kennyG830.jpg

2017-05

David Restivo & Neil Swainson at Ichiriki 12/14/2013 - 2014.01.12 Sun

davidrneils2-500-12-14-2013.jpg
( Photos by manmarukumi 2013 )

トピックがかなり前後して去年の最後のライヴ・リポートになりますが、これは自己の記録でもある為ご了承くださいな。2013年の最後の 「一力ジャズ・ディナー」 は、ピアニストの David Restivo と ベーシストの Neil Swainson で締めくくりました。この日は昨夜からの吹雪で天候は最悪、夜のライヴは決行されるのかしらと心配になるほど悪かったのですが、仕方なく吹雪の中を運転してトロントのジャズ仲間さんの処まで辿り着き、その夜はMr.M氏の所にお泊りする事にこれで遅くなっても危険な運転はしなくてよいので安心です。次の日は奥様のM子様と久しぶりにダウンタウンでウィンドウ・ショッピングに、めったにトロントに出てこないばあ様にはこれも楽しみの一つです。

やはり悪天候の為に、8人もの方々が残念なことに欠席でした。Neil はまず初めに「こんなに悪い天候の中こうして僕達を聴きに来てくれたことに感謝します」とお礼の言葉から始めました。だから余計に気合が入ったのかこのライヴはとても素敵な良い演奏でした。悪天候で運転だって大変、でもやはり聴きに行きたい、彼らのライヴは絶対にミスしたくない、こんな悪状態の時にわざわざ聴きにきてくれた、そういうお互いが持つ思いも一緒になって作り上げられた雰囲気もあるかもしれませんね。

fromcondo400-12-14-2013.jpg followthesnowremover400-12-14-2013.jpg frommrm400-2-21-14-2013.jpg 
(左、ライヴの朝はすでに吹雪が始まっておりこんな感じでした、午後になって高速道路に乗ると前方に大きな除雪車が3台並んで走っておりなんと時速20キロのノロノロ運転の為ダウンタウンに到着するのに二倍の時間がかかりました。右、次の日は昨日の事が嘘のような平和な雪景色です。)

1st. set:
1. Secret Love - この歌を聴くと自然に Doris Day が浮かびます。小学生の時に始めてこの曲を聴きました。もちろん兄、三角の影響(兄のもっていたドーナツ盤で)だったのは間違いありませんが、こんな素敵な歌がある外国に目が覚めたのはきっとこういう曲からなのだと思えます。Restivo のアレンジが光ります。

2. Dat Dare - Bobby Timmons の Soul Jazz 今夜の Restivo さん、初めからとても乗っていますね。ピアノとベースにピッタリの選曲。どういう訳かこの曲を聴くとテレビ番組の「チェアース」(ボストンにあるバーを題材にした番組)に出演していたキャラクター名でフレージャー(後に自分の名前フレージャーという番組ができる)を思い出す。後この曲に作詞した Oscar Brown Jr. のヴォーカルがなかなか面白いです。

3. Some Other Time - Leonard Bernstein のブロードウェイーミュージカル "On The Town" から。綺麗なメロディーでうっとりですね。

4. Invitation - ポーランド人の作曲家 Bronislaw Kaper の曲 、多々の映画音楽をクリエイトしている。On Green Dolphin Street とかもそう、この曲はよくここにくるミュージシャンが好んで演奏する曲と思います。調べてみると "Lord Jim" も Kaper の映画音楽担当のようですね、残念な事に Peter O'Toole が先週お亡くなりになりましたね。O'Toole は大好きな俳優の一人でした、この映画には若い伊丹十三も出演していました。

5. Own Your Sweet Way - Dave Brubeck はピアニストとしては好みではありませんが、作曲家としては好きです。この曲のもつ優しさはなんとも言えず Brubeck の人柄というかその人が出ていると思います。二人のデュオで今夜はとても素敵な演奏で聴く事ができました。Restivo さん本当に上手い!

6. This I Dig of You - Hank Mobley でファースト・セットの締めくくりです。皆さん Restivo さんの今夜のパフォーマンスにとても満足のご様子。良かったね、いい演奏だ!とばあ様の耳に入ってくる会話が嬉しい限りです。ニールはもちろん何時も100%の彼の実力を発揮しているので文句無しなのです。

残念な事に今夜のセカンド・セットは少し早めに終わるそうです。天候の悪さもありますが、Restivoさんが Rex Jazz Bar の最終ギグに間に合うかどうか分からないので早く終わらせてあげようという事になりました。

davidrneils400-12-14-2013.jpg
(最近益々活躍の Dave Restivo、Neil Swainson At Ichiriki 2013)

2nd. set:
1. 何だったか、一応覚えられるのですが、ただ思い出せないのです。(笑)

2. It Never Enter My Mind - 1940年の Rogers & Hart のミュージカルの一曲、ほとんどのミュージシャンがこの曲を録音しているのではないでしょうか。う~んこの曲 Ben Webster のテナーが聴こえてくるのね。

3. If I should Lose You - この曲って、スローテンポだととても哀しい曲になるし、アップ・テンポだととても割り切った気持ちで次に行こうって気持ちにさせる。詩の内容はともかく今夜はアップ・テンポで締めくくりましたという事は明るいThe End ってことね!

という分けでセカンド・セットはたったの3曲でしたが、まあ仕方がありません。トロントの冬は天候の様子を見ながら予定も変更せねばならない時があります。今夜は二人の演奏はスバ抜けて冴えていたし、とても満足のできるライヴでした。今年はとても良いライヴに恵まれてばあ様はとても幸せです。来年もまた期待ははずみ、よりよいライヴに恵まれる事を祈って幕が下りました。恐い運転をしたかいがあったと言うものだ。

sushiatichirik400i 12-14-2012
お品書き

突出し - 枝豆
サラダ - ポテトとキヌアのサラダ
煮物 - 筑前煮 (鶏肉、薩摩揚げ、大根、人参、蒟蒻、筍)
揚物 - 海老クリームコロッケ
小鉢 - 湯豆腐、大根の葉の煮物添え
焼物 - 鯖の味噌掛け焼き
汁物 - 烏賊と野菜のトマトスープ
寿司 - 鮪、スモークサーモン、鰯、はまち、鯛、細巻き
デザート - 豆乳レアチーズケーキ、果物の寒天寄せ

今回のサラダにも前回使われていたキヌアが入っていました。この感触がなかなか面白い、穀物のようなそうでないような、実際は種なのだそうだけど葉というか菜と一緒に頂くとなかなか宜しい。最近このキヌアが栄養価面でも注目されているようです、自然食志向のシェフのアイデアでしょうか。いつも何かしら楽しい発見が。私の大好きな海老のクリームコロッケが入っていました、このさくさく感がいいのね。

そして私の好きな鯖の焼き物。私は魚では、はまちと鯖が好きなのだけど家ではめったに鯖はお料理しないのでこういうのがお皿に並んでいると嬉しくなります。御寿司までくるともうお腹が一杯で苦しくなりますが、白人の方々ってペロッと食べてしまうのね、やはり食生活の量の違いを感じるわ~。でもデザートは別物、豆乳のレアーチーズケーキもフルーツの寒天寄せも、もう二人分位は多く食べれるような気がしました(笑)

今年も美味しいお料理を頂けて本当に良かったです、元気だからこそエンジョイできるのですね。素晴らしいジャズ・ライヴに美味しいお料理に舌づつみをうち、気のあうジャズ仲間さん達と素敵な時間を過ごせる事に感謝です。また来年もライヴは続きますが誰がこの空間を素晴らしい音色で一杯にしてくれるでしょうか。今では、一力のジャズ・ライヴは私のジャズ・ライフの一部ですね。


ichirikilantan200.jpg
http://www.ichiriki.ca/

● COMMENT ●

こんにちは

 ナイアガラが凍る今冬、トロント周辺の寒さをお察しいたします。また、そんな寒さにめげずにジャズライブに出かけるまん丸クミさんの熱い気持ちから元気をもらいました。
 secret love のジャズ・アレンジはどんなのでしょう。想像もつきません。後ほどyoutubeでさがしてみます。
 こちらも連日雪雪雪です。雪かきで腰を痛めました。お互い雪道の運転だけは気をつけましょう。

Re: タイトルなし

mikitaka08さん、こんばんは。

先週までの寒波が嘘のような今日の温度はなんと7度まで上がりました。
道路の雪も溶け、運転もスムーズでこれが何時まで続くやら・・・

そちらの積雪は半端ではないので大変ですね、もう写真を見て嗚呼とため息が出ました。
こちらは寒さが酷いとあまり雪が降らないので助かりますが、少ない雪でも氷になるので
運転が恐いです。お互いに北国に住む人々はこの季節を耐えなきゃいけないのが難儀ですね。

腰を痛められたようですが、気をつけてくださいね。
私は雪かきから解放されたので本当に去年今年とその点では楽になりましたが。
でも寒いからと言って家に篭っていては北国では何もできないですものね。
好きな事には寒くても笑顔でいくのであります!(根性のばあ様であります)

Secret Love はなかなか素敵なアレンジでした。でもこの曲、ジャズのアレンジで
過去にも聴いた事がありますが、オリジナルのメロディーはそんなに崩していなかった
ような気がします。この曲は本当に素敵ですもの。

こんばんは

一力のライブはいつもいい雰囲気ですね。

いつも感心するのは曲名がほとんど分かっていること。
ジャズの場合、知っている曲でもアレンジで全然違う曲のように聞こえることがあるでしょ。
曲名が分かっていてもすぐに出てこないときもある。

ライブを聴きながらその場で書き留められているんですか?
それとも録音を録ったものを聴きながら?

あひる

Re: こんばんは

あひるさん、今晩は。

そうなのです、いつもリラックスした雰囲気で聴けるのが一番!

タイトルは直ぐにわかるモノもあれば、半分聴いた頃にようやく思いだすモノもあるし。
最後になってようやくタイトルが出てくる始末だったり、哀しいかな昔のように
直ぐに出てこなくなりました。残念ながら録音はできませんのでその時に聴いて
できるだけ、吸収するようにしていますが・・・・

曲を紹介してくれる時はよいのですが、乗ってくるともう続けていっちゃうので
タイトルが分からない時は、その曲のフレーズを書き留めておいて家に帰ってから
タイトルを調べます。歌詞の一部がタイトルになっている場合が多いのであの感じ
というのを紙切れに走り書きしておきます。

私は、よくあのヴォーカリストが歌っているやつとか、あの盤で聴いた曲とか
メモっておいて調べるとだいたいあっています、それをもっと確認したい時は
You-tube で検索して曲のタイトルを調べると間違いないですね。
ジャズの音源は2000枚位あるので、どれかに同じ曲が入っているだろうけど
ほどんど何がなんだか覚えていません。聴く盤って案外決まっているようで
一回聴いてそれっキリというものも少なくありません。もったいない!

タイトルも歌詞の一部も分からない時は、ミュージシャンに直接聴いたりも
します。休憩の時に機会があれば3曲目は何ていう曲だったのって。
そしたらちゃんと教えてくれます。そういう気軽な雰囲気がここにはあるので
有難いですね。

届きました!

A.tomyです。こんばんは。

「去年は去年」で「今年は今年」ですね!(^-^)
お互い、頑張り過ぎずに、頑張りましょう!
今年もよろしくお願いします。さて・・・

>Secret Love

ハンプトン・ホーズが演っていますよ。(^-^)
「The Green Leaves of Summer」
「アラモ」も入ったボクの大好きなアルバム♪

>Peter O'Toole

来日したヘレン・メリルは、同じ「ピーター」でも、
ピーター・セラーズのファンだと語ったのだとか。

Re: 届きました!

A.tomy君、おはようございます。

結構早く届いたのですね、驚いた!

今年は、このサイトの更新をもう少し増やしていきたいと思います。
それと趣味の歴史のクラスに休まずに通うことを目標にして今年は
生身の方々との交流も増やして行きたいと思います。

Secret Love、 Hampton Hawes がやっているのね、これは要チェック。
その盤はあるのかないのか、探していたらMingus との ”Mingus Three"
Charles Mingus Trio が見つかったのでそれを聴きながらこれを書いて
います。Hampton Hawes と Danny Richmond のドラムスです。
どんなアレンジの Secret Love なんでしょう、気になりますね。

Peter O'Toole は大好きなんです、アラビアのロレンスなんか良かったですね。
最後のフィルムでは少し哀しいおじいさんの役をされていましたが、とても味が
あってやはり素晴らしい俳優さんだと思いました。
ヘレンさんの好きな、ピーター・セラーズは少し苦手な部類です(笑)

もしも・・

まん丸クミさん、こんばんは。 

僕はライブで、この曲は知ってる!あーこれも聴いた事あるぞ、ってそんな感じなのですが、曲名を思い出せない(笑) 歳のせい?・・いや~もともとかも・・

クミさんの今回の選曲も知っている曲が多くありますが、さて、その場ではたぶん、思い出せないと思います。
そんな時に、クミさんがお隣にいらっしゃると、良いですね、これなんだったっけ? って聞けますから。 そんな妄想をしておりました(笑)
出そうで出てこない、このもどかしさも、いいかもしれませんね。

一力の料理はいつも美味しそうですね。 

Re: もしも・・

MINGUS54さん、こんばんは。

いや~っ、私も最近はかなり曲名が出てこなくなりました。
そして曲の半分位聴いてやっと出てくる始末です。
このコメントの一つ前にどうやって曲名をちゃんとリストアップしているのか
説明しているのですが、曲名がでてこない時は歌の一部をメモしておいて家で
確かめるなんて事をしています。

これが結構楽しいのです。あっ、やっぱりそうだったとか、えらい勘違いして
いたとか、合っていれば嬉しいですし、間違っているとかなりへこみます。

ノドの所まで出ているのに、出てこないこれが一番もどかしいですね。
そういうことが最近は多すぎでもうタイトルを記録するのをやめようかとも
思いますが、やはりせっかくだから曲名は残しておきたいとも思うし。

ここを訪問してくださるジャズ仲間さん達とライヴにご一緒できたらどんなに
楽しいか。数年前に東京と新潟でオフ会を経験してまたオフ会に参加できたらと
思います。カナダの一力でオフ会というのもまた良いかもしれませんね。

今後ともよろしく

まん丸クミさん はじめまして。

訪問ありがとうございます。

カナダは1度旅行しただけですが、
バンクーバーもバンフもお気に入りです。
また読ませていただきます。

音楽からもらった楽しさを文章にしていきたいと思っているので
今後も寄ってみて下さい♪

Re: 今後ともよろしく

リグビー様、はじめまして。

すいません、どこからそちらに辿りついたのか明確ではありません。
しかしジャズのリンクを伝って行ったのは間違いないです。

とても偏ったサイトですので、興味のある話題がいつも満載という分けには
いかないと思いますが、またお時間のある時にはお立ち寄り下さいな。

1930―50年代のミュージカルにはジャズのスタンダードになった曲が沢山あり
ますので楽しい素敵な探検してみてくださいね。
こちらこそ、ご訪問ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/163-9e1a9efe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

東日本大震災復興支援コンサート in 久喜市 3月1日2014年 «  | BLOG TOP |  » A Happy New Year! 2014

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード