kennyG830.jpg

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Motion Blue in Yokohama #6 - 2011.04.25 Mon

Motion Blue 11/1/2010
motionblue500.jpg
( photo by manmarukumi )

今日は、中途で「ほったらかし」でノビノビになっているジャズ巡礼のお話を気分転換に掲載する事にしました。今回は横浜でお世話になったジャズ仲間さんと過ごした楽しい素敵な時間を記録しておきたいと思います。気ままに書き綴っているので場所や日にちは前後したりしていますが、全ての出会いと時間が私に取ってはプレシャス・モーメントなのであります。

     *           *           *          *

赤レンガ造りの古い倉庫を改造した素敵な建物の中にあるジャズ・レストランとでも言うのでしょうか。横浜の海がよく見渡せる ”Motion Blue” にジャズ仲間のドラさん( ドラさんのジャズ・コーナー ) にお招きにあずかりました。
せっかく日本に来たのだから日本のジャズ・シーンも体験してもらいたいという事で、その日は奥様ご同伴でまん丸親子をモーション・ブルーのお食事とジャズ・ライヴにお誘いして下さったのでした。しかもホテルまでお出迎え下さって大変お世話になりました。ライブの前に港の夜景も見せていただいて横浜のナイト・シーンを満喫。

赤レンガ倉庫は一階に沢山のユニークな店舗が入っており、ショッピングも楽しめるという具合です。せっかくのお誘いだったのですが子丸は少し熱ぽく疲れてダウン、ショッピング大好きの子丸には大変に残念でした。せっかくだからまん丸だけでも楽しんでくればと言うので一人で行く事に合いなりました。子どもじゃなく大きな大人なんですから一人にしておいても大丈夫ですね。

モーション・ブルーは想像していたよりも大きな空間でなかなかいい感じ。ジャズ・ファンだけでなく横浜を訪れる中国系の観光客や地方から観光に来ておられるだろう団体なども見受けられました。若いファンの熱気も感じられてなんだか素敵なライヴになりそうな予感、しかも今夜は満席のようですよ。

さて今夜の出し物は ”Masahiro Fujioka Quartet” です。ドラさんが以前から良いなぁと思われているミュージシャンだそうです。アルト・サックスそしてドラマーがなかなかイカシテるんだよと言うことで室内が暗くなりわくわく度も増してきましたよ。さあいよいよライヴの始まりです。

fujioka280.jpg
Masahiro Fujioka Quartet

藤陸 雅裕 Saxophone 
福田 重男 Piano 
高瀬 裕 Bass
安藤 正則 Drums

musiclist500.jpg
”Mindscape” という彼らの新譜を記念に購入しました。シンプルで素敵なジャケットですね。マイスペースはここから。

まずはオリジナル・ソングで Escape To Paradise です。柔らかくてスムーズなアルト・サックスの音色でまずは観客もリラックス・ムードですね。スムーズ・ジャズ系はあまり聴かないまん丸ですが、このサックスのスムーズさに確かな手ごたえ、このミュージシャンはきっと何でもありだ。そして彼がソプラノ・サックスを吹き始めたとたんに、なんとなんとこのスイング感、このドライヴ感、熱さ急上昇、アルト・サックスの時とはえらい違ったキャラ(ハードなメイン・ストリーム・ジャズの意気込み)がそこに潜んでいました。いやぁドラさんこの方いいですね!(ドラさん、相槌) まん丸は藤陸さんのソプラノ・サックスの乗りがかなり気に入りました。

しかもアレンジが面白いではありませんか Marvin Gaye の ”What's Going On” とか Lennon Mccartney の ”Norwegian Wood” とか取り上げているのですね。それにこのドラム、なんて切れ味の良い小粋な感じ。まだお若い感じなのですが、その繊細かつ雄大さをも感じさせるテクニックがまん丸の耳を釘付けにしました。Quartet のピアノもベースも相性が良く実に楽しいライヴでした。今夜のライヴは日本での思い出をリッチなブルーに彩ってくれました。いつかドラさん御夫妻がトロントに来られた時には何処のライヴ・ハウスにお誘いすればよいのやら・・・

yokohama1-500.jpg
ドラさん、奥様、素敵な横浜の夜を本当に有難うございました。日本のジャズ・シーンをまん丸はとても楽しみました。


横浜ではもうお二人の方に大変にお世話になりました。そのお一人が A.tomy さん( ゆめかまことか )です。私がネットでジャズ仲間さんと交流を始めた一番最初の人物になる方です。お付き合いはもう10年以上経ってしまいました。20代の若者だった A.tomy 青年もしっかり成人されました(^^)。私は彼のご両親の年代にも近いでしょうから普通ではこういう出会いは決してないでしょう。二人の共通キーワードは Chet Baker と Paul Desmond でした、年齢に関係なくジャズという共通点で結ばれている事は真に楽しく嬉しいことです。

そしてジャズという狭いフィールドの中でネットという特殊な世界の不思議と縁を感じます。まさかネットでコミュニケーションを取っている人々と(距離的に)本当に会えるとは数年前まで夢にも思いませんでした。オフ会に参加できると言う事自体とても無理と思っていましたから。

去年の初めに一大決心を固めてから私の人生はとてもユニークな方向に進んでいるように感じます。そして自分の人生を変えてゆくのは自分の行動次第なんだとつくづく感じています。「願わば叶う」 ジャズ巡礼を決行して本当に良かった、そしてそれを可能にして下さった多くのジャズ仲間さん達に感謝です。この旅の記録をちゃんと残しておきたいと思いこのカテゴリーを追加したのですがなかなかアップ出来ずにいます。他トピックの間に急にこのかなり個人的なカテゴリーが入ってきたりして調子が狂いますが我慢して下さいな。

chinatown235.jpg chinatown250-1.jpg
( Chinatown with A.tomy )

さて横浜でのスケジュールもかなり強行軍で、A.tomy 君とはお互いに風邪をひいていた為に急きょランチ・デート・オンリーという事になりました。それまで綿密なスケジュールを計画し、下見までして下さった A.tomy 君でしたが本当に残念な事でした。しかしそんな状態でも中華街の是非見物してもらいたいという建築物や中華街のメイン・ストリートを案内して下さったお蔭で横浜中華街を満喫しました。

「両手に花」の A.tomy 君でしたが、一本は新鮮で綺麗な花でしたが、もう一本はかなり枯れかけで申し訳ないでした(笑)。そしてとても美味しい中華料理もご馳走になりました、好みの激しい子丸がとても美味しかったと喜んでいましたよ。

この10年の時を経てやっと実物にお会いできて本当に嬉しいでした。もう少し時間にゆとりがあればまとまった内容のお話しが楽しめたのにと後悔ばかりでした。A.tomy さんのHPをご覧になるとお分かりになりますが、初めて頂いたクリスマス・カードの文字を見返すと胸が熱くなります、去年頂いた10枚目のカードの文字は同じ人物からとは思えないほど、綺麗な文字で私は自分の文字の下手さに恥ずかしくなるほど上達されました。一言に10年といっても、それは凄い年月なんだと改めて感じた次第です。

A.tomy 君、体調が悪かったにも関らずまん丸と子丸の為に時間を割いてくださって本当に有難うございました。その後親子は港やその周辺を歩き周りました。まん丸は「伊勢佐木町ブルース」や横浜黄昏がどんな雰囲気なのかその場に立ってようやく歌の真髄が掴めたのでした。赤い靴の少女にも逢ってきました。本当の少女の実話と歌とはかなり違いますが港街ならではの異国情緒豊かな物語だと思いました、横浜の黄昏時の夜景はとても素敵でした。



yokohamawindow400.jpg
ホテルの窓から 「横浜、黄昏、ホテルの小部屋) やっと歌の雰囲気が掴めたまん丸でした。

● COMMENT ●

横浜

こんにちは。

喜んでもらえて良かったです。
子丸さんが来られなかったのは残念でした。

藤陵雅裕・カルテットはアレンジが聴きどころ。
Marvin Gaye の ”What's Going On”も面白かったですね。
藤陵さんはソプラン・サックスのトップ・プレイヤーでアルト・サックスも達者。
福田重男さんも多様なスタイルに順応できる名手の一人。
安藤正則さんは現在注目のドラマーです。
多彩で切れのいいドラミングは女性にも人気があります。
ベースの高瀬裕さんは20キロのダイエットに成功したらしいです。
そんなに急に落として大丈夫なんだろうか。

もしもカナダに行くようなことがあったらよろしくです。(笑)

Re: 横浜

ドラさん、こんにちは。

赤レンガのショッピング・エアリアは若い女性、いやどんな年齢の女性にも
喜ばれるでしょうね。話を聴いて子丸は非常に残念がっていましたよ。

聴かせて頂いたQuartetは本当にグッド・チョイスでした。
過激スケジュールの中にライヴが入って、一瞬のゆとりの時間でした。

ミュージシャンの方々も長年演奏しておられるという雰囲気で落ち着き
のある気負いのないプレーを聴かせてくれて和みました。

日本のジャズ・シーンを初体験!
思い出深い一夜です、本当に有難うございました。

> ベースの高瀬裕さんは20キロのダイエットに成功したらしいです。
> そんなに急に落として大丈夫なんだろうか。

それは凄いですね、半年で20キロってかなりですが、リバウンド
しなければよいですが、急激な減少は危険な感じも漂いますね。
私はドクターに5キロ痩せなさいと言われました(泣)

> もしもカナダに行くようなことがあったらよろしくです。(笑)

はい、ライヴの予定地を考えておきま~す(^^)

No title

クミさん、日本にいる私より色々な所行ってるわ。
赤レンガのショッピングエリアって行ってみたいなあ~。

ライブにも行けてよかったね。

Re: No title

Miyukiさん、今日は。

関西の一部しか知らなかったので、今回の旅では本当に色々な発見をしました。
日本には素晴らしく素敵な場所が思いがけない所に沢山残っていました。

赤レンガの中では半日でもブラブラ出来そうな位です、子丸が見たらもう
興奮してそこから動かなくなるかも・・そのくらい物が豊富でした。

しかし、ショッピング、お食事、ライヴと上手くデザインしてありますね。
私はライヴだけでも十分に満足しました。

日本がまた元気になって再訪日できる事を祈っています。

5☆

おはようございます。

その節はお世話になりました&ありがとうございました。桜木町のファイヴスターズレコードにも行ってみたかったのですが。。「もう少し~」の部分は後に取って置きましょう!

>二人の共通キーワードは Chet Baker と Paul Desmond

それがジム・ホールのCTI盤「アランフェス」を舞台に合流したのですよね!(^^)

Re: 5☆

A.tomy君、今晩は。

横浜にあんなに沢山ジャズ・バーがあるとは驚きでした、せっかく頂いたジャズ・マップ
でしたが使えきれずにいました。また横浜を再訪するまでに勉強しておきますね。
次回はドラお兄様と合流して、どこかのライヴに行きましょう。

> それがジム・ホールのCTI盤「アランフェス」を舞台に合流したのですよね!(^^)

Jim Hall の "Concierto" だったのか、最高に素敵な盤ですもんね!盛り上がるはずだ。

Paul Desmond, Chet Baker, Ron Carter, Steve Gadd, Roland Hanna これ以上何を望むかって感じの顔ぶれでもう何も言う事なしですね。今度はゆっくりとお話しいたしましょう(^^)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nono54.blog88.fc2.com/tb.php/79-917dcf29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Monty Alexander Trio 3/4/2011 «  | BLOG TOP |  » Roy Hargrove and Special Guests 4/2/2011

プロフィール

まん丸クミ

Author:まん丸クミ
カナダのジャズ情報を
独断と偏見でおおくりします。

↑ のイメージは本人ではなく
まん丸クミの描いた点画です。

*掲載した写真(タイトルを含め)、記事の私的保存などは構いませんが、改変や転載等はご遠慮くださいね。

リンクはご自由にどうぞ、また過去記事へのコメントも大歓迎です。

カテゴリ

Introduction (ようこそ!) (1)
Introduction ( English ) (1)
未分類 (21)
Live (64)
Piano (5)
Bass (2)
Sax (2)
Trumpet (0)
Trombone (1)
Guitar (1)
Drums (0)
Vibraphone (1)
Vocal (3)
Favorite Tune (6)
Chet's Room (5)
Fred's Room (3)
K's Library (2)
K's Kitchen (6)
Buzzworthy CDs (8)
My Favorite Things (1)
Just Dropping By (掲示板、お知らせもどき) (23)
Journey to The Land of Wonders (ジャズ巡礼日本) (9)
珈琲処 まん丸クミ(ジャズ以外のお話) (4)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。