kennyG830.jpg

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Best 3 in 2011 - 2011.12.14 Wed

coffeecup500.jpg
( photo by manmarukumi coffee shop in Hidahurukawa )

寒い日々が続いており暖かい飲み物で癒される季節になってきましたね。光陰矢のごとしなんと早2011年の 「みんなのベスト3」 の季節です。ジャズ仲間のドラさん (ドラさんのジャズ・コーナー) の企画で始まったこの例年行事の 「みんなのベスト3」 は驚く事にもう13年も続いています。

調べてみるとまん丸は2001年からの参加で今年でなんと9年目になりました。参加される方も年々増え本当に楽しい年中行事になってしまいました。この時期だけオープンするドラさんの掲示板が賑わっていますよ。

この 「ベスト3」 を参考にCDを購入したり、皆さんそれぞれお得意の分野がありユニークな視点から3枚を選んでおられるので興味しんしんですね。なるほどと唸ったり、なんでやねんと意外だったり(笑)、特にまん丸の一貫性のない選択や節制のなさには自分でも驚きますが一年の終わりの総決算は実に難しい!でもそれらの盤を選んでいる時は異様に楽しかったりする(自分を苛めている気分ですが)のでこれはもう病気としかいい様がないですね。

さて今年のまん丸の 「わたしのベスト3」 は甲乙が付けがたいので順番はありません:

Sonny Rollins の80歳のお誕生日に録音されたライヴ盤。もうこれは楽しくって彼が80歳になられても健在であることがこれで明確ですね。お喋りしている時のお声は年齢をとても感じるのに、ブローしている Sonny は年齢を感じさせません。そして豪華なメンバーが申し分ないです、私の大好きなミュージシャンが勢ぞろい、ただただ嬉しくなった一枚です。

51UAbsS4XJL__SL500_AA300_.jpg
Beacon in NY and Tokoy 2010

1. They say it's Wonderful (Irving Berlin)
2. In a Sentimental Mood (D.Ellington)
3. Sonnymoon for Two (S.Rollins)
4. I Can't Get Started (G.Gershwin)
5. Rain Check (Billy Strayhorn)
6. St. Thomas (S. Rolliins)

Sonny Rollins (ts), Ornette Coleman (as), Roy Hargrove (tp), Jim Hall (g), Russell Malone (g), Christian McBride (ac. b), Bob Cranshaw (el.b), Roy Haynes (ds), Kobie Watkins (ds), Sammy Figueroa (perc)
Emarcy/umgd 2011


この一枚で、ブリテッシュ・ジャズにどっぷり嵌まりました。Don Rendell, Joe Harriott, Tony Kinsey, Dick Morrissey と未知の世界に導いてくれた Tubby Hayes の爽快なこの一枚はまん丸の一押し!熱い英国のジャズを感じたければ Tubby Hayes がお勧めです。サックスだけでなくヴァイブもめちゃ上手い!

tubbyhayes300.jpg
London. June 11.1966

1. Change of Setting (T.Hayes)
2. Lament (J.J.Johnson)
3. A Taste of Honey (B.Scott)
4. Make Someone Happy (J.Styne)

Tubby Hayes (ts,fl), Mike Pyne (p), Bruce Kale (b), Tony Levin (ds)

London. March 23.1967

5. Thinking of You (H.Ruby)
6. The Shadow of Your Smile (J.Mandell)
7. Pavanne (M. Gould)
8. Nobogy Else But Me (J.Kern)
9. I'm All Smiles (M. Legrand)
10. Ricardo (T.Hayes)
11. What's New (B.Haggard)
12. Autumn Leaves (J.Kosma)

Tubby Hayes (ts.fl), Alan Branscombe (p, vib), Jeff Clyne (b), Tony Levin (ds)
Marshmallow Export 2011


Stefon Harris のヴァイブを始めて聴いたのが2006年盤でしたが、この新譜はもうその頃の印象が一瞬に吹っ飛んでしまうくらいエクサイティングで素晴らしい出来だと思った一枚でした。何年もの交渉の末にやっとキューバでの録音が可能になり、キューバの二つの Quartet と共演しています。パーカッションの熱いビートが熱い国の想いを一層掻き立ててミュージシャンの音の旅が出来上がっていくそんな感覚です。David Sanchez も2000年の盤を聴いた時とは大違い、めちゃ素敵なサウンドにヘンシン、そしてキューバのミュージシャン達の素晴らしいこと。今年は生の Stefon Harris も聴けたのでもう満足満足のまん丸です。

51tv2ugj1-L__SL500_AA300_.jpg
Havana Cuba 2010

1. Nengueleru
2. E'cha
3. City Sunrise
4. The Forgotton Ones
5. Black Action Figure
6. Congo
7. And This Too Shall Pass
8. Brown Belle Blues
9. La Fiesta Va

Stefon Harris (vib), David Sanchez (ts), Christian Scott (tp), with two Cuban Jazz Quartet
Concord Picanta 2011

*                *             *            *

ここからは番外編です、この3枚は古い盤ですが今年始めて聴いたものでとても気に入ったものです。

Chet のこの盤はとにかく文句なしに素晴らしい盤です。ピアニストの Dick Twardzik の天真爛漫な演奏にはっとさせられました。若いエネルギーがはち切れんばかりのその瞬間をフリーズしたかのような貴重なオランダでの録音。チェットファンなら絶対に欲しいアルバム!

c269d2bf99.jpg
The complete 1955 Concerts in Holland featuring Dick Twardzik

Concertgebouw, Amsterdam, September 17, 1955
Kurhaus, Scheveningen, September 18, 1955

Chet Baker (trumpet, vocals), Dick Twardzik (piano), Jimmy Bond (bass), Peter Littman (drums)

1. Introduction by Chet Baker
2. Tommyhawk
3. Indian Summer
4. I'm Glad There Is You
5. But Not For Me
6. My Funny Valentine
7. Tommyhawk
8. Indian Summer
9. Someone To Watch Over Me
10. Imagination
11. C.T.A.
12. Exitus
Dutch Jazz Archive 2007


ずっしり重い骨太なベース、一曲目の Caravan で既にぐいぐいと引き込まれている。もう凄いパワーで押し倒されそうです。盤を聴き終わったらもう彼はまん丸のお気に入りベーシストの三番目になっていました。 Bromberg を4枚聴いた中で一番気に入ったアルバム。丸一曲をベースのソロで聴かせてくれるこの器量、聴き応えありました。ソロの選曲 Carry On Wayward Son, Shining Star は意外なグッド・チョイスでした。

51TF5A7R5VL__SL500_AA300_.jpg

Brian Bromberg (b), Randy Waldman (p), Vinnie Colaiuta (ds)

1. Caravan
2. Bolivia
3. Blue Bossa
4. Witch Hunt
5. I'll Remember April
6. Carry On Wayward Son
7. Four Brothers
8. Butterfly
9. Shining Star
10. Pensativa
11. Let' Em In
Artistry Music 2006


女性ヴォーカル大好きのジャズ仲間さんに教えて頂いた日系のヴォーカリスト。Like Someone in Love の一曲でまいりました。落ち着いた声とその上手さに 「いや~ええわぁ」 の世界です、ドリス・ディとコニー・フランシスを足して割ったような歌声。Marty Paich のオーケストラもよろしおすな。

cover (2)
Orchestra Conducted by Marty Paich 1960

1. Johnny One Note
2. Like Someone In Love
3. Surrey With The Fring On Top
4. You Smell So Good
5. I'm Glad There Is You
6. My Ship
7. Squeeze Me
8. Daybreak
9. All I Need Is You
10. When The Sun Comes OUt
11. You're So Bad For Me
12. Time After Time
EMI Japan 2011


皆さんもきっと多くの素敵な盤に巡り会われた事でしょう。
これは是非紹介したいというような盤、これに嵌まったという一枚などまたお話して下さいな。


oldlps240.jpg
ほな、まん丸はドラさんちへ遊びに行く用意でもしまひょか。

● COMMENT ●

年末ですね・・・

クミさん、こんばんは。
猛暑だ、夏バテだと騒いでいたのに、気が付けば師走・・・月日が猛スピードで過ぎて行きます。
私の人生も、師走なのでしょうか?(笑)
そうそう、クミさんと私は、どうやら初老らしいです。もうすぐ、お互い暴走老人ですね。(笑)

先日、急に母の具合が悪くなり焦りました。
医者に重篤だと言われたのですが、何故か一日で治ってしまったのです。????今月中には、退院出来そうです。

今年の3枚ですね。
これから、考えたいと思います。
あまり早く更新しないで下さいね。(笑)

Re: 年末ですね・・・

KAMIさんv-273今晩は、

今年は身辺が目の回るような速さで動いていました。気がついたらもう12月そんな感じですね。

「人生の師走」これはないでぇ、まだ早すぎます(笑)まだまだ暴走老人にはなれていないので
まずこれを達成せねばなりませんね。この暴走という課題は結構タフですよ、じっくり研究せねば!

お母様は大変でしたね、でも回復されて何よりです。しかし不思議な事もあるのですね。
命というのは一寸先が分からないですが、後悔しない人生を送りたいものです。

ちょっとガンバッテかなり速い更新でしたが後は続かないと思いますのでごゆっくり(^^)v-273

私の3枚は・・・

クミさん、こんばんは。
私の3枚です。

In Sweden/J.J.Johnson
名作Dial J.J.5と同じメンバーのアルバム。
当然、ご機嫌な演奏が収録されている。
このアルバムを発売した、マシュマロレコードの上不さんに感謝です。

Bassin’/稲葉國光
日本ベース界の重鎮、稲葉國光ここにありを示したアルバム。
中牟礼貞則と峰厚介の参加も嬉しい。
稲葉國光1934年生まれ。中牟礼貞則1933年生まれ。峰厚介1944年生まれ。若造を蹴散らせ!(笑)

Memory Lane-Live/Hampton Hawes
大好きな馬さんの傑作。
ザ・トリオやオールナイト・セッションと、同レベルの内容だと思う。
リロイ・ヴィネガーのウォーキング・ベースも素晴らしい。

ジャケットの写真は、私のHPに載せてあります。

それにしても、稲葉さん以外は11月以降に発売されたアルバム・・・それ以前に聴いたアルバムは忘れつつあります。もう駄目でしょうか?(笑)

クミさん、おはようございます。

もうそんな時期とは、すっかり忘れていました。
クミさんのベスト3+3、どれも聴いたことありませんが、私の好みにピッタリ、出費がかさみそうです。
最初の1枚、ロリンズと並んでオーネット・コールマンがクレジットされており、ビックリです。

これから1週間かけ、来週末には私もベスト3を選んでみます。

ちょっと早いですが、この1年ありがとうございました。

Re: 私の3枚は・・・

KAMIさんv-273 今晩は、

お早い再訪問でありがとうございます、珈琲パウエルさんはお休みだったのですね。

> In Sweden/J.J.Johnson

これは気になっている盤です、もうジャケットをみただけで聴きたくなりますね。
これのリヴューを幾つか読み、もうこれは絶対聴かなきゃと思っています。

今年に入ってやっと "The Great KAI & J.J." と ”Blue Trombone" を聴きました。
もう聴きたいモノが一杯すぎて・・・時間が・・あらへん!

> Bassin’/稲葉國光

日本のミュージシャンに疎いまん丸です、名前だけは存じていますが実際にどんなタイプの
ベースか想像もつきません、KAMIさんの一押しだから You-tube で要チェック!
「若造を蹴散らせ!(笑)」が重要ポイントでもありますね(笑)

> Memory Lane-Live/Hampton Hawes

まん丸の持ち盤にもたまにリロイ・ヴィネガーの名前を見ます、もっと各パートをしっかり
聴かなければいけないなぁと思います。その人のスタイルやサウンドを思い出せない事が
ほとんどです、これじゃ駄目ジャン!ですね。私もかなり駄目な感じでおます(泣)

Re: タイトルなし

tam.raさん 今晩は、

去年は 「みんなのベスト3」 に参加して下さってとても嬉しいでした。tam.raさんは聴いておられる
数が「はんぱねえ」(笑)から聴いている分にはいいですが、三枚選ぶとなると本当に大変ですね。

でも気に入った盤って結構はじめの印象で決まりませんか?私はあまり聴きなおしても結局なんだか
始めに印象に残ったものを選んでいるような感じです。でもこの作業は整理にもなるのでいいかも。

とにかく Sonny が本当に楽しげでそれだけで聴いていて気分が良くなるというか。
ヨガやスピリチュアルな方面に開化した彼の内面の変化も影響しているのかもしれませんね。

こちらこそ tam.raさんとこうして交信できて楽しい一年でした。本当に有難うございます。
しかし今年はまだもう少し残っておりますのでお付合い願います。
さて tam.raさんの 「わたしのベスト3」 はいかに?選択が楽しみです。

ベスト3

偶然にも、KAMIさんのベスト3は、私がベスト3の候補として考えたものでした。
結局、私のベスト3は
1.Spike Robinson / A Real Corker
2.Warren Wolf / Warren Wolf
3.JOEY DEFRANCESCO / 40
となったのですが。

今年もあっという間に過ぎて、もうあと2週間くらいになってしまいました。
今年は何が聴き納めになるのかなあ。

Re: ベスト3

miyukiさん 今日は。

miyukiさんの 「わたしのベスト3」 を有難うございます。
今年は良い盤が多々ありましたね、miyukiさんに紹介して頂いたもので Warren Wolf のこれも
良かったです。本当に今年はヴァイブ勢力が目立った年でした、それとオルガンもですね。
今年は、乗りに乗った Joey Defrancesco も生で聴けたしライヴの Joey は最高に楽しいでした。

Spike Robinson も英国がらみで何枚も聴きましたね、来年はこれらの盤をじっくりと聴きなおし
ていきたいと思います。やはり私の中には50-60年代が基本的には染み付いているみたいね。

クリスマスの用意もありますが、何も手につかなくって先昨日やっとツリーを出しました。
今年は、本当に色々ありましたがなんとか無事にここまで辿り着けて良かったという気分です。
さあ、年越しにはいったい何を聴いているのか想像もつかないわぁ~(^^)

ベスト3

こんにちは、クミさん。

拙HPの紹介、どうもありがとう。
「みんなのベスト3」も13回目なんて月日の流れは本当に早いですね。
ベスト3を見るとその年の自分の気分が分かるような気がしますよ。
ジャズを通した自分史のひとコマになっています。

ベスト3は選考中です。
現在5枚まで絞れてきました。

>KAMIさん

こんにちは、ドラと申します。
よろしかったら「みんなのベスト3」に参加してくれませんか。
稲葉國光さんの今作もいいですね。
これが稲葉さんの初リーダー・アルバムとは信じられませんでした。

Re: ベスト3

ドラさん、今晩は。

こちらこそ有難うございます、いつも楽しませて頂いておりますよ。
この間、過去のベストを見ていてこんなモノを選んでいたんだと驚きました。(^^;

そして自分が選択したモノをほとんど忘れてしまっておりショックでしたが(泣)
またその反面読み返すのも楽しかったです。

ドラさんの仰るとおり、「ジャズを通した自分史のひとコマになっています。」ですね。

私は6枚まで絞ってこのブログに乗せましたが、本当に甲乙つけがたいでした。
他にも良かったものがわんさかとありました。さてドラさんのチョイスはいかに?

KAMIさん、ラヴ・コールが・・じゃないお誘いがかかってま~す!

今年もお世話になりました

まん丸クミさん、こんばんは。

こちらこそ今年もありがとうございました。
いつも拝見させて頂いていますが、未聴盤が多くコメントまでには至らずすみません。

Tubby Hayesは私が一時相当熱を入れたミュージシャンです。
主要はレコードは9割近く集まっています。一昔前は入手するのに結構な苦労を強いられたものですが、今は見かける機会が随分と多くなりました。それでも高額ですが…(汗)
私はイギリスのTempoと言うレーベルに残したワンホーンアルバム「Tubbys Groove」に最も針を落としたと思います。それ以外ではイギリスのFontanaレーベルの諸作も甲乙つけ難い素晴らしい作品です。
ただ、私のブログの性質上Tubby Hayesを取り上げる訳にはいきません(苦笑)

私の方はまだ数枚の更新予定ですが、今年一年お世話になりました。
来年も引き続き宜しくお願致します。
それでは、良いお年をお迎え下さい。

Re: 今年もお世話になりました

迦陵頻伽さん、お久しぶりです。

今年も珍しい盤のご紹介を楽しませて頂きました。
You-tube では探せないレアーなものが多くそのマニアックさに脱帽です(^^)V

今年は、 Tubby Hayes に嵌まってしまい現在音源が 28枚ほど集まりました。
ジャズ仲間さんのお蔭でもあるのですが、こんな短期間でこんなに集まるとは夢にも
思いませんでした。ジャズ仲間さんのネット・ワークのお蔭です、本当に感謝です!

その一枚は "Tubby's Groove" 1959 です。これはヴァイブの演奏もあり二重に美味しいですね。
落ち着いたテナーの音色は気負いのないストレートな演奏で肩を張らずに聴ける一枚だと思います。
ほんとに素晴らしいテナーに巡り会えた2011年でした。

Tubby は例外盤として是非取り上げて下さいな、まだまだご存知ない方が多くおられると
思いますので、いいんじゃないかと。

来年も迦陵頻伽さんのマニアックぶりを楽しみにしておりますよ。
どうぞ平和で明るい新年をお迎え下さいませ。

まん丸さん こんばんは

あわただしく12月を過ごしてきましたが、
気がついてみれば、もう目の前に正月が...........
何もできないまま年が明けそうです。

得意とする分野でなく、コメントする機会もなかなか
見つかりませんが、今年もお世話になりました。
どうぞ、ご家族みなさんにとって良いお年となりますよう。
来年は、どうぞお手柔らかに!

Re: タイトルなし

J worksさん、こんにちは。

あまりにも色々な事が起こった一年でしたが、これでやっと無事に終わるかと
思いきやこのクリスマス・イヴに大丸が腕の骨を折るという事態に陥り
まん丸は最期の最後までドレノリンの流出が避けられませんでした(泣笑)
いやはやまん丸家はいつも興奮状態が絶えませんですね。(良いのか悪いのか?)

こちらこそ同じ理由でなかなかコメント出来ませんでしたが、いつも
楽しみに拝見しておりましたよ。皆さんの所から得る情報は貴重ですね。
猫ネタは間違いなしにコメントできますので、宜しく!

J worksさんも良いお年をお迎えくださいませ。
来年も宜しくお願い致します。いつもお手柔らかいつもりなんですが(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/116-23608914
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Happy Holidays! «  | BLOG TOP |  » Neil Swainson and Robi Botos at Ichiriki 12/3/2011

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。