今月からトロント・ジャズ・フェスティヴァルが開催します。6月末には Rex Jazz Bar で David Braid Sextet のライヴがあるのでどっぷりと熱いメイン・ストリーム・ジャズも聴けることでしょう。お席が取れるといいんだけど、どうなりますやら。



これは竹田の子守唄のアレンジです、Popular Japanese Cradle Song を友人のギタリスト徳永英彰さん( 興味のあるインタヴューはここをクリック )から教わったそうです。この子守唄では眠る事ができないでしょうが、なんと興味深いアレンジでしょう、いつもチャレンジ精神旺盛の David です。

davidbraidatpiano500.jpg

以前にピアノのカテゴリーで彼の事はご紹介済みですが、ちょっと独特な彼の世界に浸ってしまうと癖になります。嵐の前の静寂さというか彼の中に秘められた台風とはいかに、要チェック!


ライブの後は、皆でお食事へ。
今夜もいつもの場所へ直行 「とんかつ定食」 が美味しいのね。
皆とコンサートの話しで盛り上がる楽しい夜は更けていくのでした。


pianoatph340.jpg
Paul Hahn & Co. homepage from here.


最近ラップトップの調子が悪く、長い間使っていると異常に熱くなってしまいます。今回のトピックは少しづつ書き溜めてアップしたのでえらく時間がかかってしまいました。早くなんとかせねば・・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード