FC2ブログ
kennyG830.jpg

2020-11

What did you get up to? No3 - 2020.11.01 Sun

birthday card 500x315
(photos by manmarukumi 2020)

今日はキッチンブログ化したジャズブログの最終回です。いゃ~もぅ、ばあ様はこれでもか!というほど粉をこ練まわしていました。そのお蔭でこの閉鎖された期間を乗り切ったと言っても過言ではないと思います。その反動というか小丸はこの半年間にかなり体重が増えて、ちょっと可哀そうな事をしてしまったと・・・しかし本人も喜んでいたのでまあ仕方ないかという事です。

↑の写真は、お誕生日に日本の友人から届いたカードです。立体的にデザインされた面白いカードで心が和みました。なんと秋刀魚が美味しそうに焼けています。団扇の裏側にはメッセージが書けるようになっております。洒落っ気があってなんと素敵なカードでしょう、これを受け取った時は思わす、頬が緩みました。何故かこういうのを目にすると、自分と日本の繋がりがまだしっかりとあるんだなと嬉しくなるのですね。T&T いつもありがとう!

chick corea plays 300x300

今日の朝は、眩しいほどの光がスクリーンの合間から流れ込んできました。ずっと曇った日が続いていたので、本当にこの明るさが気持ち良い!それにこの新譜がその朝の光りと空気にぴったりと合っていたので余計に嬉しくなりました。少し音量を上げて Chick Corea のソロピアノを楽しみました。クラシカルのピースとスタンダードを交互に配置した盤は違和感なく、ただただ楽しく聴けたという作品で、ばあ様的にはなんだか癒しの一枚になってしまいました。

chick corea plays songs 450x

この気持ちの良い日にこの記事を完成させましょう。だってまだまだ他の事を書かねばならないのですもの、このコロナの期間にばあ様が集中していたリサーチや、まったく意味のない馬鹿げた楽しい事なども・・・

さあ最終回は、どんなパンが登場するのでしょうか。

butter rolls unbaked 490x365 butter rolls mistake 490x367 butter rolls 490x367

まずはバターロール、一度目は留めがあまかったのか焼いている途中で開いてしまった状態です。二回目はちゃんと開かないようにしっかりと留めたら上手く焼けました。こういう失敗をしながら学んでいくプロセスが面白い。なんでこうなっちゃうのという疑問から上達する。

bread 1 489x365 bread 2 490x365 bread 3 475x365

今日本で流行っている生食パンというのに挑戦しました。このパンを焼くためにアマゾン・カナダから四角いフタのついたパン焼き型まで手に入れました。到着するのに一か月かかりました。なんと新潟の燕市から送られてきました。

生食パン用の生地はベタベタしており、普通のパンの生地とは大違いで箱を満たす分量も何故か上手くいかず、このように四角い箱をみたせず山の状態で焼き上がりました。味はそこそこ。真ん中のは二回目のもの、だいぶ箱をみたしているので四角い形が形成されていますが、やはり少し焼き上がりにへこみができています。右端のは三回目の挑戦、だいぶまともな感じになっています。四回目でやっと箱を満たせ、しかもへこみのないものが出来ました、一件落着。

english muffins 2020 english muffins 490x367 with english muffin 490x367

まずはいびつな形のイングリッシュマフィンです。綺麗な円形で焼いてみたかったので、ミルクのカートンで作った手作りの輪に銀紙をまいて作った、お手製の型でやいたもの、素晴らしく綺麗に丸く焼けました。このイングリッシュマフィンを横半分に割ってトーストにし、上に青菜のArugula、サラミ系のコールドカット、目玉焼き、マッシュルームのソテーをトッピングした朝食を作りました。もう市販のものは食べる気がしない。

melonpan 2 490x365 melonpan 490x367 banancake 490x364

一番始めに作ったメロンパンは、粒子の細かいペーストリー用の小麦粉が手に入らなかった為に中のパンが少しかっちりとした硬めの生地で焼き上がり、ふわっとした感触がなかった。カヴァーされている衣のビスケットはそれなりに良かったけど、やはり日本で食べたあのメロンパンのように中フワフワ、外カリッとという感じではなく、全体に重い感じでした。しかし二回目には、手に入ったペーストリー用の小麦粉を三分の一程度加える事で、なんという事でしょう、パン生地が嘘のように柔らかく感触がまったく別物になりました。まるで日本に売っているメロンパンのように焼き上がり、小丸もビックリ!
お次はバナナが豪快に入っているバナナケーキです。今回はパン系に集中していたのでケーキやペーストリーはあまり焼いていませんが。バナナがあまっていたので作ってみました。珈琲によく合う甘くない大人の為のバナナチョコケーキです。

popover2 490x367 popover 490x367 cinnamonbuns 490x361

これは日本では珍しいポップオーヴァーというものです、英国の方ではヨークシャープディングといって、鉄のフライパンとか大き目のクッキングパンで生地を流し込んで焼くものですが、これは個々の型に流し込んで素早く高熱で焼き上げます。始めに型をオーヴンで熱く熱しておき、液状の生地を流し込んだ時にこのように型からモコモコと飛び出してくるので、ポップオーヴァーと言うのでしょう。パリッとした皮と中がしっとりとした食感で、ローストビーフとか、パイなどと一緒に頂きます。この型はもう何十年も前に買ったものですが、あまり使っていないのでほとんど新品ですね。

右端は小丸の一番好きなシナモンロールです、これはもちろんイースト菌で発酵させていますが、ずっと昔から作っているものは、一昼夜寝かせて、次の朝に焼くというものでした。パン生地がとてもしっかりとしているというか、夜クールな場所で寝かせる為にゆっくりとイースト菌が発酵する為か味も深いというか、その手間を省いたのが今回のこれです。でもやはり時間をかけて作ったものには一味違うという気持ちが入っているのか、美味しさが違うような気がします。気のせいかな?

curry buns 490x365 curry buns 365x486 blueberry muffin 490x367

さてお次は、油で揚げないカレーパンです。ちょっと健康志向、これだけ不健康なモノを作っておいて今更ですが、油でベトベトしないオーヴン焼きのカレーパンは軽くて胃にもたれません、でもやはり油で揚げたほうがカレーパンらしいかも。次は昔から焼き続けているブルーベリーマフィンです、優しい甘さとレモン味を効かせたもの。

sausage spinach unbaked 488x360 sausage spinach bun 489x360 pork buns 490x365

これは小丸のお気に入りのソーセージとほうれん草とチェダーチーズの入ったバンです。焼きあがると香ばしい匂いが漂います。軽いランチに最適です。最後に「豚まん」です、関西ではそう呼びますが、きっと関東では「肉まん」と呼ばれているのでしょうか。具が溢れんばかりに詰まっていて、皆がとても喜んでいたものです。タケノコがなかったので、ブロッコリーの芯を代用したら、そのシャキシャキ感がぴったりでした。ないものを何で代用するかというのも、上達の一つのようです。この豚まん二つとお汁で夕食は十分なばあ様でした。

このパン作りのトピックは、これで終りのつもりです。この長いコロナの期間(今でも続いておりますが)の記録を認めておきたいと思いました。これを見返して「このおばはん、ようやるわ!」と早く笑える日が来るといいなと思います。


new album 300 2020

さて少しだけジャズのお話、ようやく気になっていた、Diana Krall の新譜 This Dream of You を聴きました。2016年と2017年に故Tommy Lipuma と共にレコーディングされたものを self-produced した盤。Diana はデビューして以来ずっとフォローしていたカナダのアーティストですが、Glad Rag Doll 辺りからなんだか違和感を覚えるようになって少し遠ざかっていた頃もありますが、この新譜はどんなものかと期待と不安を持って耳を傾けました。

答えは聴いて良かった、彼女が帰って来た!という感じです。すこし声質が年輪を重ねているようですが、やはり Diana節は健在で素敵。選曲も私好みで申し分なしというところでしょうか。久しぶりにヴォーカルを楽しみました。ミュージシャンの面々も昔のトリオから Christian Mcbride やら Russell Malone など、その他 John Clayton, Jeff Hamilton, Anthony Wilson などお馴染みのメンバーがサポートに回っており頼もしいですね。ピアニストの Alan Broadbent まで豪華な参加者です。

But Beautiful, That’s All, Autumn in New York, Almost Like Being in Love, More Than You Know, Just You, Just Me, There’s No You, Don’t Smoke in Bed, This Dream of You, I Wished on the Moon, How Deep is the Ocean, Singing in the Rain

ねっ素敵な選曲でしょ、But Beautiful から Singing in the Rain まで、 どの曲も Diana Krall の曲への解釈の深さというのか、素敵なアレンジメントでばあ様の琴線に触れたことは間違いないでしょう。

お次の更新は、はまったリサーチの事か、またはジャズネタか、ばあ様の気分次第です。すでにジャズ・ジャンラでは忘れ去られているブログなので、まあ気楽にいきたいと思います。書きかけのファイルが山積みなので、それを一つづつクリアーするのが目標かもしれません。終わりは、このペースでは何時になりますやら・・・


waffle coffee 280
ワッフルとアップルコンポートに淹れたての珈琲、週末の朝食ね!

Tribute to Jimmy Heath とても暖かいトリビュートです、お時間があればどうぞ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (22)
Live (69)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (8)
Buzzworthy CDs (10)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (5)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード