kennyG830.jpg

2015-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Belated Happy New Year ! 2015  - 2015.01.15 Thu

cityhall500-1-1-2015.jpg
( photos by manmarukumi 元旦2015 )

遅かれながら明けましておめでとう御座います。皆様はお元気でお過ごしでしょうか、あっという間に一月も中旬になってしまいました。2015年は寒い日々から始まりました。なんと一月に入ってからは風速が加わってマイナス30度という過酷な寒さに見舞われた日もあり。トロントのホームレスの方が命を落とす惨事が起こりました。市はホームレスの人々を安全な場所に保護する為に色々と努力されているようですが、思うように事は捗らないようです。

さて冒頭の写真はミササガ市のカウント・ダウンの様子です。元旦はマイナス18度という寒さでしたが、若い人々は寒さに強いというか、この寒さの中何時間もお祭り広場で催されているショーを観賞していました。ばあ様はコンドのバルコニーからこの写真を撮っただけで、さっさと暖かい部屋に戻りました。その後道路が凍結ストリート・カーが運行できなくなったり、水道管が破裂したりでメイン・ストリートがとても危険な状態になり封鎖されたりと、この寒さは半端でないので北国の本当の厳しさを感じる今日この頃です。

cityhall500-1-3-2015.jpg
(一月二日は、朝から雪が降って銀世界に 2015)

さて今年の初聴きは、大好きな Chet Baker です。お気に入りの盤 "You Can't Go Home Again" は、Chet だけでなく、私の好きなアルト・サックスの Paul Desmond の参加が見逃せません。しかもこの盤は、 Paul の最後の録音なのです。 彼はこの時すでに肺癌におかされ、かなり最悪の状態だったようですが、この録音の為にスタジオに入り、この一曲を録り終えるとすぐにアパートに帰ったそうです。4ヵ月後に彼は友人に看取られて静かに眠りに着かれたそうです。彼のホーンの音色が少し弱々しく感じるのはそんな訳なのかしらと、搾り出すような哀愁帯びた Paul の音色に耳を傾けるのでした。

この盤の選曲が、この時期の Chet をとても活き活きとしたトランペッターとして反映させていると思います。それはアレンジャーの Don Sebesky の才能も大だと思えますが、メンバーの名前をご覧になれば一目瞭然ですね。この盤は各曲が長いにもかかわらず、まったく退屈させません。その細部にいたるケアーはこの Sebesky の技なんでしょうが、それぞれのミュージシャンのパートが本当に素敵なんです。年末からずっと Chet の作品を聴いていたのですが、"She Was Too Good To Me" も Sebesky のアレンジなんですね、この二枚をいつも混乱させてしまうばあ様なのです。とにかくこの "You Can't Go Home Again" は、ジャズが苦手という方でも、色々な要素が入っているので取っ付き易いのではないかと思います。とにかく Chet がバリバリにカッコいいのである、ばあ様が頻繁に聴く一押しの一枚です。

youcantgohomeagain350-2015.jpg
Chet Baker / You Can't Go Home Again ( 1988 Jazz Heritage )
Chet Baker (tp)
Michael Brecker (sax)
John Scofield (le .g)
Richard Beirach (el. p, clavinet)
Ron Carter (b)
Alphonso Johnson (el.b)
Tony Williams (ds)
Ralph MacDonald (percussion)
Hubert Laws (flute)
Don Sebesky (el. p)

1. Love For Sale (12:58)
2. Un Pocl Loco (9:20)
3. You Can't Go Home Again (5:43)
4. El MOrro (13:38)


その他には:
"September Song" (2002) Marshmallow - Duke Jordan と Jesper Lundgaard の素敵なトリオ盤。
"Sentimental Walk in Paris" (1985)Larghetto Music - Vladimir Cosma の 「デヴァ」 から Chet にタイトルを吹かせちゃってる。 フランスでしか創らないであろう内容の映画の映画音楽です。
"She Was Too Good To Me" - Don Sebesky のアレンジはいいね!

septembersong300-2015.jpgchetsentimentalwalk300-2015.jpgchet she was too good to me 300-2015

などなどを聴いていました。さて皆様はどんなアルバムを聴かれたことでしょう。ジャズ仲間さんのブログでは何人かの方が同じアルバムを聴いておられたり、なるほど・・・な~んて思ったり。皆様の好みやスタイルを垣間見ることができました。なかなかコメントが残せなかった去年でしたが、今年はもう少し楽しく会話が出来ればと願います。お時間があればまた貴方(貴女)の初聴きを教えて下さいな。

では今年一年が皆様にとって健康で、安全で、平和な年になりますように。
災害、震災で大変な環境を今でも強いられておられる皆様に、
迅速な救助や補助の進歩がもたらされますように。


まん丸クミ
coda300-2015.jpg
スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。