kennyG830.jpg

2017-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Queen of the Night 9/18/2010 - 2010.09.24 Fri

Queen of the Night (夜の女王)、夜更かし常習犯のまん丸の事ではありませんよ。今日の話題は、大変に珍しいこの花です。一年に一度だけ、しかも夜中に数時間咲いて終わってしまう果敢ない花のお話です。
queen500.jpg
( photo by Storms Photography )

この花の専門的な名は ”Selenicereus Grandiflorus” (セリニチェリアス グランディフロリス)という舌を噛みそうな名前がついています、 別名 ”Queen of the Night” Cactus (サボテン)の一種なんですね。日本名を 「月下美人」 といいます。 ”Beautiful woman under the moon” なんとポエティックな素敵な名前でしょう。 これ以上この花に相応しい名前は考えられないでしょう。

原産はメキシコやキューバ、ジャマイカ、プエルトリコ辺りの島々やセントラル・アメリカに生息している夜行性の花でこれらの真の種類はとても貴重で稀なものだそうです。 現在市場に出回っているほとんどの種類は雑種なのだそうです。 しかしそれでもやはり珍しい花であることに間違いなく、この花が開花しているところを実際に見た方は小数でしょう。

遅い春から初夏頃に開花するらしいですが、部屋の温度がコントロールされているカナダの室内では咲くタイミングも少し違ってくるようです。

さてこの月下美人が我が家にやってきたのは、数週間前のことです。ジャズ仲間の Mr. M氏から電話が入りました、 「まん丸ちゃん、花咲きそうやから取りにおいで」 と。何の事かいなっと思ったらそれは月下美人がこの1週間の内に開花すると仰るではありませんか。大きな天井まで届く植木の鉢から葉っぱらしき(私にはそう見えるのですが)部分を移植して苗木にして育てた立派なサイズの月下美人を下さると言うので私は大喜びで氏のお宅へ。

Mr. M氏 実は、月下美人のエキスパートなのであります。もう10年以上も月下美人を育てその記録を明確に記録され、あらゆる角度から分析し花の蕾のサイズからそれがいつ咲くか一目で分かってしまうのです。頂いたポットの植木は5年ものの結構なサイズです。しかも3つも蕾をつけているではありませんか。

話しによるとこのサイズで3つも蕾をつけているのは珍しいそうで、そんな大切な物を頂戴してもよいのかしら?氏曰く、「たいしたもんやから、あんたにあげるんやんか」というご返事です。いやぁ~もう感激!「持って帰ってお母ちゃんにみせたげなさい」 とまだ一度も月下美人の花を見たことのない母の為にプレゼントして下さったのでした。

もちろん母は、生まれて初めて見る不思議な月下美人の開花を興味深く観察して喜んでいました。今日は皆さんにもこの不思議な花の開花をご覧いただきましょう。


開花の一日前、花の蕾の先が上に向いています、それが蕾の重さで徐々に垂れてきます。
buds400.jpg
( ここから↓ photos by manmarukumi )

丁度蕾が真横の位置になるとその夜に花が咲くのです。後一日で咲きそうです。
bud400.jpg

とても不思議な葉っぱのような茎からニョキっと出ている花の部分。蕾が下がってきました。
fromstem400.jpg

夜の9時頃になりますと花が咲き始めました。トロピカルな花の匂いが少し立ち込めてきます。
justopened400.jpg

12時頃になると部屋中に濃厚な花の匂い、これで夜行性の昆虫や小動物達を誘うのでしょうか。横からみても花が精一杯自己主張している感じがしませんか。
sideview400.jpg

頭が痛くなるくらいに濃厚な香りです。見ためも熱帯に咲く大輪という感じですね。雄しべと雌しべの姿は生命力を感じてしまうほど、存在感があります。
inside500.jpg

私は、花の後姿が好きです。白い花びらを通して優しい光が素敵な陰を作ります。
backview500.jpg

花の命は短くて、なんだか寂しい姿ですがこの花は昨夜一生懸命に咲き誇りましたね。
shes finished400

さて、この ”Queen of the Night” にはもう一つのお話が続きます。私が始めてこの花を見たのは M氏のお宅でした。 私は郊外に住んでいますが、M氏はダウンタウンに住んでおられます。ライブのある時はとても便利なので M氏の所にいつも車を駐車させて頂くのですが、あるライヴの終わった夜でした。

「ちょっと上まであがっていき」 と誘って下さいました。もう11時を過ぎていたのでご辞退すると、「他の皆もちょっと寄っていくさかいに、まん丸ちゃんもちょっとおいで」 と言われるので、では少しだけという事で部屋に行くと。 なんとそこには大きく開花した月下美人の花が咲いていたのでした。 M氏はこの開花の時間を見計らって皆さんを誘ってくださったのです。 なんと洒落た計らいでしょう、皆さん初めて見る月下美人に感動されていました。もちろん私も、とにかく夜中に数時間しか咲かない花なのでなかなかその機会を持つことは難しいのですね。なんとまあ幸運なことでしょう!

その話を母にしましたら、彼女も一度は見てみたいと言っていたのを氏は覚えて下さっていたのです。という訳で今回この貴重な月下美人をプレゼントして下さいました、本当に有難うございました。

FOWER20OF20THE20NIGHT.jpg
FLOWER OF THE NIGHT

1. Akarenga Blues (DiNovi)
2. Canadian Sunset
3. Day In Day Out
4. Flower Of The Night (DiNovi)
5. It's You Or No One
6. Miki (DiNovi)
7. Once Upon A Time
8. Trolley Song
9. Two For The Road
10. Veronica (DiNovi)

Marshmallow Records (2006)

さてこの開花の様子を見て感動された一人にピアニストの Gene DiNoviさんがおられます。 咲き始めた蕾を見て氏はいてもたってもいられなくなって Geneさんに電話をしました。 Geneさんは夜中に車を飛ばして M氏宅へ、 Queen of the Night の開花を M氏と数人の友人とご一緒に経験されて、その神秘的な純白の大輪に魅せられました。 その時にインスピレーションを受けて作曲されたのがこの盤のタイトルでも察しがつくように ”Flower of the Night” だったのです。

美しく優しいメロデイーに神秘的な花の短い命の儚さ、その静かな空間に漂う甘い香りがこの曲から感じとれるでしょう。 Geneさんはこの曲をライヴでよく演奏されます。彼の作るメロディーの美しさには定評がありますが、何回聴いてもこの花の持つ不思議な美しさを感じさせる素敵な曲です。

またこの盤では、珍しくブルースを弾いておられます、”Akarenga Blues”は横浜の赤レンガ倉庫と Geneさんの郊外にある赤レンガの教会を改造したコテージと掛け合わせて作られたそうですがこれも聴きどころです。詳しい事はライナー・ノーツにも書かれているのでここでは省略します。

この盤には、Canadian Sunset など気になる選曲がされているのと、Geneさんのオリジナルも4曲入っており、しかも大好きなベーシストの Neil Sainson と Joe LaBarbera の繊細なドラムでこのトリオが成り立っているのが嬉しいところですね。オーソドックスなピアノ・トリオそれがいいんです、じわ~っと心に染み込んでくる演奏ですが。それだけでなく Day In Day Out, Trolley Song など楽しい曲も入っていますよ。


flower250_2.jpg
今日は、Queen of the Night のお話しでした、萎んだ花をどの辺りから切り取ればよいのか変に切って植木にダメージを与えては大変。M氏に電話をすると「あれなぁ~食べれるねんで、M子ちょっとまん丸ちゃんに説明したげて」という事で、なんと奥様の M子様は「花弁を一枚づつはがしてそれを三杯酢で食べるといいのよ」と仰るではありませんか。おそるおそる花弁を剥がしてお皿に並べて、まず何もつけないで試食してみました。う~んなんだか薄い青い味、あの濃厚な匂いとは比較にならないくらい無味なのでした。この話にこんな落ちをつけてよいものか? Queen of the Night の短い花の命は、まん丸のお腹の中に納まったのであった・・・


● COMMENT ●

良いアルバムですね。

クミさん、こんばんは。
FLOWER OF THE NIGHTは、気に入っていて店でも時々かけています。
今回の記事を読んで、このアルバムが誕生したいきさつがわかり、ますます好きになりました。

Re: 良いアルバムですね。

KAMIさん、v-273今日は。

何回聴いても聴き続けたい盤ってありますね。
Geneさんのアレンジの美しさや楽しさは一度好きになるとやみつきになります。

彼の指の運びというか、鍵盤の上を踊っているような感覚が好きです。
来月の始めに、ジェネレーション・トリオのコンサートがあるんです。
今から、とても楽しみです。

No title

不思議な花だね。それに、すごく神秘的。
日本名の「月下美人」は、本当にピッタリの名前です。

この花をジャケットに使ったGeneさんは、粋な人だなあ、と思いました。
それに、彼のピアノにこの花は合っている気がします。

素敵なプレゼントでよかったね。

私は、まだ実物を見たことがありません。死ぬまでに一度は見てみたい。
そして、濃厚な香りも体験したいです。

おはようございます。

月下美人の開花の様子、背筋がぞくぞくするほどきれいです。
後ろから写した写真で「ぞくぞく」はピークに達しました。

香りが強い花だそうですが、うちでも、育てていたサボテンが咲いたことがあるんですが、香りはありませんでした。

あひる

Re: No title

Miyukiさん、こんにちは。

この花が月光に照らされている風景はきっと凄いだろうなぁ。
真っ暗なジャングルの中に白い花が眩しい位に浮き出ている姿は妖艶でしょうね。

でも日本語名のイメージは、おしとやかな控え目な姿ですね。

ジャケットの写真は Mr.M が撮りました。やはりこの曲だからこのジャケットですね(^^)

本当に素晴らしい贈り物でした。稀な花なので大切に育てたいと思います。
上手に育てられるといいけど、少し心配です。

> そして、濃厚な香りも体験したいです。

たった一つの花だったのに、部屋中に匂いがあっと言う間に広がりました。
次の日にこれより小さめの蕾が二つ開きました。これは前日のより控え目な匂いでした。
沢山咲いているジャングルなんかは、どんなものが想像できないですね。

Re: おはようございます。

あひるさん、今晩は。

ずっと昔に、友人の叔母様がこの花を持っておられて開花した花の写真を
送ってくださった事があったのですが、少しボケていてディーテールが
分からなかったので実感がなかったのですが、実物をみてびっくりでした。

その構造とか、生態とか目の前にしてみると、不思議さが倍増しました。
花弁は絹のように薄くて滑らかで、とても美しいです。

しかし、この花の大きさは大人の男性の手くらいはあるのでやはり匂いも
強烈なのかもしれません。そして暗闇の中で咲くというのもやはり見えない分
色でなく匂いで昆虫たちをおびき寄せないといけないのかもしれないですね。

Queen of the Night ♪

いいですよね
邦題名
「月下美人」
美人に弱い爺ですから
世に咲き方が神秘で
そこが女性に例えられるのでしょうか
日本語は言葉の響きにつられます
勿論
素敵な女性にもつられますが♪

God bless you...

Re: Queen of the Night ♪

Azumiさん、お久しぶりです。

本当に素敵な淑やかな日本名ですね。しかし実物はとても力強い印象を
受けました。きっとそれはアロマというか強烈な香りがそう感じさせた
のかもしれませんが。

ジャズの邦題にしても、思いも寄らぬ題名がついていて以外にそちらの
方があっていたりする事もありますね。やはり東洋と西洋の違いを感じます。

しかしこの開花を見てからは、「夜の女王」という感じがなるほどと頷けた
ような気がします。視覚的な角度からみた日本名と嗅覚的な要素もふくまれた
外国名の違いなのかと思いました。

つられてしまうのは昆虫だけではないようですね(笑)

No title

まん丸さん Good Morning!

花音痴の私は、初めてこの花の実態を知りました。
相変わらず発見することの多いブログで感心しきりです。
神秘的な花の美で、はなしもドラマチックに大いに盛り上がったところで、
食べてしまったというオチ、タダでは、済まさない別の才能を感じます。
「何やねん!」ズッこけてしまいました。

"Queen of the Night" 夜遊び上手なまん丸さんにこそふさわしい称号かも!

おー美しい!

ちょっとご無沙汰しました、ヘビメタじじいでございます。

いやー名前は知ってたし、写真でみたことはあるけど、こういう風に紹介して下さると、月下美人、印象に残りますね。

しかし…後ろ姿の写真!…すごい~!
私も一時写真に凝り、今でもたまに花とか風景を撮りますが…このショットには脱帽!ひれ伏しております。

クミさんて、その道のたしなみがおありですか?

そんで、食っちまった…と言うのも…女性の本性の暗部を垣間見たような気がします。
(女は食い気ってのではなく…最近、小池真理子って小説家の本をよく読んでいて…ホラー・ミステリー系なんですが…どうも女性ってのは、奥深くに蠢いている無意識の部分が、ホラーそのものだ…と…食っちまうって発想が…)

珍しく【しらふ】の、ヘビメタじじいでした。

Re: No title

Good Evening, J worksさん。

って言っても、「丑三つ時」に近くなっています。(あんたは何時代の人間や?)笑

今回の話題は、大好きなピアニストの美しい曲がタイミング良くこういうカタチで
紹介できたことに喜びを感じています。数週間前まで、まさかこのブログでこの花の事
を取り上げるなんて考えもしていませんでした。

話題は思いがけないところから飛び込んでくるものですね。
なのでこうして珍しい花を皆さんとシェアーできてとても嬉しいですよ。

最期にまん丸らしいオチに落ち着きましたが(笑)
いやいや、夜遊びだなんて、夜更かしが好きなだけのばあ様です(^^;

Re: おー美しい!

ヘビメタじじいさん、今晩は。

まったく名前だけは有名な月下美人ですが、不可解な植物ですね。
夜中に咲くので、知らない間に咲いていたというケースがよくあるそうですよ。
しかしM氏の細かいご指導のもと開花する日がすぐに分かりました。
来年もまた楽しみが増えました。

後ろ姿は本当に綺麗でしたよ、それで結構素敵に撮れたなぁと思ったが、
写真をよくみますとバックに電気スタンドの枝というかポールが写っていてあちゃ~
失敗したぁ~と後でわかりました、気がつくのが遅いです(泣)。
バックに何もないものはピンボケだったのです、残念。

> そんで、食っちまった…と言うのも…女性の本性の暗部を垣間見たような気がします。

なるほど、人間には色々な面があるわけですが全てには裏と表があってこの場合は
私の中に潜んでいる獣の部分が出てきたのか。いいえ、ただの好奇心であったように
思います。まん丸の場合、食い気という・・・

美しくも・・・

こんばんは、まん丸さん。
なんと綺麗な「お花のブログ」と読み進んで、ちゃんとジーンさんのジャズ、で喰っちゃったってぇのがさすがです。v-8

Re: 美しくも・・・

しんじさん、今日は。

あははっ、食べちゃったと言うオチはやはり強烈すぎましたね(^^;

一応ジャズ・ブログなので話題はどこかでジャズに繋がっていればと。
しかしかなり無理なケースもあるんですが、まあ今回はオーケーですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/60-c8be647f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Neil Swainson & Richard Whiteman Live 10/2/2010 «  | BLOG TOP |  » Andrew Scott

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (62)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。