kennyG830.jpg

2017-05

亀の如く - 2015.11.08 Sun

condo500-2015-1.jpg
( photos by manmarukumi 2015 view from condo )

11月に入ると朝夕がめっきり寒くなってきました。すでに10月末には初雪も少し舞い上がり、人々の装いも冬支度に入ったミササガ市です。日中は10度位でお出かけには最適な気温ですが、なんとばあ様は職場で事故にあい(転倒した折にぶつかった本箱の角に凄いインパクトで肩を激突)、右肩脱臼、右腕骨折という羽目に、しかも眼鏡で目と眉毛の間を切るという救急事態に、お出かけどころか半軟禁状態でした。

アッと言う間に5週間が過ぎ、ようやく右腕をスリングで支えている状態にも慣れて、なんとかキーも打てるようになり、片腕で簡単な食事も作れるようになりました。しかし右手はスリングをしていても工夫して上手く使えるようになったので、かなり出来る範囲も広がってほっと一息、まあこういう経験もありかと前向きに生活している次第です。後はリハビリの時期がそこまで来ているのでもう少しの我慢ですね。車が運転できないと仕事には戻れないので少し焦りもあるのですが、焦ってもどうにもならないですから、もう「なるようになれ」の心境ですね。この間に身も心もうんと静養しておきましょう。

こんなに時間があったのに、どういう分けかジャズを聴く気になれず。長い間ただただ娯楽系のミステリー本に没頭していました、余計な事を考えなくてもよかったというか、久しぶりに宮部みゆき以来、娯楽本に嵌まったというか、内田康夫の「浅見光彦シリーズ」にどっぷりの日々でした。しかしやっとジャズ・モードのスイッチが入ったようで、あの盤を聴きたいとか色々なジャケットのイメージが頭の中を行ったり来たりし始めました。そういう分けで手当たり次第にこんなものから聴き始めました。

condo500-2015-2.jpg
(霧で視界がとても幻想的な光景でした、なんだか海底にいるような錯覚に陥る)

Herbie Steward - Herbie 's Here (お気に入りの盤、ほっとする音色)
Ahmad Jamal - At the Spotlight Cafe
Chet Baker - September Song
Marc Copland Trio - Haunted Heart and Others
Pat Martino Quartet - Undeniable (このメンバーの Tony Monaco を今年やっとライヴで聴けました、良かった!リポートは後程)
Jutta Hipp - with Zoot Sims (ジャズ友さんのブログの記事をきっかけに聴き直した盤)
Jutta Hipp - At The Hickory House vol.1
Jan Lundgren Trio - Plays Cole Porter Love Songs
Kasper Villaume Trio - Estate
Sir Charles Thompson - The Jazz Legend (珈琲を頂きながら、静寂な心が戻る一枚)
Kiyoshi Kitagawa - Prayer (あるコンサートで Brian Blade のドラムスを聴いたのに、印象が今一だったのが残念、クラシカルとジャズの混合だったが、今迄に一番がっかりしたコンサート、リポートにも書けていないが、この盤は別もの良い盤でした) 
The Doobie Brothers - Minute by Minute (息抜き、1970年代のばあ様の定番)
Maria Schneider - Coming About
Nguyen Le - Songs of Freedom
Barney Wilen - Barney (この盤、好きやわ~)
Carmell Jones - The Remarkable Carmell featuring Harold Land (これもええわぁ!)
Jancy Korossy - Creat Jazz Piano
Joop Van Deuren Trio - Private (Waltzing Matilda を調べている時に、ジャズ仲間さんから頂いた大切な一枚)
Michel Portal - Bailador (ジャケットがかっこよすぎ)
Teddy Edwards - It's About Time
Dollar Brand (a.k.a) Abdullah Ibrahim - Reflections (初めて彼のピアノを聴いたのは高校生の時だった)
The Super Premium Band - Sound of New Yourk (Kenny Barron、Ron Carter、Jack DeJohnette 素敵なトリオ)
Cedar Walton - One Flight Down (Joe Farnsworth のドラムスが好き)
John Coltrane - My Favorite Things
Gerry Mulligan Art Farmer Quartet - in Stockholm & Hollywood 1959
Barney Wilen - Jazz sur Seine (Barney やっぱし、ええわぁ)
Andre Condouant - Brother Meeting
Enrico Rava Quintet - The Words and The Days (大好きな The Wind という Russ Freeman の曲が入っている)
Kurt Rosenwinkel - Deep Song
The John Young Trio - A Touch of Pepper (Inchworm ポール・マッカートニーの新譜にも選んでいた曲)
Phil Woods - Pot Pie ( 故人を偲んで聴いてみました、とても楽しい盤です)
Phil Woods - Bird of Feather
Ron Carter - It's The Time (このトリオの Mulgrew Miller も逝ってしまわれたなんて・・・)

400-3-5-16-2015.jpg
(もう6週間近く一緒に暮らしている Coda という子猫)

さて怪我をした翌日になんと、子丸が CODA を預かってと連れてきたではありませんか、「オーノー!なんでやねん」 、自分の身辺の事もまともに出来ない状態なのにと、始めはなんという無神経な奴と怒っていたのですが、まあ色々な事情もあって当分預かる羽目に。そうです例の毛の長い猫様が同居人?になってしまったんですね。お掃除もちゃんと出来ないばあ様のコンドは、猫屋敷化し、毛玉がそこ等中に飛び散る始末、しかし手が自由に使えず毎日家にいるというのは退屈なものです。5週間目にもなると CODA は良き相棒になり果てたのでありました。睡眠時には私の枕に自分の頭をちょこんとのせ、前足を私の肩に置き、ばあ様と並んで寝る仕草の可愛い事。動物って飼っていると情が湧いちゃいますね、でもやはり早く飼い主の子丸の元に返って欲しいです。

前回キズ付けられた皮のソファや爪とぎ椅子など、カヴァーをかけてカキ傷予防をしてあるのですが、それがまた見た目にとてもかっこ悪い、視覚的にもう表現する言葉が見つかりません。お見舞いに来て下さるという方々にもせっかくだけど、お気持ちだけで十分とお断りする始末です。本当はお会いして、おもいきりお喋りしたいばあ様なのですが、私自身これだけ猫の毛が目立つ場所には行きたくないから。床がダーク・ブラウンという色も、白い毛が目立つ要素なんだけど、毎日床をはいて、毛をブラッシングしても一杯落ちているのにはもうお手上げです。11月末までというお約束ですが、どうなりますやら。

さてこの機会に、溜まりに溜まっているトピックの整理でもする事にしましょう。長くキーを打っていると少し肩の具合が悪くなりますので今日はこの辺で。まったく更新していない状態でも訪問して下さるジャズ仲間の皆様、本当に有難うございます。早く右腕が自由に使えるようになりたいものです。


coda400-1-5-16-2015.jpg
(ばあさま、もっとあそんでくれないかニャ~)

● COMMENT ●

お久しぶりです。

まあ、えらい災難でしたねえ。
さぞ、不自由な毎日だったことでしょう。
でも、回復に向かっているようで何よりです。

そんな時にネコのめんどうもみなければならないのは、きつかったですね。
それでも別の面では、いい癒しにはなったのでは?

しかし、転倒で骨折、脱臼、切り傷.....と、そこまで大ゴトになってしまう
というのも、あまり聞いたことがないですが、よほど忙しく動き回って
いたのでしょう。何となくイメージできますw
そういえば、スケートで大ケガされたこともありましたよねえ。
まあ、気をつけてくださいねえ!

厳しい季節になりますが、くれぐれもご自愛ください。

Re: タイトルなし

J worksさん、 お久しぶりです。

まったく事故は一瞬にして起きてしまうものなのですね。
忙しく動き回っていたのでもなく、倒れる途中でブックケースにぶち当たったという感じで。
床に到達した時点で肩はすでに脱臼していたような気がします。手が前に出せなかったので。
ほんと、こんな大事になるとは想像もできませんでした。
これからは、自分の置かれた環境に再認識で仕事ができるようになると思います。
無駄な経験はないですね。

コーダのおかげで、滅入らずにすんだかもしれません。
やはり動物は可愛いですね、とてもお茶目で要求が多い女の子です。
でも確かに癒しになったような気がします。

お見舞い有難うございました。写真たのしんでます。

まん丸クミさん、こんばんは。
最近更新がないのでどうしたのかぁと思っていました。
大変でしたねぇ、お互いに気を付けましょう(笑)
僕も実家の野良仕事を週二日ほどしているのですが、慣れない仕事で危うく怪我をしそうになったことは数知れずです。
ペットには癒されますよね、家には16歳の”みるく”という愛犬が居るのですが、今は要介護4ぐらいの状態です。
それでも、こちらが癒されています。 
音楽ネタ、最近はもう切れそうです(泣)
ジャズ離れでしょうか、最近CCRなんかをよく聞きます、懐かしくって癒されます(笑)

こんばんは♪

脱臼に骨折って大変でしたね
僕らの歳になると治るのも時間が掛かりますし
動けないという事も精神的にも辛いと思いますが
焦らずじっくり治して下さいね

子猫のCODEちゃん可愛いですね
世話が大変だったとは思いますが、いい仕事をしてくれて
んじゃないかと思います。
我が家の子猫も暴れて随分振り回されてますが、一緒に寝たりして
それ以上に癒しを与えてくれて、ほのぼのとした雰囲気にしてくれてます。





Re: タイトルなし

MINGUS54さん、こんにちは。

月一の更新の上に、この状況でしたのでかなりのご無沙汰でした。
でもやっと両手でキーが打てるようになったので良かったです、凄い開放感です。
片手ではもうイライラ度が上がり過ぎて、すぐにギブ・アップしてしまいました。

MINGUS54さんも、慣れない畑仕事をされているという事ですが、事故って本当に思わぬところから発しますので気をつけて下さいね。そして60歳にもなると反射神経が自分が思っているほど良くないという事も把握せねばならないって、つくづく思い知らされました。

みるくちゃんの事はブログにもたまに書いておられますね。要介護たいへんですね。ペットは家族の一員だから、やはり歳を取ると大変です。私も昔飼っていた猫が18歳の時に安楽死を選択せねばならなくなり悲しい思いをしました。徘徊が始まり、体中が痛そうな状態で大変でした。一週間ほど涙が止まらなかったです。動物は嘘をつかないからそのまま気持ちが伝わってきますね。

ねた切れですか、ゆっくり行きましょう。気の向くままに書けばいいですよ。
(私もジャズ仲間さんにそう言われて、ここまで続いていますから)
たまには違ったジャンルの事だって楽しく書けば気分転換になると思います。
私もそうやって、なんとか細々と続けているのですもの。CCR70年代はよく聴きましたね。
スローな亀状態ですが、これからも宜しくお願いいたします。お見舞い有難うございます。

Re: タイトルなし

メタさん、こんにちは。

まったくこの歳になってこんな目にあうとは想定外でしたが、この歳だからこういう危険な状態に陥りやすいというのも事実ですね。メタさんも意外な原因から足の痛みが発症していたのですから、本当に何に気をつければいいのか分かりませんよね。

今週は、専門医へ行って骨折した場所のレントゲンを撮って、それ次第でリハビリにいけるかどうかです。あっと言う間の6週間でしたけど、これからが長いリハビリなので、今からが本当は大変なのかもしれませんね。まっ焦らず、気長にやっていきたいと思っています。

コーダは、本当に癒しになりました。始めはどうしようかと思いましたが、彼女の御蔭で気分的に楽しく過ごせたと思います。でもとてもお茶目なので、困ったものです。メタさん所の子猫ちゃん達はすごく活発で大変そうですね。家の中に4匹とは、想像もつきません。賑やかを通り越しているでしょう(笑)でも楽しそう!

いつも暖かいコメントを有難うございます。お見舞い有難うございました。

まん丸クミさん

こんばんは、
酷い目にあったみたいですが、これだけ長い記事を書ければもう大丈夫、早く出社できるように頑張って下さい。
私も階段を踏み外しそうになることがよくあります。
5年ほど前の冬の寒い日、コートのポケットに手を入れたまま階段で転び顔面激突、お互い気を付けましょう。

今回の記事、気に入りましたよ。
凄くリラックスしていて、ジャズも良いですがこれでもいいんじゃあないですか。 また楽しみにしています。

まあ

こんばんは
随分なお怪我です。
15年ほど前、過労気味で自転車通勤中に転倒して右鎖骨を折ったことがありまして、記事を読んでいて当時のことをまざまざと思いだしました。
骨がつながっても暫くは妙な違和感があるのでお大事になさってください。

猫、可愛いですね。
私も近所の人懐っこいアメリカンショートヘアに癒されてます。
身体をこすりつけながら足元を8の字に歩き回るので転びそうになりますが、彼の「この人、好き~」という感情表現のようですから(笑

The Doobie Brothers が愛聴盤と聞き、なぜかちょっとホッとしてます。
最近、ちょっと古いかもしれませんがLights out asiaにはまったりしてます。

Re: タイトルなし

tam.raさん、こんばんは。

だいぶ良くなったような気がします。はやくリハビリに移りたい。
でもヨガが出来る状態に戻るまではかなり時間がかかりそうです。
しかしtam.raさんの顔面激突は、かなり痛そうですね。
コートに手をいれて歩くのはこれから考えものですね。きをつけなくちゃ。

この事故でなんだか、人生そう急ぐ事はもうないんだって気持ちになってます。
今年の春から少し頑張りすぎていたのかもしれません、きっと神様が「クミもっとゆっくりでいいよ」と言ってくれているのかもね。リラックスした気分が文章に表れているのでしょうか、それなら嬉しいです。

いつも優しいコメントを有難うございます。tam.raさんも、転倒にお気を付け下さいな。

Re: まあ

CHSさん、こんばんは。

まったくもって酷い目にあいました。でも皆さんも、けっこう色々な場所で怪我にあわれているのですね。自転車での怪我はスピードも加わって怖いですね、鎖骨って微妙な場所で大変だったのでありませんか。
CHSさんも、これからの時期、路面凍結など気をつけてお走り下さいな。

彼らは、ちゃんと可愛がってくれる人を知っているのでしょうね。きっとCodaが去っていくと寂しくなるかも・・・

ばあ様だって色々なジャンルもたまに聴くのですよ。やはり若い時に流行ったものって根本的に体の中に滲んでいるというか、すぐに入ってしまいます。

Supertramp - crisis? what Crisi?
Richie Hevens - The End of the Beginining
Donald Fagen - The Nightfly
Mark-Almond
10CC - Bloody Tourists

とか大好きです。モータウン・サウンドとかブリテッシュ・ロックとか一応色々なものを潜り抜けてジャズに辿り着いたという感じかな。カントリー・ウエスタンだけは好きになれませんでした、あの旋律とか節回しが苦手というか。
ある時、Dave Brubeck が医者に何にアレルギーがあるんですかと聞かれて、カントリー・ウエスタンと答えたそうです。なんとなく笑えてしまいました。(カントリー・ウエスタン・ファンの方ごめんなさい)

Lights out asia、は知りませんでした。さっそく聴いてみました。宇宙空間にあうようなサウンドだと思いました。

T & T 様

大阪のT&T様

携帯からのメールを受け取りました。どうも有難うね。
以前のように返事が届かないかもしれないので、念のためここでご連絡させて下さい。

私は、このとうり元気で生活しています。
T君、ダスキン持って掃除に来てほしいです。
Tちゃん、美味しいコロッケ作って欲しい。
最強の二人がいれば怖いモノ無しなんやけど!

こんにちは

お久しぶりです。お怪我をされていたとはわからず、更新がないのをどうしたのかと思っていました。徐々によくなっているようで、なによりです。

ミステリー本も読みだすと面白いですね。浅見光彦のシリーズは、主人公があちこちと出かけて行くので、旅という要素もあって、かなり読みました。続いて、ジャズもお聴きになっていて、ラインナップを拝見しました。バルネ・ウィラン、シダー・ウォルトンやアンドレ・コンダンなど、僕の好きなミュージシャンのものがあって、嬉しくなりました。

12月にディスク・ユニオンから発行される雑誌「Jazz Perspective」は、カナダのジャズ特集です。また、ジャズ喫茶マシュマロと上不さんのインタビュー記事が掲載される予定です。発売されるのが今から楽しみです。

Re: タイトルなし

azuminoさん、お久しぶりです。

更新がスローなうえに、この状態でしたので、もう観覧者の皆さまから忘れさられるのではないかと思いました。明日からリハビリ(physiotherapy) が始まりますので少しわくわくした気分です。

丁度、日本の単行本が手に入ったのですが、その中に沢山この浅見光彦シリーズが入っていました。初めての作家でしたのでまったく予備知識がなかったのですが、本当に面白いキャラクターが満載で、しかも旅気分も味わえて、なかなか面白かったです。azuminoさんも読んでおられたのですね、時たま旅の記事を掲載されておられるのでいつも楽しみにしていますよ。

その他には、夏から読みかけていた司馬遼太郎の「この国のかたち」や「歴史の世界から」などを読んでいます。これは彼の視点で色々なトピックを語られているので興味深いです。好きな作家です。

基本的に、一番好きなのはやはり50-60年代なのだと思いますが、乱聴なのでその日の気分でかなり色々なジャンルを聴きまくります。次のトピックに、この秋最後に聴いたライヴがあまりに素晴らしかったので、早くその事をまとめてしまいたいのですが、いつになりますやら。

> 12月にディスク・ユニオンから発行される雑誌「Jazz Perspective」は、カナダのジャズ特集です。また、ジャズ喫茶マシュマロと上不さんのインタビュー記事が掲載される予定です。発売されるのが今から楽しみです。

これは、とても興味がありますね。なんとか手にいれたいと思います。お見舞いありがとうございました。

お見舞い申し上げます。

お久しぶりです。
寒いのに災難でしたね。
そうです、体調悪いとJAZZ聴けないんですよ。
聴けるようになったということは、もうすぐ全快ですね。

こんばんは

 大変な目にあいましたね。
 でも頭をぶつけなくてよかったですね。
 転倒の際に一番こわいのは頭を固いものにぶつけることだそうです。

 右腕の負傷は日常生活に支障をきたしますね。さらに猫の面倒を見るとは。
 私事で恐縮ですが、先日無理な作業をして腰を痛めたところに生後2か月半の孫が遊びに来ました。生後2か月半とはいえ、けっこうな重さ。抱いて一緒に童謡を聴いたり、ディック・ブルーナの絵本を読んであげたりしている内にアラ不思議!腰の痛みがやわらぎました。
 ねこのお世話も実はリハビリに良いのかもしれませんよ。すいません、勝手にきめつけて。
 寒さに向かいます。日本とは質の違う寒さですのでご自愛のほどを。

 さて、ずいぶんとお聴きになられたのですね。
 知っているものが少なく、まん丸クミさんのテリトリーの広さに驚きました。
 音楽を聴く力が出てきたら、もう大丈夫です。
 人間、不思議なもので、気持ちが萎えると音楽を聴く気力もなくなりますよね。
 そのクセ、音楽から力をもらう。
 ま、私だけかもしれませんが。
 車の運転にはくれぐれもお気を付け下さい。

Re: お見舞い申し上げます。

鈴木(ヒデ2362)さん、おはようございます。

やっと昨日からリハビリが始まりました、全快にはまだまだ時間がかかりそうです。
少し寒くなってきましたが、治療所がとても近いのでリハビリが無理なく続けられそうです。

ジャズを聴くというのは、体力もいるものですね。(もちろん種類にもよりますが)
やっと聴きたい意欲が戻ってくれたので良かったです。

いつも素敵な写真を楽しませて頂いてます。素晴らし田園の風景や京都の石畳が好きです。
お見舞いありがとうございました。

Re: タイトルなし

mikitaka08さん、おはようございます。

本当に危機一髪というか、本箱の角で顔面を打つのもかなり痛いでした。
目と眉毛の間を切ってしまったのですが、目を怪我しなくて幸いでした。

鈴木さんのおっしゃる通り、猫と一緒に時間を過ごすことでとても癒されたと思います。
もちろん可愛いお孫さんとでは比べることは出来ませんが、その生命力とかエネルギーに
直感化されるのだと思います。昨日はそのコーダも無事に返っていきました。
ほっとした半面、少し寂しくもあり複雑な心境ですね。
鈴木さんも腰の方は十分にご注意下さいね、でもお孫さんと楽しそうですね。

>  人間、不思議なもので、気持ちが萎えると音楽を聴く気力もなくなりますよね。
>  そのクセ、音楽から力をもらう。

本当にそうですね、エネルギーをもらうのに、萎えすぎると聴けなくなる不思議な現象です。
でももう大丈夫、朝から聴きまくっていますよ。
早く車が運転できるようになりたいです、でないと仕事に戻れませんから。
ご訪問、お見舞いありがとうございました。

あせらずに

もうリハビリは始められているでしょうか。
とんだ災難でしたね。
お仕事のことを考えると気持ちが焦るかもしれませんが、こればかりは時間薬で仕方ないので、開き直るのがいいですね。ゆっくり焦らずに養生してください。

ジャズを聴く時間があるのに聴く気にならないという気持ち、わかります。
ジャズを聴くのもエネルギーが必要だと思います。でも、ジャズもまた聴きたい気持ちになられたようでよかったです。回復している証拠だと思います。
これから寒くなるのでケガに影響がないといいです。

Herbie Steward - Herbie 's Here、いいですね。私も大好きです。

Re: あせらずに

miyukiさん、お久しぶりです。

はい、先週から週に3回のリハビリが始まりました。
家から歩いてたったの5分という距離なので無理なく通えるのが嬉しいです。

ボスがはやく返って来いというのですが、そんな事言われても無理なのに。
確かに焦りは禁物ですね、なるようにしかなりません。しかしリハビリは結構痛いものです。
でも少し腕が(25%位だそうですが)上がるようになってきたので、その少しの変化が嬉しいです。

ほんとに長い間、何も聴く気にならなくて読書に没頭していました。
その他には、ネットで日本語のテレビ番組を見たりして気晴らしをしていました。
それと猫と一緒に昼寝ばかりしていたのも良かったかも。

やっと最近ジャズを聴きたい気持ちが湧いてきて、リハビリしながら聴いたりしています。
miyukiさんに頂いた盤も何回も聴き直しましたよ。Mulligan と Art Farmer のやつ、あれいいね。

今日は、朝方はみぞれのような雪が降っていました。
段々寒さが増してくるのが、肌で感じられる季節に突入です。
miyukiさんもお風邪などひかれませんように、気をつけてね。
いつも元気になるコメントを有難うね。

次のエントリーもこれから読んでみます

お久しぶりのこんにちは。

dukeさんのところに投稿できたので、今日はコチラも大丈夫かな?
というのも、パソコンの調子が悪いのです。
mixi日記も書けない始末。。

体調がよくない時は「欲」が無くなりますよね。
食べたい、聴きたい、恋をしたい(?)。
もっとも、快復しても「仕事したい」には。。(^^;

>ある時、Dave Brubeck が医者に何にアレルギーがあるんですかと聞かれて、カントリー・ウエスタンと答えたそうです。

面白いですね。以前、コルトレーン・アレルギーと仰っていた方も。ボクも少々その気がありますが。。(^^;

Re: 次のエントリーもこれから読んでみます

A.tomy君、お久しぶりです。

パソコンだいぶ長い間、調子がわるいみたいですが、買い替えの時期かもね。
私のお古も8年ほど使いました。
今でもなんとか動いているけど、スロー過ぎてほとんど使っていないです。

> 体調がよくない時は「欲」が無くなりますよね。
> 食べたい、聴きたい、恋をしたい(?)。

これって本当に良く言えているわね、欲が無く(亡く)なっちゃうのね。
でも、二か月近くもくすぶっていると、早く仕事がしたくなってきました。
仕事している時は、早く辞めたいとか思っているのにね。
まあ人生思うようにはいかない、そんなものですね。
恋をしたい(?)はかなり昔に卒業しちゃいましたが(笑)
でも結構痛いリハビリは、なんとかこなして頑張っています。
なんとフィジオセラピーの先生が日本の「ゴジラおたく」だったのには驚き。
昭和、平成、ミレニアムのDVDを全て持っていると自慢してました。v-12

アレルギーには、色々あるけどやはり私の場合はカントリー・ウエスタンかな。
これだけは、どうしても飲み込めません。

そちらのジャズ喫茶リポート楽しんでます。
段々寒さも増してきましたね、濡れた冬の道に気を付けてね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/193-e5272062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Bernie Senensky Trio with Harry Allen at Jazz Bistro 9/24/2015 «  | BLOG TOP |  » Steve Amirault Quartet at The Pilot 8/15/2015

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード