kennyG830.jpg

2017-05

Toronto Jazz Festival 2009 - 2009.07.19 Sun

トロントジャズフェスティヴァル

今回で23回目を迎えた10日間に渡る(6月26-7月5日)トロントのジャズフェスですが、今回もまた素晴らしいミュージシャンの顔ぶれでした。

Sonny Rollins, Tony Bennet, Gary Burton, Kenny Garrett, Dave Holland Quintet, Eliane Elias, Al Di Meola, Kenny Werner, ChuchoValdes, ヴォーカルの Melody Gardot など今話題の歌姫も登場。締めくくりは89歳になる Dave Brubeck などなど素晴らしい面々でした。

日本からは日加修好80周年を記念して”ナベサダ”こと渡辺貞夫さん、そしてピアノの上原ひろみさんが参加されていました。

私は最終日のメインステージに立つ渡辺貞夫さんの Sextet を満喫しました。76歳になる”ナベサダ”さん、そのステージに漂う存在感がもうたまりません!

ステージに立った瞬間から観客はのりにのって喝采の波、ナベサダさんの前に演奏したケニー・ギャレットとカナダのベースギターリストのアラン・キャロンさんの興奮の演奏後だったこともあり、時間的にかなり遅かったにもかかわらず、”ナベサダ”さんはアンコールを2曲も演奏してくれたのでした。

ピアノとのデュオで美しい風景の見えるような風をステージにを吹かせてくれました。その ” Brazillian Song ” という曲が、もうめちゃ素敵だったなぁ。

nabesada450.jpg
( photo by manmarukumi )

日本からのメンバーは、小野塚晃(p、f)、コモブチキイチロウ(el.b),則竹裕之(ds)、養父貴(el.g),ンジャセ・ニャン(per)、皆さんそれぞれに素晴らしいソロを聴かせてくれました。

ベースのコモブチさんの感情豊かな笑顔がとても印象的でした。則竹さんのピアノはぴかいち、バップではめちゃ熱く、バラードではなんと繊細にしかしシャープさに欠けず、そしてパーカッションの太鼓は爆発だぁ~!

ナベサダさんのフルートはババモヨサンゴマ(正しい発音のタイトルではないかもしれませんが)と Easy Spring の美しい旋律はフルートの素晴らしさをフルに発揮させていました。

ニューヨークで録音したという新譜の中の一曲、Not Quite Samba も披露されて、面白いエピソードなどもそえて観客の笑いを誘っていました。FMラジオのインタヴューにもヒューモアーのセンスが光っていました。

メインステージはトロントの市役所の前にある Nathan Philips Square という広場に設定されたテントの中にステージが設けられて、テントの外にも人々が座ったりできる場所もあり、ティケットの買えない人々でも唯でライブが聴けるというのも、嬉しい計らいです。

その会場にはもう一つのステージがあり、お昼にランチタイムジャズといいましょうか、近くで働いている人々や、観光客がジャズをフリーで楽しめるという趣向です。

そのフリーのコンサートになんと日本の洗足学園音楽大学のジャズコースに在籍している大学生 Quartet の ” Ten Ten ” が参加していました。

彼らは札幌のシティジャズコンテストで150組の中からグランプリを受賞したというグループで、若いエネルギーを発散させていて観客を楽しませていました。こういう人達が海外にまで来て活躍できる場所があるって楽しいですね。
ガンバレ ” Ten Ten ”

atcityhall480.jpg


幾つかのフリーステージでもトロントの旬なジャズアーティスト達がこの10日間出演していました。見たいものが盛だくさんでした。

今回の”ナベサダ”さんのティケットはなんと35ドルプラス税金で40ドルほどなのです。しかもこのライブは他にも Kenny Garrett Quartet とAlain Caron Quartet が演奏したから、なんと3つのグループでこの値段なのですね。日本ならこれらの一人ひとりのコンサートがBNなどでは8000~10000円もしているのかもしれませんね。

ミュージシャンやライブ会場によっても値段が違い、トニー・ベネットは最低席でも55ドル、最高で150ドルしていました、それでもやはり日本と比べると安いですね。こういうライブがトロント周辺の40の会場で350以上のコンサートが繰り広げらました。

garrett450-2.jpg


今回、同じステージに立ったケニー・ギャレットもずっと聴きたいと思っていたサックスプレーヤーだけど、彼がマイルス・ディヴィスに認められた頃の方がなんだか自分的には音色が濃くって好きな感じです、ってかなり昔の事だから比較しちゃ駄目だけど、それでもやはり変化してきたギャレットも良かった。今回の Quartet のドラマーJustine Brown が見物でした、なかなか熱い演奏をしていてよかったです。

Charlie Brown Goes to South Africa なんてヒューモラスなタイトルの曲が印象的。

Alain Caron は、カナダ(モントリオールを拠点として活躍している)ベースギーターの人ですが、フュージョン系のグループで活躍していたギターリストです。

すごい技術の持ち主です。彼のことはまた別の機会に紹介しましょう。最後の Caron のファンキーな Eddie Harris 作曲の “ Freedom Jazz ” が最高でした。


いや~今回の“なべさだ”さんはもう最高、こんなに幸せな気分になったのは久しぶりです。

あっと言う間の4時間半でした、あまりに興奮しちゃって次の日は嬉しいぐったり感が

。。。さてさて来年は誰がくるのだろうか?

● COMMENT ●

フルート

サックスも良いけど、ナベサダのフルートも良いよね。
素敵なライブが見られて、羨ましいです。

Re: フルート

コメント、有難うございます。

歳を重ねられて益々磨きのかかった演奏、ステージでの会話の
楽しさ素晴らしいライブでしたよ。
76歳になられているのに、信じられないほどかっこいいです!

これから43rd Parallel northを宜しくお願いします。

開設おめでとう

ブログ開設、おめでとう。

ナベサダ、生で聴けていいなあ。
これからも、たくさんカナダからのジャズ情報、感想、その他色々、発信してください。

Re: 開設おめでとう

Miyukiさん、訪問ありがとうございます。

ライブに行った後の興奮、良かったCDのリヴュー、皆と情報交換できる楽しさ、これから
ゆっくり無理しないペースでやってゆきたいと思いますので、宜しくね!

まってましたぁ~♪

おはようございます、まん丸クミ さん。
いつ始めるかと心待ちにしておりましたが、颯爽とした感じの素適なブログで、またまた楽しみが増えました。v-10
いながらにしてカナダのジャズシーンを覗えるなんて幸せなことです。これからもよろしくね。

Re: まってましたぁ~♪

しんじさん、ようこそ!

お褒めの言葉をありがとうございます、本当は自分の写真(一番ボトムにある)でタイトルを決めた
かったのですが、まだ方法がわからないので、当分これでいこうと思います。

これからも宜しくお願いいたします(今日はちょっと真面目なまん丸でした)

No title

クミさん、ブログ開設おめでとうございます!

カナダは、いいライブが安く聴けていいねぇ!

カナダってG8加盟国の中では唯一、過去において
侵略国家のイメージが少ない国ですよね。
一度行ってみたいです。


ヾ(´ー`)ノ。・:*,。・:*:・゜'☆ Congratulations・・・

開設おめでとうございます♪

とってもライヴを愉しまれた様子が伝わってきますよ!

おおっ!

開設、おめでとうざんす♪
早速「お気に入り」に「まるちゃん」で登録しました。
ああ、ライブ行きたいよ~(>_<)

Eddie Harris

まん丸クミさん、こんばんは。

ブログ開設、おめでとうございます。
Eddie Harris も出演したようですね。日本では“Freedom Jazz”の作曲者としてしか話題になりませんが、いち早くエレキを取り入れたのはこの人です。ハリスの電化サックスはフワフワした高揚感があり気持ちが良くなります。

おめでとう。

くみちゃん、ブログ開設おめでと。ナベサダさんのライブ、行きたくなりました。そして今日は私もライブ。良かったわあ~。
ピアノとサックスのデュオ。

楽しみです

こんばんは。
ハンドルネームも変えられたんですね。
今後の展開、楽しみにしています♪

祝 オープン!

いきなりで、びっくりしましたよ。
これからも、よろしく。
カナダのジャズシーンは、ゆたかですものね。
のんびり、ゆっくり、やってください。

ライブ

こんばんは、ドラです。

ブログ開設おめでとうございます。
カナダのジャズ情報を楽しみにしています。

Re: No title

25-25さん、コメントありがとうございます。

カナダはアメリカの影になって良く見えない国だと思います。
だいたい北アメリカとして一まとめ、同じように見られることが多いですが、
またっく違った国民性と伝統(イギリス系、保守的)を持っている国です。

まだまだアメリカと比べると安全だし、住みやすい安全な国だと思いますよ。

Re: ヾ(´ー`)ノ。・:*,。・:*:・゜'☆ Congratulations・・・

トミー君、いらっしゃ~い。

掲示板に書き込もうと思っていたら、その前にこの書き込みが。。。
これからも宜しくね。

Re: おおっ!

ゴロさんのお気に入りできてよかったです。

まるちゃん。。。なんとか味噌の女の子版のような気持ちでござんすよ。
○○28人目ではないので権乱せんように(笑)

Re: Eddie Harris

dukeさん、ようこそいらっしゃいませ。

Eddie Harrisは出演してないんです、Alain CaronがHarrisのこの曲を最後にガンガンに
演奏したのでした。ややこしい文章になっていてすみません(^^;
Caronのエレクトリックベースがもう最高にファンキーで気持ちを高揚させてくれました。

Re: おめでとう。

madameさん、いらっしゃ~い!

マダムさんに、クミちゃんって言われるとなんだか照れくさいですv-10
お互いに健全な不良主婦で突っ走りましょう!(なんでやねん)笑

Re: 楽しみです

ねひつじ君、ようこそ!

私はこの”まん丸クミ”がとても気に入ってます。とっても今の自分って感じなのね。
これからも宜しく。

Re: 祝 オープン!

まっは師匠、おいでやす!

ずっと構想は練っておりましたが、ついに爆発しました。
もうちょっとで不完全燃焼するところでしたけど、なんとかこぎつけました。
ぼちぼマイペースのまん丸クミを宜しくお願いしますね。

Re: ライブ

ドラさん、コメント有難うございます。

これから一杯、大好きなカナダのミュージシャン達を紹介していきますので、
大先輩の目で見守ってやって下さいませ。

こんにちは

先日はブログにコメントありがとうございました。
トロントジャズフェスティヴァル、すごいメンツですね!
ナベサダさんとケニー・ギャレットを一緒に観られるなんて羨ましい限りです。
ケニー・ギャレット・カルテットのジャスティン・ブラウンは、8月のビルボード大阪でも暴れまわっていました。
それでは、またお邪魔しますね。

Re: こんにちは

yamakey様、ようこそいらっしゃいませ。

不定期に情報をアップしておりますので、たまに覗いてみてくださいね。
そちらの話題の意外な組み合わせにちょっとドキリとしました。こんなのありかって(笑)
なかなか興味深いです。これかも宜しくお願いいたします!

カナダでナベサダ、うらやましい

7月に青森県南郷でナベサダを聴きました。
相変わらずいい音を出していました。
特に、則竹裕之(ds)、ンジャセ・ニャン(per)、の掛け合いはもう最高に楽しく聴くことができました。
残念ながら、彼ら2人とナベサダのCDがないことです。
カナダのミュージシャンは、オスカー・ピーターソン位しか解りませんが、たまには訪問させて頂きます。

Re: カナダでナベサダ、うらやましい

つうきんのとも様

コメントを有難うございました。私は始めて生のナベサダを聴きましたので感激でした、
でもそれはきっと76歳という年齢であそこまで力強い演奏をこなしているという事も含めて
の驚きもありましたが、いやぁ~良かったです。
もっと沢山の日本のミュージシャンが来て欲しいですね。上原ひろみさんも来ておられた
のですが、時間がかぶさって聴けませんでした、残念。
またニャンさんの太鼓もすごい迫力で魅了されてしまいました。

カナダには、まだまだ沢山の素晴らしいミュージシャンがおりますよ。
不定期に気ままにやっていますので、たまに覗いてやってくださいね、これからも宜しく!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/2-e93bba18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Neil Swainson «  | BLOG TOP |  » Introduction to Jazz from 43rd parallel north

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード