kennyG830.jpg

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Neil Swainson & Don Thompson / Tranquility  - 2014.04.18 Fri

nswainsoncdcover500-3-16-2014.jpg
( photos by manmarukumi、Cd Cover painting by Neil Swainson )

日本の皆様は、元気でお過ごしでしょうか。こちらはクレージィーな天候が続き、温度も20度を越しようやく暖かくなったと思えば、次の日はなんとマイナス7度に下がり雪が降ったりする始末です。しかし今日は温度も8度と上昇し、週末には過ごし易い天候になると予報しています。これがカナダの気候なんだなぁ、とにかく温度差が半端ではありませんので老体に応えること。

最近はなかなかブログの更新も侭ならず、月一の更新もサボりぎみでした。新居にまだご招待できていなかったジャズ仲間さん達の訪問、猫のベビーシッター(黒い皮のソファーが傷だらけに、大泣!)、税金申告など避けて通れない事、楽しい事も嫌な事も含めてなんと忙しかったことか。未だにお役所から送られてくるはずの書類が届かず、4月末の申告期限に間に合うのかと、不安が頭をかすめる。まったくどこの国もお役所仕事って時間がかかりますね。

そんなイライラした気分を鎮めてくれる、素敵な盤を繰り返し聴いています。Cornerstone Records から Neil Swainson と Don Thompson の新譜が発売されました。待ちに待った、 Neil の第二段のリーダー盤です。そのタイトルは "Serenity" 静けさとか平静という意味ですね。「やっと楽しみにしていた二枚目ですね」、「いいものが出来たと思うよ是非聴いて欲しいね」 という事で、今回のデュオのお相手は多才な Don Thompson です。今回 Don はいったい何を演奏しているのって聴かねばならぬほど、彼が全ての楽器に通じているから、これまた心がワクワクしてしまいます。

Vibraphone も最高に良いけれど、この間聴いたピアノ( Don and Neil's live at Christ Church 2013 )の演奏も実に素晴らしかった。そして今回の彼はピアニストとしてクレディットされています。Don のピアノをじっくりと聴きたかったので、嬉しい一枚になりましたね。聴くほどに二人の落ち着いた演奏が、ざわつく心を静かな場所に導いてくれるようです。そして Don のピアノがなんと素敵なこと。ベースが控え目でピアノが前面に押し出されいるのは、やはり Neil の人柄が出ているような気がします。彼は曲のツボでしっかりとベースの存在を表現できる奏者だから、リーダー盤だからって無理押しで前に出るなんて必要ないのですね。デュオのバランスの良さを存分に楽しめます。

しかもこのジャケットの絵画は、なんと Neil 御自身の作品というから気合が入っていますね。きっと彼の故郷であるBC州の海岸辺りなのでしょう。才能のある方って、一つだけでなく色々な方面でそれを発揮する事ができるんですね、あまりにお上手なので驚いてしまいました。しかしこの画だけを観ていると、タイトルの静けさというよりも、少し荒々しい波の音と磯の香りが漂っているような印象を受けました。口数の少ない Neil の心の中を表現すると、こんな風に力強さがドーンと存在するのかもしれませんね。静寂の中の筋が一本通った強さなのでしょうか。あまり深く考えないで次に行きましょう。

nswainson450-9-2013.jpg
( photo courtesy of Mr. Mitsuo Johfu ) Introduction to Neil Swainson

↑ この写真とても素敵でしょ、これは Gene DiNovi さんのレコーディングの折りに、マシュマロ・レコードの上不氏が撮影された一枚です。いつもばあ様のピンボケ写真で、まともなお顔が紹介できていないので、今回はこれを使わせて頂きました。良いお顔されていますね!Neil のご紹介ページも、お時間があれば読んで下さいませね。

jimhallnotes450-3-16-2014.jpg

余計な言葉がまったくない暖かい紹介文を書かれているのは、最近お亡くなりになったギタリストの Jim Hall さんです。 この二人の素晴らしいミュージシャンが、彼らの経験や思い出や希望をなんと素敵に美しく私達と共有してくれていることか、これ以上何を望めるでしょう。 エンジニアの Chad Irschick はこの完璧なバランスの保たれた、貴重な瞬間を私達に届けてくれました。三人の仲間達よ本当にありがとう!ジム・ホールと締めくくっています。

nswainsonbackcover500-3-16-2014.jpg

Neil と Don の交友関係は35年にもおよび、あらゆるセッティングで演奏を共にしてきました。そして Neil が一番好きなのは二人で織り成すデュオ、そのパフォーマンスを今回披露できる事がとても嬉しいと語っています。

選曲も彼らのお気に入りですが、"Tranquility" というタイトルは、古い二人の友人の会話のような、そんな淡々とした内容を反映しているんだとか。アレンジメントも最小限に抑えて、最大の自発性を考えながら演奏に臨んだそうです。

まずは C. Parker の "Quasimodo からスタート。息の合った二つの楽器の楽しさ、鍵盤を踊る指の動き、弦を爪弾く感触、そういうモノが感じられる二人の音を丁寧に拾っていきましょう。両手に溢れんばかりに。二曲目のイントロからは、この曲 "Smoke Gets In Your Eyes" のタイトルが思い浮かびませんでした。好きな曲だけどこんな繊細な部分を含んだ曲だったのですね、Don のピアノは最高だ! 4曲目のNeil のオリジナル "Tranquil" の静かな旋律はただただ美しい。二人の織り成す絹のタペストリー。"Time Remembered" を聴いているとベースという楽器を演奏する事に必要なインテリジェンスを感じます。ソロのベースに絡む Don のピアノもジワジワと心の中に浸透してきます。"Mr. Lucky" 都会の軽快さ、リラックスした二人の演奏は、疲れをふっ飛ばしてくれるのね。このアルバムに収められたそれぞれの曲から、 Neil や Don の人柄が感じられる事でしょう。いつもライヴで見せてくれる熱い演奏とは違った一面を、この新譜で味わう事ができました。 "Tranquility" 是非あなたに聴いて頂きたい一枚です。


nswainsoncd400-3-16-2014.jpg
Cornerstone Records


..........................................................................................................................................................................................


マシュマロレコード イヴェント ニュース

横浜のマシュマロレコードのお宝映像の鑑賞会です。Scott LaFaro, Stan Getz with Oscar Pettiford, Clifford Brown などなど興味をそそるラインアップですね。お時間のある方は是非どうぞ、お席に制限がありますのでお早い目にね。私も行きたい!!

jazzevents500-5-2014.jpg

● COMMENT ●

そちらは、すごい気温の差なのですね。体調管理に気を付けてください。
こちらは、桜も散って暖かくなってきました。

Neil Swainson と Don Thompson の新譜、良さそうですね。
こちらでも手に入るかな。探してみます。


Re: タイトルなし

miyukiさん、おはようございます。

長いごぶさたでした、メールなかなか出来ずにごめんね。
今日は、めちゃええ天気!気持ちの良い週末の朝です、温度も10度ほどですよ。
芝生の緑も多めになってきました。もうすぐ春です、そこまで来ていますね。

Don さんは、近年ずっとジャズ教育の方にも力を入れてこられたけど、
最近は演奏やCDの制作に精を出されているのか、日本のレーベルでも録音されておられますね。
彼らの新譜はカナダのジャズ・レーベルである CORNERSTONE のページをクリックしてみてね。

今夜は、ライヴで Mike Murley が来るので日本からのオーダーの事を聞いてきますね。
日本のカードでちゃんと問題なく購入できるのかって。彼はコーナーストーンの一人なのです。

ありがとうございます

Thompson,Swainson共、大好きなアーティストなので興味津々の作品です。格調の高い作品なのでしょう。
イヴェントのご紹介ありがとうございます。店側では和気藹藹のサロン的催しを希望しているようですが手加減しない、こちらもお客さんも学べるようなものにする予定。これしかできません。昔のジャズ喫茶にあったような凛とした、道場的な場所にしたいと思っています。

Re: ありがとうございます

上不様

お忙しいところわざわざ有難うございます。
イヴェントの掲載は、ばあ様が許可もなく勝手にやっている事なので了承くださいませ。
「横浜のマシュマロを勝手に応援する会」のなごりです。(笑)まだこの会あるのかしら?

リストの中には自分も観たいと思うモノがいくつかあります、きっと有意義な鑑賞会になるでしょう。
ポリシーをしっかりと持っておられるマシュマロの鑑賞会だからそれで良いと思いますよ。
こられる方々もきっと他の要素は何も望んでおられないと思いますが、道場的な時代に生きた年代の
方々の参加も多いことでしょう。私も近くにいれば是非参加したいイヴェントです!

素敵な商売

こんばんは。A.tomyです。

この記事のお蔭です。ドン・トンプソンさんの名前から
ファイヴ・スターズ・レコードを思い出し、久々に覗いてみたら、
↓↓こんな盤が出ているではありませんか!
http://www.fivestars-records.com/FSY-516%20the%20quartet.html

まだ入手はしていませんが、この連休中には・・・探し出しますぞ!

また、マシュマロレコードのイヴェントのご紹介ありがとうございます。
日程は体力的に厳しいかな・・・6月のジーン・ディノヴィさんにも興味ありです。

>上不さま

昨年暮れに「Worth While Konitz」のアナログ盤を見つけました。
裏面に掲載された解説と詳細なデータが嬉しいです。
ジャズ喫茶に預かってもらっていますが、お気に入りの一枚です。

Re: 素敵な商売

A.tomy君、おはようさんです。

お久しぶりです、お元気のようですね。良かった。
ここのレーベルで Don と Pat兄弟をたまにお見かけしますね。
私は、ニールとジーンさんのデュオを一枚だけ持っていますが
A.tomy君のご紹介されたこの盤もよさげですね。

マシュマロのイヴェントはオフ会と重なっているのでなないかな?
丁度都合の良い週なので色々な場所をイヴェントがある日かもしれませんね。
6月の Gene さんもお歳ゆえ、この機会に是非聴いて欲しいと思います。

「Worth While Konitz」このリヴューがとても良いので気になる一枚ですね。
メンバーも曲目もいい感じです。
でもジャズ喫茶で預かってもらっているとは、きっとよい環境で聴ける場所という事やね。

Worthwhile Work?

Worthwhile Konitzのタイトルは当初Alternate-lee(べーシスト、Peter Indの提案)の可能性もありました。今となっては後者のほうが良かった。
このLPの解説、私が生まれて初めて書かせてもらったもの。私のジャズの師、故粟村政明さんのお口添えでした。私が結婚前、25歳の時でした。越後湯沢、高半旅館で、小説「雪国」を書いた川端康成を気取って、丹沢山の麓の旅館で書くはずが、あまりに静かすぎて落ち着かず、結局我が家で書く破目に、、、。解説の稿料は旅館の宿泊料の半分でした!!宿帖の職業欄に「自営」と書くところ、「商人」と書いて(死の商人?)宿屋の主人が「大丈夫かな?この人?」と怪訝そうな顔をしていたのが思い出されます。今から43年前のお話です。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/169-1c828960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Gene DiNovi in Japan /Yokohama, Nagano and Saitama 2014  «  | BLOG TOP |  » One Day At The Little Italy 

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。