kennyG830.jpg

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bernie Senensky and Neil Swainson at Ichiriki 2/9/2013 - 2013.02.28 Thu

neilbernie500-2013.jpg
( photos by manmarukumi )

ミササガは、比較的暖かい日が続いています。今マイナス4度ほどですが明日はもっと暖かくなって霙(みぞれ)が降ると予報されています。4月末まではまだまだ長い冬は続きますが、気持ちだけは明るく暖かくいきたいですね。

さて2月の始めに今年初の「一力ジャズ・ディナー」に行って参りました。今年のオープニングは私の大好きなベーシストの Neil Swainson とピアニストの Bernie Senensky です。Senensky さんとのデュオ・ライヴは以前ミスしているので今回のニールの選択で再登場という訳で楽しみにしておりましたよ。多分皆さんには馴染みの薄い名前かもしれませんね、ではご紹介いたしましょう。

barnies400-2013.jpg
Bernie's myspace from here.

Bernie (Bernard Melvyn) Senensky さんは、トロントのジャズ・シーンではヴェトラン(ベテラン?)古株のピアニスト、作曲家であります。1944年マニトバ州ウィニペッグ生まれ、今までに制作された8枚の盤から二枚がカナダの Juno Awards (カナダのグラミー賞に値する)にノミネートされています "For Friday the 14th"、"For Wheel Within a Wheel"、ピアノ部門では多くの賞(Best Acoustic Pianist など)を受賞しておられます。作曲の方でもその腕を発揮し、The Socan Award では Best Jazz Composition、 "Blues for Clifford" を受賞しました。

サイドマンとしては、デュエットで Oscar Peterson や Marian McPartland (彼女のラジオ番組「ピアノ・ジャズ」で出演)や、Art Blakey, The Jazz Messengers, Maynard Ferguson Orchestra, The Elvin Jones Quaartet やThe Herbie Mann/Al Grey All-Star Septet などにも参加しています。

10代の頃にギタリストの Lenny Breau や ベーシストの Dave Young との深い関りも見逃せません、その後1968年にトロントに移住し、アカンパ二ストとしての位置を確立し、 Pepper Adams, Chet Baker, Ruby Braff, Al Cohn, Buddy DeFranco, Herb Ellis, Slide Hampton, Frank Morgan, George Coleman, Zoot Sims, Phil Woods、Dizzy Reese, Jack Sheldon, Sonny Stitt, Joe Pass, Art Pepper, などなど数え切れないカナダを訪れた高名なアメリカのミュージシャンとの共演を果たしています。

1989年頃には、Buddy DeFranco, Herbie Mann, Terry Gibbs と共にヨーロピアン・ツアーなどもしています。それ以前の70年代後半には The Moe Koffman Quintet のピアニストとして在籍し、この頃カナダの最高なスモール・コンボと名指されました。この頃彼はバンドの為に多くの作曲をしており、今でも Koffman の足跡を讃え続ける為に Moe Koffman Band トリビュートのリーダーとして活動しています。

2003年、Montreal International Jazz Festival's prestigious Grand Prix de Jazz
2008年、 National Jazz Awards Keyboardist of The Year Award などを受賞しています。

そういう分けで、Senensky さんのピアノがこの一力で聴けるとはまん丸としてはとても嬉しい次第です。毎回思いがけないアーティストをニールが連れてやって来るのですから、こんなに楽しいライヴはそうトロントではないでしょう。しかもとてもプライヴェートな環境なのでミュージシャンの普段見せない部分を垣間見る事ができるのも魅力ですね。たまにピアノとベースのバトルになったりして思いがけない展開も繰り広げられます、さあ今夜は何が飛び出すのでしょう

neilbernie340-2013.jpg
Neil's page from here. ← ニールのご紹介はこちらからクリックしてね。

1st.set:
1.Falling in Love with Love - Rodgers and Hart のショーチューンですね。軽快なスタートから今夜の選曲はいったい何かな。二人が同時に駆け足で走り出すようにスタートしましたよ。

2.Embaraceable You - 1930年代の Gershwin 兄弟の素敵なポピューラー・ソング、なんだか思ったよりも個性の強いピアノです。この崩れそうで崩れない不思議な感じ、あっ、危ういと思わせてまた安全な場所に引き戻されるこの感覚はなんだろう。上手く説明できないのが歯がゆいです。

3.Hi-Fly - Randy Weston 曲は分かっているのにタイトルが出てこないのでした。二人からだんだん熱気が上昇してきますね、だからデュオ・ライヴは楽しい、相手によって二人の行く先は予想できないのがいいのね。前回はピアノのサポートに回っていたのとはまったく違った Neil のアプローチが面白い。今回は同じリンクに立って相手に立ち向かう体制ですね。

4.I Fall in Love So Easily - 1944年、Jule Styne ,Sammy Cahn の作品、これはもう私としては Chet 様以外に考えられない曲だけど、Neil のイントロから始まった素敵なバラードです。

5.Anthropology - Charlie Parker、Dizzy Gaillespie の曲ハードな Bebop 仕立てが次にくるか!ファースト・セットはいつも手探りで始まります、その時の二人の気分、その時の観客の雰囲気で何が飛び出すか分からないのがまた楽しみです。(aka "Thriving From a Riff")

6.Tenderly, I concentrated on You - Tenderly で始まったと思いきや、途中から I concentrated on You になっていました。お隣に座っていたジャズ仲間のジョンに "Tenderly" だねと目配せで確認、二人ともそう思っていたら、なんのこっちゃ上手く騙された。1940年代のミュージカル、"Broadway Melody of 1940" から、この頃のジンジャー・ロジャースは本当に中年の魅力はち切れんばかりだったなぁ、まん丸は実際にジンジャー・ロジャースを1970年代の中期に見た事があるのですが、実際の年齢よりも20歳は若く見えたように思います。笑顔がとても素敵な方で古き良き時代のハリウッド・スターって感じの貫禄がありました。あっ、また話しがそれましたね。今夜の二人の演奏は、お互いに感化仕合い、引っ張り合い面白い具合になってきましたよ。

7.ちょっとタイトルが分かりません、ただただ曲を楽しみました。これでファースト・セットの終りです。ここでは誰でも気軽に一緒にお写真も撮る事が出来ます。Neil は何時も気さくに観客と会話し、肩を並べて写真を撮ったりと気取ったところがありません。でもここに来るミュージシャンで気取った方など今までに一人もいなかったように思います。多分このリラックスした雰囲気も影響しているのかもしれませんね。大きなコンサート・ホールのロビーで観客に囲まれてこうはいかないでしょう。このサイズだから創り上げる事のできる暖かい雰囲気なのだと思います。

neilbernie500-1-2013.jpg
( Neil Swainson and Bernie Senensky at Ichiriki 2013 )

2nd.set:
1.I hear a Rhapsody - 1940年代のジャズ・スタンダードです。George Fragos, Jack Baker, Dick Gasparre, こうしてブログを書いている時に作曲作詞などの情報を再確認していても次回も同じようにまた誰の曲だっけと思いだす事ができません。自分の為にこうしてライヴの記録を残しているのですが、なんだかこのモノ覚えの悪さに脳の劣化という現実に直面し非常に不安を感じる最近のまん丸なのであります。

2.Like Someone in Love - これも40年代のポピュラー・ソングがジャズ・スタンダードになった曲、ちょっと甘い乙女心を可愛く歌いあげた感じの曲ですね。ピアノのアレンジメントは原曲をあまりこね回さないあたりがいい、でも彼の持っている演奏スタイル自体で十分面白さが感じられるのでシンプルな曲はそのままがいいのかもしれない。

3.Peace - Horace Silver の美しいバラードです。この曲で一番すきなのは Chet の同じタイトルの付いた盤なのですが、今夜の二人の演奏もなかなか素敵です。Horace Sliver ってヒューモアーだけでなく良い曲を沢山作っているのね。

4.Speak Low - Kurt Weill, Ogden Nash これもいい曲ですね。今夜も聴きなれたスタンダード・ナンバーが沢山演奏されました。せっかくユニークなピアニストが登場してくれたのだから、もう少しひねくれた曲も演奏して欲しかったという気もしないではないけど、やはりここに集まる観客の年齢層の要望に応えているという強い感じがします。煩いジャズ・バーでの激しいプレーとはまた違ったディナー・ジャズの良さなのだと思います。

5.Crazeology - Charlie Parker 最後は Bebop で楽しく締めくくりです。飛び跳ねるようなピアノに食付くようなベースがいいね、嗚呼 Neil のベースはやっぱり文句なしに最高です。いつでもそのテクニックに耳が釘付けになります。次は何時彼のベースが聴けるかな・・・


neilbernie500-2-2013.jpg
( ブロアー・ストリートに面した暖かい雰囲気が漂っている一力レストランの夜景 )

さて、今夜のメニューも私達の食欲を満たしてくれました。中華風のサラダがなんと爽やかで美味しかったこと、中華風と聞くとなんだかひつこいような印象がありますが、これはとてもあっさりしたドレッシングでとても気にいりました。こちらでは珍しい湯葉のけんちん揚げも少しの大根おろしが効いていて実に美味しかったです。子供の頃は湯葉なんてあまり気にしない素材でしたが、歯ごたえもあり野菜とそれを取り巻いた豆腐と湯葉のコンビネーションがとても合っていました。上品な薄味の京風味が良かった一品。

それと一番気にいったのがデザートなのです、甘いポテトと栗のジェリーというか柔らかいようかんのような舌触りです、最近のデザートはとても健康志向で大人の味に作ってあるのが嬉しいです。今夜も舌で満足、耳で満足、楽しい仲間との会話にも満足、こうしてジャズを楽しめる環境にいる自分が健康である事に感謝です。

ばあ様のお年頃になるとつくづく健康なくして何も出来ないと多々思わされる事があります。健康でないと楽しいジャズも美味しいものも心からエンジョイできませんもの、皆さんも健康管理をしっかりなさって出来るだけ長くジャズが楽しめるようにしましょうね。ちなみに私の目標は90歳になってもお洒落をしてジャズ・ライヴに通うことです!(笑)

今夜のお品書き:

付き出し - 枝豆
サラダ - 薄切り豚肉の中華風サラダ
焼き物 - カンパチの塩焼き
小鉢 - 茄子の鶏そぼろ庵掛け
揚げ物 - 湯葉のけんちん揚げ
酢の物 - 鮭の南蛮漬け
汁物 - 鶏肉、トマトと野菜スープ
寿司 - 鮭の香味付け、海老、葱トロと長芋の軍艦巻き、玉子と胡瓜の四海巻き
デザート - 薩摩芋と栗の羊羹

次回4月のデュオ・ライヴはオスカー・ピーターソンに深い縁のある二人です。
トロントの皆さんお早い目にお席をお取りくださいな。
Dave Young と Robi Botos 他では(一力限定)そう簡単に聴けないデュオですから。


(お席に限りがありますから、ご予約はお早めにね)
ichirikilantan200.jpg
http://www.ichiriki.ca/

● COMMENT ●

90歳になってもお洒落をしてジャズ・ライヴに通

90歳になってもお洒落をしてジャズ・ライヴに通う。素敵ですね。

Bernie Senensky さんは今年70歳になられるのですね。バリバリ現役でライヴスポットで活躍されている。凄いです。
一力ジャズ・ディナーを企画する日本食レストランも素敵ですね。ちなみに札幌には一力という餅屋があり、ここの餅は絶品です。関係ないお話でもうしわけありません。
さて、
年齢を重ねておしゃれをして生でジャズを楽しみ、食事をする。自分もそのような第二の人生を歩みたいものです。
日本人が外に目がゆかず、内向きと言われて久しいのですが、まん丸クミさんのブログを読ませていただくたびに元気をもらっています。

 待望のNスウェインソン・レポート、ありがとうございます!セネンスキーさんは、昔、Bデフランコと一緒に、コンコード・ジャズフェスティバルで来日の折、OverSeasに遊びにこられて、CD沢山おくってもらいました。ものすごく上手いピアニストで感動したときのことが蘇りました。

 一力に行って聴きたかった~ クミさんのレポートにBravo! 感謝感激です!

Re: 90歳になってもお洒落をしてジャズ・ライヴに通

mikitaka08さん、こんにちは

これは私の切なる希望です、以前は80歳でしたがハードルを上げて90歳にしました。(笑)

この一力のライヴは、レストランのオーナーがジャズの好きなな常連のお客様に感謝をこめた意味でのサーヴィスとして二月に一度、ジャズのお好きな Mr.M 氏と一緒にプロデュースされています。Mr. M 氏のお蔭でトロントでも一流のミュージシャンをここに招く事が出来て最高にラッキーなライヴだと思います。

そして一番素晴らしいのは、演奏中は静かだという事です、こちらのジャズ・バーは煩いですからね。

私は、お酒も煙草も賭け事も主婦のランチ会にも行かないので、このジャズ・ライヴやコンサートが唯一の楽しみなので誰にも文句は言わせませんよ。人生なにか一つくらい楽しみがなくちゃね!でも普段は驚くほどじみ~なばあ様ですよ(笑)

でもそんなばあ様のブログを楽しんでいただけて嬉しいです、ありがとうございます。
そちらの一力のお餅も食べてみたいものです。

Re: タイトルなし

tamaeさん、こんにちは

いつも講座やライヴの用意でお忙しいところを有難うございます。
このところ続けて Neil の演奏を聴けたのでご機嫌なのです。前回とはまた違った楽しさでした。

Senensky さんのピアノは Bebop にとても合ったスタイルだと思います。少し硬めで今回はグイグイと押し捲ったような勢いを見せていました。そういう時の Neil の対応がまたいいんです、受けてたつぜみたいな(笑)本当にいつもアットいう間に時間は過ぎてしまい、もっと聴きたいという余韻に駆られながら終わってしまいます。Senensky さんは OverSeas に訪問されていたのですね、きっと素晴らしい演奏をされた事でしょう。

一番残念なのは一力にグランド・ピアノが無い事です。でもレストランのスペースが狭いので仕方ないのですが、それでもジャズ・バーでもなく、こういう普通のレストランでこうして素晴らしいミュージシャンを招く事ができるのはやはり凄いことだと思います。末永く続くことを祈るばかりです。いつかご一緒できるといいですね。

クミさん、こんにちは

カナダだから聴ける二人のライブですね。
一力のセンスと招聘力は大したものです。 まん丸さんはラッキーです、美味しい食事も付いて!

Neil Swainson、Bernie Senensky、知らないな!と調べたらしっかり持っていました。
ピアノのBernieさんはLPでNew Life(PM)、Michel Donato(b)、Marty Morell(dr)とのトリオで名盤です。 そしてベースのNeilさんは、LPでWoody ShawのSolid(Muse)、CDでRoberta GambariniのSo In Love(Emarcy)に入ってました。

以前にも書きましたがLenny Breau、Moe Koffman、Oscar Peterson等々、カナダ出身の素晴らしいミュージシャンが沢山しますね。 まん丸さんのブログで意識するようになりました。


今年の東京は寒さが厳しく(といっても最高気温は5度以上)、休日は億劫で室内でゴロゴロ、やっと暖かくなる気配が感じられるのでそろそろ起き出そうと思っています。

Re: タイトルなし

tam.raさん、こんにちは

朝、コメントの返事を打ったのに変な所を押して消えてしまいました。(泣)
これやっちゃうと本当に凹みますね。サッもう一度やり直しです。

本当に一力ライヴのお蔭で稀にみるデュオを体験できてラッキーです。
そして一番嬉しいのは演奏中は静かだという事です、トロントのジャズ・バー
の煩さは想像を絶するほど賑やかですから。

ベースとドラムのリーダー盤はとても希少ですが、参加盤となると気の遠くなる
ほどの数があると思います。Neil もご他聞にもれずいたるところでクレデット
されていると思いますよ。Woody Shaw との関りも深いのでなるほどと思います。
Neil のリーダー盤にもWoody Shaw が参加していますから。

Bernie Senensky のLPをお持ちとは、流石にtam.raさんですね!

こうして少しづつでもカナダのミュージシャン達が認識されて、日本でも
ファンが増える事がとても嬉しいです。これからも宜しくお願いします。

こちらは、まだまだ冬が続きます。今年はバルコニーで少しだけ野菜の
栽培をしようと計画しています。プチ・トマトとハーブくらいね。
tam.raさんももうすぐ畑の準備ではありませんか。今年は畑の写真を羨ましく
眺めながらtam.raさんのサイトに訪問することでしょう。
何時もご訪問ありがとうございます。(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/142-e1854e0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Poncho Sanchez and his Latin Jazz Band featuring Christian Scott 3/9/2013 «  | BLOG TOP |  » Jens Lindemann, Doc Severinsen and Wycliffe Gordon at Koerner Hall 1/12/2013

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。