kennyG830.jpg

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Botos Brothers at Ichiriki 8/18/2012 - 2012.09.08 Sat

robishands500-2012.jpg
( photos by manmarukumi )

日本は、相変わらず暑い日々が続いておりますね、皆様はお変わりなくお過ごしですか?こちらは日中も20度を少し超えたところ、ちょっぴり秋の気配も感じ散歩にはもってこいの気候になりました。

さて8月のライヴ・リポートをやっとまとめる事ができました。丁度一月ほど前になりますが久しぶりの Robi Botos(p)のライヴで盛り上がりました。今回は、ベースの Neil Swainson がある賞を受賞する為に急遽ベース・プレーヤーが Robi Botos のお兄さんである Louis Botos に変更。楽しみにしていた Neil の演奏でしたが、まだ生で聴いた事がない Louis Botos のベース にも興味があったのでこれもまたいいのではないかしらと言う事で「一力 Jazz Dinner 」にジャズ仲間さん達と期待を膨らませて繰り出しました。

Louis Botos は以前に"The Botos Brothers"(2000) という盤で彼のベースとヴォーカルとを聴いていましたが、ひょっとして今回は彼のヴォーカルを聴けるのではないかという予想は的中しました。さあ今回の兄弟デュオはどんな展開になりますやら・・・

louisrobiatichiriki400-2012.jpg

1st. set
1. Days of Wine and Roses - ジャズ・ディナーに集まる観客の年齢層はかなり高いので、選曲もやはりそれなりに喜ばれるスタンダードが多くなりがちですが Robi のアレンジは、ロマンティックだけでなく楽しくどこかに新しい驚きがいつも隠されている玩具箱です。Henry Mancini の素敵な曲にこの映画の物語の少し悲しいエンディングにも華をそえたアレンジが素敵です。

2. There Will Never Be Another You - 今回は、いつもと違い Robi はお喋りにも力を入れています、とてもシャイな人柄なのでほとんどライヴで声を聴く事はありませんが、今回はお兄さんを紹介したりとハンガリアン訛りの英語で大奮闘です。

3. Mercy - ちょっと旅愁を感じさせるスローなバラード、Botos のオリジナル・ナンバーです。美しいメロディーに観客からため息が、彼の深いルーツを感じとれるかもしれません。ベースとピアノがしっとりと織り成す波の波紋の美しいこと。

4. C Jam Blues - お馴染み Duke Ellingon のスタンダードです。どういう分けかこれを聴くと Oscar Peterson を思い浮かべるのですが、Robi のプレーにはOscar を思わせる要素が見え隠れします。彼の尊敬、愛する師匠なのだから不思議ではありませんが。これは実に楽しい一曲です。

5. The Nearness of You - Hoagy Carmichael のポピュラー・ソングから、この曲は大好きです。Robi のバラードはひたすらに優しくロマンティックですが、バップはひたすらに熱くて軽快、お次はどうくるか。

6. I Got Rhythm - Gershwin の楽しいリムズから Rag-time の Syncopation に変わりつつ、あっと言う間に曲がドンドンと変わっていきます。Louis のベースの音色は重くはありませんが力強く、しっかりした無骨な面も押し出してきます。兄弟のタイミングは良く知った仲というか信頼関係が築かれているのはもちろんお互いが安心している雰囲気が感じとれました。1st.set の最後は賑やかに終わりました。

robishands1-400-2012.jpg robishands400-2012.jpg

今回、Robi はお兄さんのイミグレーション(移民)についての話しにも触れました。Louis はカナダに来て8ヶ月ほどしか経っていませんが現在は正規の移住者ではありません。正規の移民を申請しているようですが、政治的にハンガリーからはとても難しいようで待ち時間というか色々と困難な事情もあるようです。その為に人々から署名集め (Petition For The Botos Fmamily) を行い移民の申請をスムーズに捗るように努力しているそうです。Robi 自身もなんと正規の移住権を持つまでに6年の月日を要しました。もちろん言うまでもなく多くのミュージシャンがそれに協力してくれたそうです。詳しい明細は彼のホームページの News の欄でご覧下さい。

Robi Botos's Home Page from here.

Robi は、13年前にカナダに来る為の資金作りに売らねばならなかったグランドピアノをやっと最近になって手に入れる事ができたそうです。現在はとても忙しい売れっ子パフォーマーの Robi ですが、長い地道な努力がしっかりとカナダに根を張っているんだなって事でしょう。1700人も入る大きなホールから、40席のレストランまで彼の演奏を幾度となく聴いてきましたが、どんな場面でも私達を満足させる演奏を提供してくれるピアニストです。そして小さい場所だからと言って決して手など抜かない真面目で律儀なその人柄をいつも感じさせられます。そして今年 2012年の TD Grand Jazz Award も受賞しました、これから益々楽しみなピアニストです。さて2nd.set の始まりです。

louisrobi450-2012.jpg
(Robi Botos and his brother Louis Botos )

2nd. set
1. Like Someone in Love - Jimmy Van Heasen, lyrics by Johnny Burke の名曲、Bing Crosby がヒットを飛ばした曲ですが、ヴォーカルでは私の大好きな Chet Baker も良いですね。 女性では日系の Ethel Azuma (Cool Heat) のアルバムが印象に残っています。

さてなにやら Robi はスマートフォンをいじっているのですが、演奏中になんでやねんって思っていましたが、なんと彼はパフォーマンスの機会の少ないお兄さんの為にベースのコードを探してあげていたのですね。後になって、「遊んでいる分けじゃないんです。ほらこれは、コードなんです」って観客に見せているのがちょっと微笑ましかったです。

2. In a Sentimental Mood - もちろんご存知 Duke Ellington です。

3. Take the "A" train - Billy Strayhorn でしたっけ、Ellington Orchestra のテーマ曲をなんと4 ビートで、なんだかめちゃ速くありません?嗚呼びっくりした、かなりの遊び心でした。

4. Reveries of Love - これはRobi のオリジナルです。Louis のヴォーカルでしっとりとした歌声を聴かせてくれました。一力ライヴでは、普段ヴォーカルのライヴを入れる事はありませんが今日は特別ね。ジャズというよりもボサ的に素直にストレートに歌っています。容姿に似合わずとても優しい歌声です。そういえば Robi もとても小さな声で優しい話し方をする方で、初めての会話で驚いた事を思い出しました。今夜はお兄さんが歌う機会を得てとても嬉しそうな Robi の笑顔でした。

5. Night and Day - Cole Poter の曲ですね、映画 "Gay Divorce" から Fred Astaire の声が聴こえてきそうです。

6. All the Things You Are - Jerome Kern の曲にロマンティックな Oscar Hammerstein の詩です。今夜のメニューはおとなしめの大人のデートという雰囲気ですね。

7. Billie's Bounce - しかしですね、最後には Charlie Paker がきましたよ。やはり最後には少し元気に締めくくりといきましょう。今夜も楽しいライヴだったね。久しぶりに聴く Robi Botos はやはり私のお気に入りの上位に君臨します。Louis とのデュオも流石に長年培った兄弟の繋がりを感じました。

今夜は、ジャズ仲間の皆さんもこのデュオに満足した模様です。もっと日本の皆さんにも知って頂きたい素敵なピアニストです。こちらのCDは、Robi がやっと満足できるオリジナルを散りばめた期待の新譜です。機会があれば是非聴いて頂きたいまん丸の一押しです。

rbcdcover240.jpg

Robi Botos - Piano, Fender Rhodes - Keys - Cajon.
Attila Darvas - Acoustic, Electric Bass.
Frank Botos - Drums.

1. Life Goes On (Robi Botos)
2. Footprints (wayne Shorter)
3. Be Bach (Robi Botos)
4. Emmanuel (Robi Botos)
5. Place to Place (Robi Botos)
6. Long Time No See (Robi Botos)
7. Smedley's Attack (Robi Botos)
8. Tagged (Robi Botos)
9. You Don't Know What Love Is (Gene de Paul/Don Raye)
10. Inside Out (Robi Botos)
11. Homeland (Robi Botos)
12. First Love (Robi Botos)
13. What Is This Thing Called Love (Cole Porter)
12. What? (Robi Botos)

newcdrobi500.jpg

長い間またされた新譜でしたが、自分で納得のいく一枚が出来たとようやく長年の夢が達成されたというか、忙しい合間をぬっての制作なので思うように行かなかったようです。しかしフィニッシュト・プロダクトを見てジャケットのデザインやそれに使われているフォトなどこれまでにない気の配りようですね。

聴きこむほどに良さがじわじわと伝わってきます。私は Robi のファンなので本当にこういう盤をだしてくれて嬉しいです。14曲中11曲がオリジナルという意欲作です。豊富な内容で彼のヴァーサタィル(versatile)な面を聴くことの出きる一枚でしょう。


さて今夜の一力のお品書きは:

突き出し 枝豆

サラダ  新鮮フルーツサラダ

煮物   ブリ大根

酢の物  もずく酢(長芋、オクラ、鶏肉)

揚げ物  鶏肉の塩ヨーグルトタルタルソース掛け

小鉢   千切り大根(自家製)のあっさりナムル

寿司   綱、鮭のマリネ、  、ズワイ蟹、烏賊とサーモンスキンロール

汁物   きのこと豆腐そうめんの塩麹の吸い物

デザート 抹茶プリン

今夜のお食事も美味しかった!
サラダは、7種類のフルーツをガスパチョ風に細かく切ってあり、グリーン・サラダをほんのり甘く仕立てる仕掛けでした。揚げ物に使われていたソースはヨーグルトの水分を抜いてマッタリ感をだしながらもあっさり風味。そのソースのお蔭でまったく揚げ物がべヴィーになっていません。最近、食欲のなかったまん丸にも無理なく食す事ができました。健康志向で色々な新しいメニューにトライされているシェフの皆さん、ご苦労様でした。ブリ大根などは家で作れないので本当にまん丸にはご馳走でした。

そして今夜の汁物は最高に美味しかった、底のモロモロは一体何でしょう?それは、シェフの手作りした塩麹だそうだ。これがこの味の秘訣らしい。次は手作りのお豆腐に挑戦するらしい、これもまた楽しみ。最後に抹茶プリンで締めくくり。やはり皆で会話をしながら食べるお食事は美味しいですね、これも一力での楽しみのひとつです。さあ次のミュージシャンは誰が来るのでしょう。


トップに宣伝だけは、入れないでいたいと思っていましたがついに入ってしまいました。実は、まん丸は今月の末に引越しをする事になり大忙し、そういう分けで家の整理やパッキングに追われています。何を捨てて、何をキープするかが今の課題ですが、物を捨てるという事は実に難しいですね。大切なハードカヴァーの本やレコードやCDを捨てる事ができず、なんとそれだけで箱は30個以上になってしまいました。

いったいどうなりますやら、先がおもいやられますが・・・まっいいか!


ichirikilantan200.jpg
http://www.ichiriki.ca/

● COMMENT ●

こんにちは

Botos Brothers、知りませんでした。 日本ではどれほどの人が知っているのかな?

tam.raも最近はスタンダードが1曲も入っていないCDは購入には至らず、歳を感じています。
でもスタンダードは落ち着きますね。
演奏された中でtam.raのベスト3は、
Days of Wine and Roses
Like Someone in Love
All the Things You Are
かな。

話題は変わりますが、引越す?
大変そうですね。 tam.raもLPとCDだけで何箱になるか、想像できません。
一力とは遠くなりますか?
ここでのライブはまん丸さんの生活の一部となっているようなので。

Re: タイトルなし

tam.raさん、こんにちは。

なんだか前回のコメント欄が反映されていなくてご迷惑をおかけしました。
何故なのかまん丸ばあ様にはさっぱり分かりません。

カナダの女性ヴォーカリストは結構人気があり、毎年遠征しているヴォーカリストもいますが
ピアニストとかサックス・プレーヤーはほとんどいないかもですね。
Gene Dinovi(p)さんとか Neil Swainson (b)とか時々訪日されているようですが、
それでもまだまだカナディアンの知名度は低いというか低くすぎて残念です。

スタンダードはいいですね、それぞれのミュージシャンによって料理の仕方が違うので
飽きずに聴いていられるのかもしれませんね。違いを味わうのがジャズの楽しみですね。

> 話題は変わりますが、引越す?

まずは雪かきがもう出来ません。これは大仕事ですね特に大雪の後は悪夢です。
庭仕事も大変です、ちょっと手を抜くと雑草が・・・そんな分けでこれからは
ばあ様の年齢になるとケアーの楽なコンド・ライフですね。
スペースがかなり狭くなるので物が持っていけませんが。
しかし趣味のものは減らせないので困ったものです。

一力には少しだけ(15分ほど)近くなるので、これだけはいいことです。(^^)V

まん丸さん こんばんは

記事を読んでいったら、最後の方に「塩麹」の文字を発見!
麹好きの私としては見逃せない文字ですが、
カナダ発のブログに出てくるとは思っていませんでした。
Botosさんではなくそこに無意識に反応してしまうのは、
Jazzファンとしては、情けないものがありますが...............

日本では、ここ2〜3年、麹発酵を利用した自然の調味料として
ちょっとしたブームとなってましたが、一力のシェフも
ちゃんと日本のトレンドを掴んでいるようで、
きっと研究心旺盛なシェフなんでしょうねぇ。

麹好きの私は、つき合いも長く、時々作っては楽しんでます。
塩麹以外にも「醤油麹」「三五八の素」などのバリエーション
もあります。
味噌、醤油から日本酒、甘さけ、酒饅頭に至るまで麹菌のお世話に
なっているものは多く、日本の味の源と言えるようなもの
ですが、それにしても枝豆、ブリ大根、塩麹を使った汁物..............
これらとJazzが混然一体となった一力の空間は、おお、fantastic!

今月引っ越しとは、大仕事ですねぇ。
後で、あちこち体が痛いなどとならぬようあまり無理せんように!


Re: タイトルなし

J worksさん、お久しぶりです。

ああそうでした、お得意の御饅頭にもちゃんと麹が入っていましたね。
コメント欄にはジャズだけでなく色々な方向から入っていただけるので嬉しいです。
何処からでも突っ込みいれて下さいな(^o^)って、なんでもありです。

> 一力のシェフもちゃんと日本のトレンドを掴んでいるようで、
> きっと研究心旺盛なシェフなんでしょうねぇ。

色々と楽しいメニューを考えておられます。ジャズだけでなく皆さんお食事も
楽しみにしておられるので、旬な話題になる材料を使われていたので嬉しいですね。
お次はなにやら手作り豆腐とか、どんなモノになるのか興味シンシンです。

J worksさんも麹の美味しさに嵌まっているようですね、またブログを楽しみ
にしています。最近の御饅頭も美味しそうですね。ああいうのが食べたいな!

> ですが、それにしても枝豆、ブリ大根、塩麹を使った汁物..............
> これらとJazzが混然一体となった一力の空間は、おお、fantastic!

そうなんです、普段食べていない日本食のご馳走なのでいっそうこの時間が楽しみ
なのです。まん丸は日本食が上手く作れないので余計に嬉しさが倍層します。

さて、引越しの方は本当に大変ですね。でも新しい環境はとても快適になると
思います。なのでもう少しの我慢です、腰をいたわりながらばあ様なりに
ガンバッテおりますよ。

こんばんわ

読ませていただきました!
久しぶりなのでじっくりと・・・。

ご兄弟で音楽ができるなんてうらやましいとおもいます。
しかも我々とはちがう高いレベルでね・・・。

選曲もいいですね!
アナザー・ユーやサケバラは私もいまや得意なレパートリーになりました。
ほんとにジャズは楽しいですね。

あひる

Re: こんばんわ

あひるさん、こんばんは。

長いご無沙汰でした、皆さんのブログはちゃんとチェックしていますが
なかなかコメントも残せないし、落ち着かなくて更新できない状態でした。

ジャズ仲間さんからコメント欄にメッセージが残されているととても嬉しいです。
早く集中してトピックを思いっ切り書けるようになれるといいですが・・・

Robi の家族はハンガリーのジィプシー音楽一家なのです。小さい頃から
音楽に囲まれて育っているからでしょうね、もう一人のお兄さんもドラム
でトロントで活動をされていますよ。

> アナザー・ユーやサケバラは私もいまや得意なレパートリーになりました。

少し前にジャム・セッションにも参加されているのではありませんか。
益々行動範囲やレパートリーが広くなって楽しくなりましたね。

ところで今年の野菜の出来は満足ですか。ズッキー二が大きかったね!

お久しぶりです!

お久しぶりのこんばんは。

コチラは朝晩は過ごしやすくなってきました。昼間は不安定な天候で、「ゲリラ雷雨」となることもありますが。すごいんですよ、短時間に「どわ~」って。

引越しは数年前に事務所で経験しました。捨てるチャンスなんでしょうが、「これ、捨てちゃって良いのかなァ」なんて思い始めると捨てられなくなっちゃって。。

家だとなおさらでしょうね。今がイチバン忙しい時でしょうし。無理せず、頑張ってください!

Re: お久しぶりです!

A.tomy君、ご無沙汰でした。

今年は、猛暑で大変だったし雨もひどかったし災害も多くて災難続きの日本ですね。
何故こんな天候になってしまったのか、理由は分かっているにしても本当に困ったものです。
今のカナダ昔のように寒くないもの、夏も年々異常に暑くなっています。

パッキングはなんとか少しづつはかどっていますが、引越ししてからも当分は箱の合間で
眠らなきゃいけないかもですが、それを覚悟でいるのでなんとかなるでしょう。
収まりきらないモノは少しづつ処理していけばいいやとポジティヴに考えています。

無理をしない程度にガンバリます、Take it easy! ですね。
A.tomy 君ありがとね(^^)v-274←今夜はこれ。

ご無沙汰してます…って最近いつも…

クミ様、おひさしぶりです。

引越しですか…大変でしたね。
我が家の20年前の引越しが思い出されます。

手伝いを頼んだ職場の後輩が…
「重たい荷物ばかり」…と愚痴をこぼしていたけど…
随分整理して処分しても…妻と私の本だけで…?ん十箱、本って重いですからね~

あー、クミさんはまだ「食い気」有り…人生まだまだこれからですね。
私は最近、「食い気」が無くなり、食事ではなく「餌」になりつつあり、
「人間、食い気と色気」がなくなったらお終いって思ってるから、ヤバイなあと…
まるで「色ボケじじい」です。

最近、聞いているジャズは、
キース・ジャレットのケルン・コンサートばかり…
自分でも、どういう心理状態なのか分かりませんが…
人間の心って不思議なものですね。

Re: ご無沙汰してます…って最近いつも…

ヘビメタじじいさん、ご無沙汰でした。

お元気でしたか、なんとキース・ジャレットに集中されているとは。
人の気持ちは、良し悪しにつれ日々変化しているのでしょうね。
私は、このところ聞き流しのピアノ・トリオの心境でした。

引越しは、引越し屋さんに頼んだのですがやはり重たい本やレコードの
箱があまりにも多かったので気の毒でしたね。それでも本箱5つ位は
ギブアップせねばなりませんでした。
綺麗なハード・カヴァーの美術系が多かったので、これが辛かったですね。

私は、食い気がある時とない時が極端なので困ったものです。
なので今は極限に痩せてしまったので食い気を取り戻してまん丸に戻らねば
なりません。さあ今夜は何をつくりましょうねぇ。

お互いに餌だけにはしにように気をつけましょう(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/132-c28b0de4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Finally connected. «  | BLOG TOP |  » 暑中お見舞い申し上げます。

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。