kennyG830.jpg

2013-12

My Best 3 in 2013 - 2013.12.31 Tue

chirstmasdinner500-2-12-25-2013.jpg
( photos by manmarukumi 2013 )

このホリデー・シーズンは、厳しい天候に見舞われました。多くの人々は寒い暗いクリスマスを迎える羽目になりました。なんとトロント周辺の広い地域で300,000件の住居がクリスマスの3日前から アイス・ストーム (←このストームの恐さをここをクリックして見て下さい) の被害の為に停電になりマイナス10度という寒さの中、暖房も電気もない日々を過ごすという状態でした。まん丸の兄の三角の地区もなんと7日間も停電になり、石油ストーブを偶然に持っていた近所の友人宅に非難するという状態でした。しかも温度は下がる一方で水道管が凍りそれを解凍する為に何度も家に足を運び水道管が破裂しないように努力していました。その為に予定していたクリスマスのディナーもキャンセルという具合でした。

このアイス・ストームではフリージング・レインという雨、物体に降ると瞬間に氷になってしまう恐ろしい雨をもたらしました。木々の枝は降り注ぐフリージング・レインの為に段々重くなり耐え切れなくなり折れてしまいます。古い地区の大木は電線をなぎ倒し(新しい地区では地下に電線が通っています)、家や車の上に容赦なく倒れていきます。道路はスケートリンク状態になり車にとっても人にとても危険な状態です。しかも切れた電線が雪や氷で感電するのでとても危険になるのですね。トロントの二つの大きな病院も停電になり大変でしたが、そういう分けで多くの方々がこのホリデー・シーズンを返上してこの災害に対処しておられました。

現在もまだ停電している地区があり、東に移動したアイス・ストームはケベック州やニューブランズウィック州にも酷い被害を及ぼし、しかもこの数日は温度がもっと下がりなんとウィ二ペッグ州では現在風速が加わりマイナス46度という温度に下がっています。100年来の寒さだそうです、マイナス50度になると5分間外にいると肌が凍るそうです。幸いまん丸の地区は酷い被害も免れて停電もなく快適な生活を続ける事が出来ましたが、この寒さの為に間違った方法で暖を取ろうとした何人かの方がお亡くなりになった事を思うと、自分の所は大丈夫だったと喜んではいられないのでした。今も多くの技師の方々が普及作業を継続しておられるのでもう少しの辛抱で電気は皆さんの家庭に戻る事でしょう。明るいお正月が迎えられるといいですが。

christmascookies400 120-25-2013 gingerbreadc400-21-25-2013.jpg gingerbreadc400-2-12-35-2013.jpg

さて上の写真は、いつもまん丸のファミリーが楽しみにしているクリスマスのクッキー達です。ジンジャーブレッド・クッキーやシュガー・クッキー、そしてアーモンドを粉にして作るアーモンド・クレセントなどなど、この時期だけに焼くお菓子を楽しみにしている子丸の為に焼きますが。ジャズ仲間さんにもお裾分けします。黒胡椒の入ったジンジャーブレッド・クッキーは少し大人の味、ほんのり甘いシュガー・クッキーも人気です。オーブンから流れ出るこの香りに包まれるとやっと一年が終わったのだという気分になります。

今年は去年に引き続き色々と忙しい年でした、住み慣れた家からコンドに引越して15ヶ月になり新しい生活もやっと落ち着いたと思いきや、還暦をまじかに再就職を果たしたまん丸です。その為に少し今までのチンタラ生活から変化が起こり色々と多忙になりブログもままならない状態でしたが、新しい年からは少しルーティンが出来ればまたブログ再活動と思っています。

いつも更新すると訪れて下さる皆様や更新が滞っていると気にかけて下さる仲間の皆様に感謝です。心から有難うございます。細く長く続けていくつもりですので宜しくお願い致します。

さあ今年の 「私のベスト3です」、今年は良いライヴの当たり年でした。そしてカナディアン盤も含めて結構沢山のCDを聴く機会もありベスト3の選択は難しいでしたが、あえてカナダ盤を選ぶ事にします。この三枚は甲乙付けがたいです。どれも何処か素晴らしい箇所があり、他には譲れないという感じなので順番は抜きで選んだものです。

peterappleyardcd300-12-30-2013.jpg
Peter Appleyard "The Lost Sessions 1974"
Peter Appleyard and The Jazz Giants
Peter Appleyard (vi)
Slam Stewart (b)
Hank Jones (p)
Zoot Sims (t.sax)
Urbie Green (tb)
Bobby Hackett (cornet)
Mel Lewis (ds)

何十年という長い間眠っていた貴重な録音盤、そのメンバーの素晴らしいこと。貴重と言うだけでなくその内容も申し分のない出来だと思います。Bobby Hackett のコロネットの音色がこんなに素敵だとは、一人ひとりの良さを再確認させてくれた一枚。今年亡くなられた Appleyard さんからの最後の贈り物!

Tom_Szczesniak_Waltz_For_Bill_Cover300x300.jpg
Tom Szczesniak "Waltz for Bill"
Tom Szczesniak (piano)
Scott Alexander, Neil Deland (bass)
Bob McLaren, Stephan Szczesniak (drums)
Micheal Stuart (vocal, tenor sax), Doug Mallory, Cal Dodd (vocal),
Les Allt (flute)
Colleen Cook (clarinet)
Neil Deland (french horn)
Rob Peltch, Bob Mann (guitar)
String Orchestra

All tunes arranged, orchestrated and conducted by Tom Szczesniak. 2011

ライヴであっと言わせるアレンジメントの面白さと繊細なタッチで観客を魅了する Szczesniak (スズ二ィヤック)さんの盤には珍しく三人の男性ヴォーカルが入っています。その中の一曲でもうノックアウトされました。ストリングから始まるこの曲 "I'll be Seeing You" に乗ってスモーキーな Doug Mollory のヴォーカルが心に沁みる。この盤でしか聴く事のできない珍しいカナディアン・メール・ヴォーカルの面々が嬉しい。

daveyoungterrypromaneoctet300-2013.png
"The Dave Young Terry Promane Octet"
Kevin Turcotte (tp)
Vern Dorge (al.sax)
Mike Murley (t.sax)
Terry Promane (tb)
Perry White (bi. sax)
Gary Williamson (p)
Dave Young (b)
Terry Clarke (ds)

Recorded at Drive Shed Studio, Toronto Canada May 24/25 2012

一曲目の" Manteca" の始まりからこのオクテットの素晴らしさが溢れ出ているではありませんか!バップ大好きのまん丸には久しぶりに満足の一枚です。しかも参加しているミュージシャンがお気に入りのサックス奏者 Mike Murley や、トランペッターの Kevin Turcotte や、ピアノの Gary Williamson などが名を連ねています。この盤は今トロントで活躍しているホットなミュージシャンの集合で、所謂カナディアン・サウンドとでも言うのでしょうか。真にこれは現在のカナディアン・ジャズの新原点といってもよいくらいカナダらしさが満載された盤だと思えます。今年はずっと聴きたいと願っていた Kevin Turcotte を生で聴けた、そしてその演奏は実に良かった!ライヴでは満足の一年でした。

さっ、これからドラさんの所( ドラさんのジャズコーナー )へ今年も 「私のベスト3」 に参加してきましょう。なんと今年は15回目になるそうです。この10年位(私は2001年から参加)でハンドルネームが3回も変わったばあ様ですので自分で見直してもいったい誰なのか(笑)、しかしそれらを見てみるとこんなモノを選んでいるのかと思えるような盤もあります。音楽って不思議なモノでその時の精神状態や環境で色々な感じ方をしているのだなってつくづく思います。同じ盤を何回も聴いていると今まで聴こえなかった囁きとか風景が見えてきますものね。そういう事を語れる場所があるばあ様はとても幸せだと思います。

皆様の2014年が健康で明るい年でありますように、
そして世界中の一人でも多くの方々が平和で安全な暮らしが出来ますように。


gingerbreadc250-12-25-2013.jpg
まん丸クミ

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード