kennyG830.jpg

2012-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Best 3 in 2012 - 2012.12.28 Fri

santa2-500-2012.jpg
( photos by manmarukumi 2012 )

今年も残り少なくなってきましたね、日本の皆様はお元気でお過ごしでしょうか。クリスマス前に更新しようと思っていたトピックも今頃になってしまいました。タイム・マネージメントまったく出来てへん!

昨夜は吹雪で気分的にラップトップに向かってポチポチとキーを打つ気にもなれずソファーに丸くなって日本からの音源などを聴いて過ごしたので、今このサンタの写真を見ながら 「もうぼつにしょうか、どないしょう、まあええかぁ」 とせっかくモールまで行って撮ってきたのだからと更新する事に決定!

さて毎年モールには、こんな感じでサンタさんが登場する。子供達が順番を待ってサンタさんと写真を撮る分けですね。その設置もなかなか豪華なもので、郊外にあるモールは年々セットも派手で大きくなっていくような気がします。モールの中心にある天井のドームからも星が散りばめてあってなかなか綺麗な仕上がり。サンタさんのお家に星が降り注ぐ感じにデザインしてあるのでしょうね。それにこのサンタさんもなかなか貫禄があってよい感じでした。たまにショボイ、サンタさんも出現するのです(笑)

sq1-4-2012.jpg sq1-2-2012.jpg sq1-3-2012.jpg

それからダウンタウン・トロントのデパートのショーウィンドーの飾りつけも今年は見る機会がありました。安っぽい現代的な飾りではなくレトロなヴィクトリア調のチャールス・ディケンス(Charles Dickens) の世界ではありませんか。特にこの近年の世界状況に人々は昔の古きよき時代を求めているのかなって思わずにいられませんでした。

昔風の機械仕掛けで動く人形達が繰り広げるレトロな温かい風景、暖炉を前に集う大家族のシーンなどショー・ウィンドーの中の世界は平和の象徴かもしれません。歩道を行きかう勤め人が足を止めて見入っているのが印象的でした。今思い出すと70年代の初め頃にはこういうおとぎ話のようなディスプレーがお金に糸目をつけないかのごとく豪華に作られていたように思います。子供達は毎年デパートメントのディスプレーが楽しみで、それを見学に行く事自体がイヴェントだったのですが、何時の頃からか夢を抱かせるような楽しくて豪華なディスプレーが消えていったのでした。経済情勢の悪化、急激な近年のノン・クリスチャンの人口増加なども関係しているのかもしれません。最近の挨拶に "Merry Christmas" と言わずに "Happy Holiday" と変化していったように、そんな分けで思いがけなくこのようなディスプレーを観る事が出来て少し嬉しくなりました。残念な事に肝心のカメラを忘れてしまいました。

さて、今年もあの季節になりました。今年はじっくりとCDを聴いている時間もなかったので 「私のベスト3」を選択するのは少し難しいです。沢山の新譜は少し聴いただけでまだ机の上に山積みにされたままなので、今年は新譜を選出する事は止めました。それでひょいとCDプレーヤーにセットしてよく聴いていた盤を挙げたいと思います。それらは結局お気に入りだから私のベストに入るのかもしれませんね。

3david_virelles_oblivion.jpg
OBLIVION - David Virelles Trio (2008) Marshmallow Records
David Virelles (p), Davon Henderson (b), Francisco Mela (ds)

1. Tempus Fugit
2. The Fruit
3. Longina
4. Hallucinations
5. Introspection
6. Oblivion
7. Novia Mia
8. LaMesha
9. Off Minor
10. From This Moment On

キューバ出身の若手ピアニスト、新鮮な息吹を感じさせてくれる現代的なピアニストだけど、かと言って古いものを蔑ろにするということはなく好感度が高いパフォーマンス。流石マシュマロ・レコードが目をつけたピアニストだ、 今年の初め頃に Ravi Coltrane Quintet での彼の演奏を聴いて益々好きになりました。日本でももっと人気が出てもよいと思うのだけど、これからが期待の星!

51W1ZN2jUvL_SL500_AA300_.jpg
WHEN I WAS AT ASO-MOUNTAIN - Elvin Jones (1993) enja
Elvin Jones (ds), Sonny Fortune (fl,ts), Takeshi Tanaka (p), Cecil McBee (b)

1. Beautiful Love
2. I Was Too Young
3. You Don't Know What Love Is
4. My Dream Come True, To E.J.
5. Dream Gypsy
6. When I Was At Aso-Mountain
7. Soultrane
8. stella By Star Light

これは二年前に大阪のジャズ仲間さんに紹介して頂いた盤、大阪のジャズ・バー「セント・ジェームス」 のオーナーでもあるピアニストの 田中武久 さんがフィーチャーされているアルバムです。とにかく彼のピアノが気持ちよさそうに歌っている。Cecil McBee のベースもいいなぁ、辛口の You Don't Know What Love Is がお気に入りです、この盤もよく聴きました。

onishi2-300.jpg
Wish - Manabu Onishi Trio (2010) Atelier Sawano
Manabu Onishi (p), Jean-Philippe Viret (b), Simon Goubert (ds)

1. I'm Yours
2. Wish
3. My Foolish Heart
4. Nebula
5. Continuous Rain
6. Hikari
7. What A Wonderful World

訪日した時に購入した一枚、気持ちがざわざわしている時に間違いなく心を沈めてくれる鎮静剤。トリオの一体感が素晴らしく一つ一つのパートが活き活きしていて繰り返し聴いていてもまったく飽きない。大阪は通天閣の側にある澤野工房の記念すべき100枚目盤でもある。

418AD4V4FSL__SL500_AA300_.jpg
Copenhagen Dew - Duke Jordan (2000) Marshmallow Records
Duke Jordan (p), Hugo Rasmussen (b), Ed Thigpen (ds),
Jesper Thilo (ts), Bent Jaedig (ts)

1. Scrapple The Apple
2. Everything Happens To Me
3. The Bullet
4. Quasimodo
5. Flight To Jordan
6. What's New
7. A Tisket A Tasket

最近、嵌まってしまったのが Duke Jordan なのだけど彼の淡々としたプレイが心地よい。この盤の”The Bullet” を聴いてノック・アウトされてしまった、ベースの疾走感がいい、フロント2管が素晴らしい、とにかくカッコイイ!まるでフィルム・ノワール(Film Noir)の映像を観ているようなスリル感なのね。この曲だけでもこの盤を聴いた値打ちがあったと思わせてくれた盤でした。さっこれでやっと今年もドラさんちの 「マイ・ベスト・3」 に参加できそうですよ。

ml450-1-2012.jpg cityhall2-2012.jpg cityhall3-2012.jpg
(図書館の東側、市役所の塔がライトアップされてます、木々の右横にスケートリンクあり)

ある夜、思いついて市役所と図書館のある広場に出向いてみました。車から見えた夜のライト・アップがあまりにも綺麗でクールな色だったので、まん丸の住処から歩いて3分もかかりません。流石に誰もいないと思ったらまん丸の前に先客が一人、同じように写真を撮っているではありせんか。でもあまりに寒かったのですぐに去っていきました。この広場にはスケート・リンクもあるのでこの冬は絶対に一度は滑りにこなきゃね。子丸がクリスマスの日に見たら芋の子を洗うように一杯だったそうです、やはりできれば普通の日に来ることにしましょう。

holtp450-2012.jpg

ある日アップタウンにある高級品を集めたデパートでまん丸とM子女史はウィンドー・ショッピングを楽しんでいました。何処からかジャズが聴こえてきました。店内の隅になんと透き通ったボディーのピアノが設置されピアニストがビル・エヴァンス風にBGMを流していました。こんなピアノを見たのは始めて、曲が終わるのを待ってピアニストに写真を撮っても良いか聞いてみました。もちろんいいですよ、どうぞと言う具合でパチリ。この時期になると人の集まる場所には生の演奏を提供している処も結構あって、ある時はオフィス街のカフェテリアにもギターとサックス(女性奏者)のデュオをみかけました。人混みの中にめったに出かけないまん丸は少しお疲れさんでしたが、M子お姉さまと楽しいホリデーのひと時を過ごし満足しました。美味しいチャイ・ラテとデニッシュをご馳走様でした。

さあ残り少ない2012年です、皆様も体調に気をつけてお暮らしくださいな。
来年が皆様にとって健康で良い年でありますように。
災害にあわれた皆様の復興が少しでも早く捗りますように。
そして世界中の一人でも多くの人々が平和な年を迎える事ができますように!



まん丸クミ

cityhall280-2012.jpg
Best Wishes for the New Year!

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。