kennyG830.jpg

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酷暑お見舞い申し上げます。 - 2011.08.19 Fri

tomatos500-2.jpg
from K's Garden photos by manmarukumi )

蝉の声が聞こえるようになりアッと言う間にもう8月も中旬を過ぎてしまいましたね。気候の影響で今年も期待したほどトマトの収穫は無く、しかもうさぎ親子の襲撃をくらい余計に収穫数が少なくなってしまいました。残念ですが今年もトマト・パティーが出来そうにもありません、数年続きでとり止め本当にがっかりです。でも気持ちだけですが少し友人とシェアー出来そうです。

cuc-2-280.jpg redtomatos240.jpg 
味は良いのだけど皮の硬いキューリができました。 無残にウサギにかじられたトマトがどっさり (泣)。

cherrytomatos500.jpg
プレシャスな宝石のような輝きを持つミニ・トマトたち、自然色はなんと美しい。

この10年来うさぎがトマトをかじるなどという事はまったく無かったのですが、やはり自然界も食料難なのか今まで見向きもしなかったこのような野菜まで食べねばならなくなったという事はかなり大変なんでしょうね。しかし私が頭にきてしまうのは、そのかじったトマトを全部食べてくれるなら文句はないのですが全て中途半端にかじって次のトマトを狙うというのが許せないというか・・でもね可愛いうさぎを見ていると彼らも生活がかかっていると思うとついつい仕方ないかと許してしまうまん丸なのでした。

7月に入ってから色々とあって少し疲れてしまったまん丸ですが、そんな時にとても気持ちを楽にしてくれたのが Jan Lundgren Trio でした。ベースに Jasper Lundgaard、 ドラムスに Alex Riel というメンバーで、それだけでもう納得のトリオというか、しかしまん丸はこの Jan Lundgren を長い間食わず嫌いというか避けて通っていました。日本では女性の間で凄い人気らしいのですがなんだかへそ曲がりのまん丸はそういう理由からも余計に偏見を持っていたのであります。きっと甘ったるいピアノなんじゃないかって、しかもロマンテック・ピアノで売っている甘いマスクの Richard Claydermann と感じが似ていたので余計に避けていたのでした。いわゆるイケ面タイプはまん丸の趣味ではないのです。(じゃあ Chet はどうなんだって突っ込まれそうですが・・まず彼の場合はサウンドから入りましたので、一応言い訳ね)

swedish-standards240.jpg european-standards240.jpg
Yo Vivo Enamorao ← "Swedish Standards"の中の一曲です。

しかし数年前にジャズ仲間さんが "Swedish Standards" を紹介してくれました。もちろんキャンドル・ライト・ミュージックの Claydermann とは大違いでした、そんなことはわかちゃいたがその端正なジャズの方向性というか嗚呼やはり北欧の香りを運んでくれる人なんだわと一人で納得。もう一枚 "European Standards" などを聴いてすっかり 「 Lundgren ええやん!」 と今更ながら唸ってしまいました。

cdjacket300.jpg 
Jan Lundgren (p)
Jesper Lundgaard (b)
Alex Riel (ds)

Plays Cole Porter Love songs /2006, Charade /2002, Lonely One /2001
jancd500.jpg
去年の訪日で仕入れてきたマシュマロレコードさんの素敵な Jan Lundgren のCDの数々。

そして気になったのはマシュマロさんから出ている Jan Lundgren Trio の数々の盤ですね。ベースの Lundgaard はもちろん、ドラムスの Alex Riel は Carsten Dahl Trio, Mad Vinding, Bent Jadig, Heine Hansen などの盤で親しんできたミュージシャンでしたのでやはり聴いてみなきゃという事で始めて今回の訪日でどさっと仕入れてきました。その中でもこの三枚を去年からずっと繰り返して聴いています。

切れ味の良さとほんのりとした甘過ぎない優しさを持ったトリオです。何回も繰り返し聴いていますが飽きがきません。繰り返し聴くことで部分的な良さを毎回見つけています。特に "Charade" の盤にある Moonlight in Vermont でトリオが見事な一体感をかもし出している一品がお気に入りです。そして Blue Skies にみる躍動感、盤全体が小粋で楽しいアレンジメントでへこたれた気持ちを持ち上げてくれました。それに "Lonely One" の盤にまん丸の好きな Jitterbug Waltz が選択されているのが嬉しい。この盤もとても素敵だ、あまり疲れてしまうと何も聴く気がしなくなってしまいますが。今回はあれほど食わず嫌いだった Jan Lundgren にとても癒されました。もちろん二人の素晴らしいコーリーグの存在があるからだと思いますが。写真を撮り忘れた "Perfidia" と言うタイトル盤も同じメンバーのトリオで頻繁に聴いた一枚です。このトリオ・メンバーはマシュマロさんが制作する時だけに集合するスペシャルなトリオなのだそうだ。なんでもっと早く聴かなかったのかと後悔先に立たずですね。

Star Crossed Lovers まん丸の大好きなこの曲の入った "New York Calling" という古い盤が今とても気になっています。クールな甘さっていうのかさらっとしているのが良いですね。何か Lundgren のこれだ!というお薦め盤があれば教えて下さいね。


a170.jpg salad325.jpg

さて話題はコロッと変わり子丸の友人アリッサの久しぶりの訪問。高校生の頃はよく遊びに来ていましたね、家に集まる子供達はまん丸の作る異国の料理を嫌な顔をせず興味を持って挑戦してくれました。その中でもこのアリッサは人一倍好奇心の強い娘でしたがそういう子供ほどなんだか可愛いものでした、今ではもう立派な Lady ですけど相変らず大きなハッグを忘れずにしてくれます。さっそく夕食に庭で採れたトマトとキュウリを使ってサラダを作ってあげたら大喜びでした。今日のサラダもとても簡単に作れますよ。

トマト (中4-5個 一口サイズに切る)
キューリ (大1本 種を取って一口サイズに切る)
バジリコの葉 (4-5枚 細かく刻む)
イタリアンパセリ (適当 細かく刻む)
フェタ・チーズ (グリーク・スタイルの白いチーズ)

オリーヴ・オイル、レモン汁、塩、胡椒 (適当にお好みの量)

5つの材料を切ってボールに入れ、その上から適当にオリーヴ・オイルその他のスパイスをかけてよく混ぜるだけ、パンチを効かせたいならレモン汁を多めにいれてね。一番肝心なのはフェタ・チーズですね、これはちょっと塩っぱいチーズなので塩もほとんどいりませんがこの味が全体を引き締めてくれます。

Feta Cheese はギリシャの特産チーズでシープ・ミルクで普通は作られています。ちょっとゴロゴロした表面で手で割るとボロボロと崩れる柔らかい質感のチーズです。グリーク・サラダに入っているものですね。これも好みで沢山入れても良し、トマトの甘さとチーズの塩っぽさが微妙に合うサラダです。簡単なので一度トライしてみて下さいな。

さあ残り少ない暑い夏をエンジョイしましょう、日本の皆さんは残夏バテに気をつけてね!


yellow240.jpg 
涼しげでクールなイエロー・トマト君。

● COMMENT ●

No title

昨日は37.7度という酷暑でしたが、今日は一転して雨が降り、気温も下がりました。
猛暑から解放されたのはいいのだけど、こんなに変化があるとちょっと大変です。

ヤン・ラングレンはずっと前に、まだデビューしたての頃だと思うけど、その頃のものを聴いたきり、最近までずっと聴いていませんでした。別に嫌いだったわけじゃないのだけど、
何故か聴くチャンスがありませんでした。
それで、久しぶりに聴いて、良かったんだなあと思った次第です。

>クールな甘さっていうのかさらっとしているのが
クールな甘さっていうのはぴったりの表現だと思います。同感です。

ところで、サラダ、おいしそうですね。
珍しいチーズを一度食べてみたいなあ。

Re: No title

miyukiさん、今晩は。

急激な温度の変化は体調を崩しやすいので注意してね。この週はあまり暑くなくとても過ごし易い天候でしたよ。お散歩に二回も行けました、でも30度を越すとそんな気になれませんから。

Janさんデビューの頃は素通りでした(^^; 私って結構先入観で左右されてたんですね、今思うとやる事が幼いなぁと思います。でももう大丈夫よ、少しは学んだので(笑)ほんまかいな?

しかし長い間聴いていない盤は沢山埋もれています、いつか全部聴く時があるのだろうかと思ってしまうけど。いざ整理しようとしても捨てられないのが人情でそのまま埃をかぶってひっそりと存在するだけの盤がどれだけある事か・・・でもクールで甘いJanさんを久しぶりに聴いてもらえて良かったです。

> 珍しいチーズを一度食べてみたいなあ。

これは普通、水(液体)の中に入れて売られています。欲しいだけ切り売りで買います。フェタ・チーズはそんなに日本ではポピューラーではないのかな。塩っぱいのでパスタにも良く合いますよ。

No title

オーディオのことはよくわかりませんが、好きな友人に聞くと北欧で録音されたCDは独特の空気感があり、クリアな音が多いんだそうです。

わたしも単純なもんで、そういわれるとそういう風に聞こえてくるんですよね・・・。

トマトは残念でしたね。
なんらかの対策が必要だと思います。
そこで考えたんですが・・・。

ウサギ用のペットフードを用意してそちらを食べていただくっていうのはどうでしょうか?
ダメですよね・・・きっと。

あひる

No title

まん丸さん、こんにちは

今日は土曜日、久し振りに涼しい気持よい朝です。 

我家にはウサギは出没しませんが、鳥は良くやってきます。 柿とかブルーベリーなど、鳥のために収穫せず少してあげるようにしています。 ウサギも生きるのに一生懸命、許してあげましょか。

このサラダ、美味しいですよね。 胡椒とチーズにバジルが絡み合い、オリーブ・オイルが纏めている、正にイタリアン・ジャズ・カルテット。

先週タビー・ヘイズを偶々手に入れたので、今度ブログにアップします。

Re: No title

あひるさん、今晩は。

北欧ジャズは独特の雰囲気、世界を持っていると思います。オーディオの事は私もあまり分かりませんけど彼らの持つとき澄まされた感覚や、またもや牧歌的なものも上手く融合されて特別な雰囲気を創り上げていると思います。機会があればもっと聴いてみてね、私も探索中です。

来年は柵をすればと子丸は言うのですが、何をしても動物達はアノ手コノ手で挑戦してくるのでもう仕方ないですね。ペットフードでひっかかってくれればいいですが・・・やはり無理よね。
あひるさん家はだいぶ収穫がありましたか?

No title

まん丸さん こんにちわ

休み中のハードな移動で、バテぎみです。
野菜の赤、緑、黄色が目にしみます、ありがたい。

庭の畑にウサギが訪問してくれる。
考えてみれば、すばらしい出来事とも思えます。
日本では、そんな話は、ほとんど聞いたことがありません。
怒られそうですが、ラッキーと思いましょう。

では、...........................。

Re: No title

tam.raさん、今晩は。

こちらも快適な日々が続いていますよ。日本は特に暑かったから余計に涼しさが気持ちよく感じられるでしょうね。少しその状態が続いてくれるといいですね。

はい、ウサギの事はもう諦めねばならないようです。家は鳥もくるのですが、玄関の木にロビンが巣を作って3羽雛がかえったのですが。なんと小動物に襲われてある日巣がめちゃくちゃに、厳しい環境はどこにもあるようです。せっかく暑い日々を乗り越えた雛達だったので凄く残念でした。他には赤いカーディナルなども来ますよ。ブルーベリーいいですね、そして今年は柿が沢山できるといいですね。

> 正にイタリアン・ジャズ・カルテット。

ああ、上手いこと仰います!流石 tam.raさん。

さてどんなタビー盤を手に入れたのでしょう、楽しみに待ってます!!

Re: No title

J worksさん、今晩は。

休暇の移動は大変ですね、皆さん同じように目的地に向かって移動している分けですから。この狭い日本のお盆の大移動は想像を絶します。

自然の色は本当に素晴らしいですね、楽しんでいただけて嬉しいです。

動物が庭に出現するのは本当に郊外では珍しくありませんが、その他にはタヌキやスカンクなどもたまに出現します。タヌキはゴミを荒らします。スカンクは臭いが恐怖です!私はやはりラッキーなのでしょうか(笑)

ダーサラ

まん丸クミさん、今日は。

クッキングはデザイン作業によく似ている部分もあり、男性ですが興味在り々で、ちょっとした閃きが味に繁栄出来た時など、ワオッですね。
当庭でも、ハーブ以外にミニトマトや韮などもズボラに栽園しており、採れ立て野菜へ新案特許!?加えたサラダなど楽しんでます。

此のサラダ、早速トライ・・・!!

いいね!

野菜は
色鮮やかが
食欲を誘ってくれます

素晴らしい
素敵な
安息日を
過ごされましたでしょうか

God bless you...

Re: ダーサラ

take10nさん、こんにちは。

本当に料理はアイデアで勝負ですね。素材を生かして味を引き立てる、最近のまん丸はだんだん料理がシンプルになる傾向にあります。よく考えると手抜きしてるだけだったりして(^^;

なんと韮などを栽培されておられるのですか、これは茎の太くて白い(Leek)のことかな?それともたまねぎ系の丸いボルブの方なのでしょうか?私は来年はリークに挑戦しようかなと思っています。ネギとも違いなんだかヨーロッパ的な味で甘さが強い感じですね。スープにすると美味しさが一層引き立ちます。

このサラダとても簡単なのでフェタ・チーズ是非手に入れてトライして下さい!

Re: いいね!

Azumi様、こんにちは。

自然の恵みは素晴らしいです。
無農薬で育てる家庭栽培は最高に贅沢と言えるでしょう。

それを続ける体力がばあ様にはいつまで持ち堪えられるのやら。
野菜畑の肉体労働はなかなか大変なものですね。

木の葉の季節

クミさん、ご無沙汰です。

暑い熱いと言っていたのが先週のこととは思えないほど急に涼しくなり北国の短い夏の終わりを感じます。

ラングレンはあまり聴いておりませんが、シャレードは選曲も良く気に入っております。ネイチャー・ボーイやハッシャ・バイ、そして木の葉の子守唄、そろそろこんな季節かなと思います。特に木の葉の子守唄は好きな曲でしてよく聴き比べます。基準は勿論ベンチャーズ。(笑)

ラングレンは女性に人気があるようですね。先だってキム・ハクエイを聴きましたが、前の座席は全員女性でした。オバサンもイケ面に弱いらしい。(笑)

Re: 木の葉の季節

dukeさん、こんにちは。

ほんに急に涼しくなりましたね、夜中は肌寒く感じる日さえありました。

今年の春から夏の中旬まではブリテッシュ・ジャズとホーンにどっぷり浸かりました。ホーンを掘り下げるという課題を持っていたので自分なりに十分に満足できたと思います。

秋に近づきやはりピアノ・トリオなどでしっくりと夜長を過ごしたいという気分になってきましたね。何かあると集中して聴く癖があるので、今回は Jan のトリオにドップリでした。日本で仕入れたCDが沢山あるのですが未だに全部聴きこめていませんが秋の夜長は読書と音楽でいきたいところですね。

キム・ハクエイさんの話題の盤は本当にエクサイティングで良い盤で私も気に入りましたが、面に関してはまん丸ばあ様のタイプではないようです(笑)。私の好きなタイプは細目、短足の岸谷五郎系がいいなぁ(爆)やはり会話でボケと突っ込みを受けてくれる楽しい人がいいようですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/104-dedb824d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Chet Baker Revisited «  | BLOG TOP |  » Indian Summer - The Complete 1955 Concerts in Holland

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。